Loading

刀剣ブログ

山姥切長義・国広に多大な影響を与えた名刀

山姥切長義

名物 山姥切

  • 指定:重要文化財
  • 銘 本作長義 天正十八年庚寅五月三日九州日向住國廣銘打 (名物 山姥切)
    天正十四年七月廿一日小田原参府之時従屋形様被下置也
    長尾新五郎平朝臣顕長所持
  • 所蔵:徳川美術館
  • 種別:
  • 流派:長船派

山姥切長義

山姥切長義
本作長義(山姥切長義)

本作長義天正十八年庚寅五月三日二九州日向住国広銘打

長尾新五郎平朝臣顕長所持 天正十四年七月廿一日小田原参府之時従屋形様被下置也

写しと共に著名な刀

本刀は、「山姥切」という号が付けられた長義極めの作です。「山姥切」という号の由来については不明ですが、本刀に「山姥切」という号が付いていたため、その写しである堀川国広の作に「山姥切国広」という号が付けられたと考えられています。本刀は、天正十四年に北条氏政から長尾顕長に贈られ、同十八年に銘文が切られました。その後、長尾顕長の手を離れた本刀は、いずれかの人の手を経た後、延宝九年に尾張徳川家二代藩主徳川光友によって買い上げられ、以後同家に伝来しました。昭和に入ってからは徳川黎明会の所有となり、昭和14年に重要美術品認定、昭和24年に重要文化財指定、現在も徳川黎明会が運営する徳川美術館の所蔵です。本作は従来国広が磨上げたものと考えられていましたが、「堀川國廣とその一門」の記載によれば「国広磨上」ではなく「国広銘打(通常、刀工が磨上げた場合は「磨上之」もしくは「上之」と切ります)」と銘を切る事、加えて茎を精査する限り茎の錆の方が銘字の錆よりも古い(もし国広が磨上げていれば同時期の錆となる)ことなどから、本作は元々磨上げていた長義の刀に国広が切付銘を施したものではないかと推察しています。
古来より優れた作品には写しが多くみられますが、本作のように写しと本歌が両方とも著名かつ両者にとって代表作である例は少なく、しかも両作共に国に指定されている例はおそらくこの一例のみです。

長船長義の代表作の一口

この刀は、長船長義極めの作で、姿は鎬造、庵棟、身幅広く、磨り上げながら反り高く、鋒大鋒となり、表裏に棒樋を掻き通している。鍛えは、小板目に杢目交じり、処々肌立ちごころとなり、地沸よくつく。刃文は、大乱れに小乱れ交じり、足入り、小沸よくつく。帽子は表裏共に乱れ込み、先尖りごころに返る。茎は大磨上、鑢目切、先切となり、前述の通り表裏に国広の手により切付銘が長銘で施されている。本刀は、豪壮な体配、優れた地刃の働きなどからみても長義極めを代表する作であるのに加え、新刀の横綱と称される堀川国広に多大な影響を与えた名刀です。

山姥切長義の展示情報

山姥切長義(徳川美術館では「本作長義」と呼称される)は2016年に徳川美術館「徳川美術館の名刀」展で後藤藤四郎、鯰尾藤四郎、物吉貞宗とともに展示、次回の展示は未定ですが、長船長義の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

長船長義についてはこちらをご覧ください

画像(出典:昭和大名刀図譜

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

山姥切国広・堀川国広の最高傑作

長船長義・兼光と共に南北朝期の備前の代表工

関連記事

  1. 歌仙兼定・優雅な号と残虐な逸話をもつ刀

    2018.02.11
  2. 岡田切吉房・同作中最も華やかな作風を示した作

    2018.09.28
  3. 不動行光・主君に殉じた忠臣の愛刀

    2018.01.11
  4. 今剣・義経の愛刀

    2018.02.10
  5. 大倶利伽羅広光・相州広光の代表作の一つ

    2017.12.27
  6. 岩融・弁慶の薙刀

    2018.02.10
PAGE TOP