Loading

刀剣ブログ

山姥切国広・堀川国広の最高傑作

山姥切国広

山姥切国広(やまんばぎりくにひろ)

  • 指定:重要文化財
  • 銘 九州日向住國廣作 天正十八年庚寅弐月吉日 平顕長(号 山姥切国広)
  • 所蔵:個人蔵
  • 種別:
  • 流派:堀川派

山姥切国広

山姥切国広

刀 銘 九州日向住國廣作 天正十八年庚寅弐月吉日 平顕長(号 山姥切国広)出典:刀剣春秋

山姥切国広押形

山姥切国広押形

 

押形 出典:新刀名作集、寒山押形新刀事典

長義の傑作「山姥切」の写し

本作は、名物「山姥切国広」です。山姥切の号は、元々本作の本歌である長船長義作の「名物 山姥切」の号で、「名物 山姥切(長義作)」の写しなので「山姥切国広」と称されています。本作は、堀川国広が足利城主長尾顕長の求めに応じて前述の「名物 山姥切(長義作)」の写しとして作刀したものです。北条方に属していた長尾顕長は、小田原落城後は所領を没収された後に本刀も手放し、その後数人の手を経た後に井伊家へと納められました。本刀は、大正12年の関東大震災の折に焼失したと思われていましたが、昭和35年に実は震災前に井伊家の旧臣に下賜されていた事が明らかとなり、井伊家の旧臣の家から愛刀家高橋経美氏に譲渡され、高橋氏から「堀川國廣とその弟子」の出版者で国広のコレクターとしても知られる愛刀家伊勢寅彦氏へと譲渡されました。昭和37年に重要文化財指定、現在も個人所蔵です。刀剣乱舞では、初期刀の一振として人気がありますね。この様な名刀が初めから手に入るのは、いくらゲームとはいえ素直に羨ましいです。

堀川国広の最高傑作

この刀は、姿は鎬造、庵棟、身幅広く、先幅張り、重ね薄く、鎬低く、鎬幅狭く、鋒は大鋒となり、先反り強くつき、表裏に棒樋を掻き通している。鍛えは、板目に杢目交じり、総体に流れごころの肌が交じって肌立つなど同工独特のザングリとした肌となり、地沸よくつき、地景入る。刃文は、湾れ調に箱がかった互の目が交じって大乱れとなり、足・葉頻りに入り、匂深く、沸よくつき、金筋・砂流しかかり、飛焼入る。帽子は、乱れ込んで飛焼かかり、先掃きかけて返る。茎は生ぶ、鑢目筋違、先栗尻となり、表に細鏨で「九州日向住國廣作」の刀工銘を長銘で切り、裏には「天正十八年庚寅弐月吉日」の年紀と「平顕長」の所持銘を切っている。この時期の国広の作は末関風のものが多いが、本作は長義の写しである為に相伝備前風の作風となっています。地刃の出来、健全さともに優れ、国広の初期作に留まらず同作中の最高傑作とも称される国広の代表作です。

堀川国広についてはこちらをご覧ください

山姥切国広の展示情報

足利市立美術館「今、超克のとき。山姥切国広 いざ、足利。」にて2017年3月4日(土)〜4月2日展示されました。また1997年に東京国立博物館で開催された特別展、「日本のかたな」で山姥切長義と一緒に展示されました。山姥切国広の次回の展示は未定ですが、堀川国広の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

画像(出典:昭和大名刀図譜

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

物吉貞宗・家康秘蔵の短刀

山姥切長義・国広に多大な影響を与えた名刀

関連記事

  1. 大包平・日本刀の横綱

    2018.01.12
  2. 本庄正宗・徳川家で最も価値のある刀

    2017.08.30
  3. 会津新藤五・短刀の横綱

    2018.02.15
  4. 日光助真・天下人家康の愛刀

    2018.09.22
  5. 鶯丸・室町以来の名物

    2018.01.17
  6. 山鳥毛一文字・天下第一とも称される華やかな名刀

    2018.05.09
PAGE TOP