Loading

刀剣ブログ

分部志津・南竜公の愛刀

分部志津

分部志津(わけべしづ)

  • 指定:重要文化財
  • 無銘 志津(名物 分部志津)
  • 所蔵:個人蔵
  • 種別:
  • 流派:美濃

分部志津

重文 刀 無銘 志津(名物 分部志津)出典:昭和大名刀図譜

分部志津

分部志津

分部志津押形

分部志津押形 出典:刀剣美術名刀鑑賞編合本16

分部志津押形

分部志津

分部志津 黒漆塗打刀拵

黒漆塗打刀拵

黒漆塗打刀拵(家康の拵と頼

黒漆打刀拵(左:家康の拵、右:頼宜の拵)
家康の方のは古後藤作の赤銅魚子地牛文の小柄と笄がつき、頼宣の方にはつきません。なお頼宣の方には替柄が一本ついており、目貫は家康のは赤銅の牛、頼宣のは赤銅の大獅子、替柄は金の竜です。

家康から拝領・南竜公の愛刀

本刀は、無銘志津極めの代表的な一振で、享保名物帳所載の名物「分部志津」です。享保名物帳に「由緒不知。分部殿御家より出る由也。慶安三究め。」また駿府御分物刀剣元帳には「志津 分部」として、分部家から献上された記載があり、分部家の姓分部から「分部志津」と呼ばれました。元は分部光嘉(伊勢国上野藩初代藩主で分部家初代当主)が所持し、その後、徳川家康に献上され、家康が指料とし、後に子息の徳川頼宣(紀州徳川家の祖で和歌山藩主、南龍公と呼ばれる)に伝えたもので、家康の所用と伝わる黒蠟色鞘打刀拵と頼宣の所用と伝わる潤塗鞘打刀拵(家康拝領の拵を指すのを恐れ多いとして、同様の拵を頼宜が作らせたと伝わっています。)の二口の黒漆打刀拵が共に伝わっています。紀州徳川家旧蔵で、戦後同家を出て、昭和一七年に旧国宝に指定、今は重要文化財に指定され、個人蔵です。

無銘志津極めの名作

姿は鎬造り、庵棟、大磨上げの刀ながら、中ほどが高く反り、身幅広く、中鋒伸びる。鍛えは小板目よくつみ、柾目交じり、地沸細かにつき、地景入る。刃文はのたれ、互の目交じり、島刃などを交え大きく乱れ、上半は皆焼ごころとなり、匂い口しまりごころに沸よくつく。帽子は浅くのたれて、先わずかに掃きかけて返る。彫り物は表裏に棒樋を|掻き流す。茎は大磨上げ、先刃上り栗尻、鑢目筋違い、目釘孔一つ。志津は正宗十哲の一人として時代的にも、その作風の上からも積極的に肯定し得る一人で、本刀も、まさにそれと認め得られるものです。無銘志津極めの代表的な一振で、志津三郎兼氏の作中これ程華やかなものは稀れなもので変化に富んで覇気があり、後世の美濃刀の刃文の全てを集約した感があります。

分部志津の刀剣展示

分部志津は2018年10月13日~12月24日まで刀剣博物館の企画展「諸国漫遊-多彩なるお国拵と日本刀五ヶ伝を巡る旅-」にて太鼓鐘貞宗、武蔵正宗、池田来国俊などと共に展示されました。次回の展示は未定ですが、機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

分部志津押形(出典:図説刀剣名物帳

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

塩留めの太刀・武田から上杉に贈られた太刀

富山の神社・仏閣所蔵の刀剣・奉納刀

関連記事

  1. 厚藤四郎・吉光の作では唯一の鎧通し

    2019.09.01
  2. 桑山保昌五郎・保昌派を代表する名短刀

    2019.08.08
  3. 乱光包・徳川将軍家伝来の短刀

    2019.11.02
  4. 観世正宗・観世左近所持に因む

    2019.09.26
  5. 抜丸・大蛇も慄く平家重代の太刀

    2019.09.14
  6. 本庄正宗・徳川家で最も価値のある刀

    2017.08.30
PAGE TOP