Loading

刀剣ブログ

大和五派・大和伝を代表する諸派

大和五派

大和五派(やまとごは)

大和伝を代表する五つの流派の総称

大和五派とは、五ヶ伝の一つ大和伝を代表する五つの流派の総称で、千手院派、当麻派、手掻派、尻懸派、保昌派の五派のことを指します。何れの流派も在銘物が少ないのが特色で、殊に鎌倉期の大和物の在銘物は希少です。

千手院派(せんじゅいんは)

大和五派で最古の歴史を持つ千手院派は、奈良若草山の西山麓に位置する千手谷に居住したと伝えられています。千手谷とは、同地に千手観音を本尊とする千手堂が所在した為に付いた俗称です。千手堂は、東大寺の起源である金鐘寺(こんしゅじ)にあった堂の一つで、羂索堂(現在の法華堂)と共に八世紀頃から古書に記録がみられます。古地図をみますと千手堂はかつて二月堂の近くにありましたが、江戸期の火災の後に移築されて、現在は東大寺境内の戒壇堂隣に位置しています。院と堂の違いですが、この院は塔頭としての院と思われ、月日が経つにつれて千手院という名称がなくなり、千手堂という建物のみが残ったと推測されます。
また、千手院派は在銘物の少ない大和物の中でも殊に在銘物が少なく、それが研究の妨げになっています。古書によると、千手院の「院」に特色があり、そこから代別が可能とありますが、その遺例が極端に少なく、それも容易ではありません。大和奈良の地は、中央から近いために古来戦乱が多く、その度に多くの建物や文書、宝物が焼失或いは略奪されています。勿論、刀剣も例外ではなく、また実用品という側面もある事から、在銘作が必然的に少なくなったと思われます。同派の在銘作は、鎌倉初期から南北朝期にかけてみられ、その中でも国宝に指定されている千手院長吉の大太刀が斯界では著名です。

国宝 大太刀 銘 貞治五年丙午 千手院長吉

国宝 大太刀 銘 貞治五年丙午 千手院長吉

太刀 銘 大和国住人(以下不明)

太刀 銘 大和国住人(以下不明)

太刀 銘 千手院康重

太刀 銘 千手院康重

当麻派(たいまは)

当麻派は、大和国北葛城郡当麻(現奈良県葛城市當麻)で鍛刀したと伝わる一派で、鎌倉期の正応頃に活躍した国行を祖とし、鎌倉後期から南北朝期にかけて繁栄しました。国行の子といわれる友清や、国行の門人であり、永仁六年の年紀作が現存する有俊など、他にも数名の刀工が銘鑑ではみられますが、「元亀元年刀剣目利書」を始めとする古書で「当麻派の刀工は銘を切る事は稀である」と書かれているように、現存する有銘作は前述の千手院派同様に極めて少なく、作刀の多くは無銘極めのものです。
同派の代表工は、同派の祖である国行で、同工の代表作としては備後福山藩主阿部家旧蔵で国宝に指定されている太刀が挙げられます。また同派の作は享保名物帳に五口採り上げられていますが、現存しているものは「上部当麻(桑山当麻とも呼ばれる)」と「上部当麻(城和泉当麻とも呼ばれる)」の二口のみです。

国宝 太刀 銘 国行

国宝 太刀 銘 国行

小太刀 銘 国行

小太刀 銘 国行

上部当麻

短刀 無銘 当麻 (名物 上部当麻)(桑山当麻とも呼ばれる)

上部当麻

短刀 金粉銘 当麻 本阿(花押) (名物 上部当麻)(城和泉当麻とも呼ばれる)

尻懸派(しっかけは)

尻懸派は、所謂大和五派の一派で、一派の居住地は、大和国山辺郡岸田村字尻懸辺(現奈良県奈良市雑司町垣内)と伝わっています。同派の代表工としては、則長の名が広く知られていて、銘鑑上では一派の祖と伝わる則弘や則成、則国などがみられますが、何れの刀工にも在銘はほとんど見られず、則長のみ在銘物がみられ、また鎌倉期から室町期にかけて代の継承がみられます。

重文 太刀 銘 大和則長

重文 太刀 銘 大和則長

重文 太刀 銘 大和則長作

重文 太刀 銘 大和則長作

薙刀直し脇指 銘 大和尻懸住則長

薙刀直し脇指 銘 大和尻懸住則長

手掻派(てがいは)

手掻派は、包永を祖とする刀工群で、代々包の字を通字としています。同派は、元々東大寺西大門の輾害門近くに住んでいた事からこの名が付いたと言われていて、場所柄東大寺より御用を受けていたのではないかと推測されています。同派は、所謂大和五派の中でも最も名工が多く、長きにわたり名跡が続いていて、その末裔には新刀期の南紀重国なども名を連ねています。
手掻派の代表工は、同派の祖である包永で、同工は大和伝を代表する名工の一人でもあります。包永は、鎌倉末期の正応頃の刀工で、代表作としては名物児手柏(関東大震災で焼身となり、現在は水戸の徳川ミュージアムが所蔵)があります。また、包永の作は、国の指定品に大和物で最多である十六口が指定されていて、内訳は国宝一口、重要文化財六口、重要美術品九口です。

国宝 太刀 銘 包永

国宝 太刀 銘 包永

重文 太刀 銘 包永

重文 太刀 銘 包永

太刀 銘 包清

太刀 銘 包清

保昌派(ほうしょうは)

保昌派は、鎌倉末期から南北朝期にかけて栄えた流派で、大和国高市郡に在住した一派です。一派の代表工としては、保昌五郎貞吉や貞宗らが知られていて、他にも貞清、貞興、貞光などに在銘が見られます。
しかし、比較的在銘の少ない大和物の中でも保昌派は殊に在銘が少なく、短刀の在銘物は数口見られますが、現存する正真確実な太刀の在銘作は極めて少なく、南紀徳川家に伝来した重要文化財の貞継や重要美術品認定の貞吉の太刀、特別重要刀剣指定の貞興の太刀など片手で数えられるほどです。同派の短刀の代表作としては、貞吉作の国宝に指定されている享保名物「桑山保昌五郎」や重要文化財指定の名物「大保昌」、貞宗作の重要美術品認定の短刀などが挙げられます。
同派の代表的な作風としては、所謂大和五派の中でも最も顕著に柾目鍛えがあらわれることと、茎には檜垣鑢をかけるといった特色がありますが、一方で同派の諸工には刀工毎の際立った個性が少なく、無銘の保昌極めの物で個名極めは稀です。
また、新刀期の仙台国包は、保昌派の末流を自称しており、同派の代表的な特色である柾目鍛えを得意としています。

国宝 短刀 銘 高市郡住金吾藤貞吉・元亨二二年甲子十月十八日(名物 桑山保昌)

国宝 短刀 銘 高市郡住金吾藤貞吉・元亨二二年甲子十月十八日(名物 桑山保昌五郎)

大保昌

重文 短刀 銘 南都高市郡住藤原貞吉 文保元年丁巳年二月吉日(号 大保昌)

重文 太刀 銘 貞継

重文 太刀 銘 貞継

太刀 銘 藤原貞興

太刀 銘 藤原貞興

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
大和五派の刀高価買取いたします
日本刀買取なら鋼月堂へ

粟田口派・綺羅星の様な名工集団

小脇差と寸延短刀

関連記事

  1. 一文字派・刀剣史上最も華やかな作風をもつ流派

    2018.03.08
  2. 古京物・山城伝の源流

    2018.03.10
  3. 来派・山城伝を代表する工房の一つ

    2018.02.15
  4. 千子村正・千子派・徳川家に祟る刀

    2018.02.13
  5. 延寿派・南朝方についた刀工集団

    2018.03.17
  6. 信国派・山城伝と相州伝を受け継ぐ流派

    2018.04.17
PAGE TOP