Loading

刀剣ブログ

鶴丸国永・謎に彩られた五条国永の代表作

鶴丸国永五条国永代表作

鶴丸国永(つるまるくになが)

  • 指定:御物
  • 銘:国永(号 鶴丸)
  • 所蔵:宮内庁
  • 種別:太刀
  • 流派:五条派

御物 太刀 銘 国永(名物鶴丸国永)

鶴丸国永

太刀 銘:国永(名物:鶴丸国永)(出典:昭和大名刀図譜

鶴丸国永押形

鶴丸国永押形

鶴丸

出典:光山押形

これほどの名刀でありながら詳細な伝来は不明

本太刀は、享保名物帳所載の名物鶴丸国永です。鶴丸の号の由来については、かつて本太刀に付随していた太刀拵の金具が鶴丸紋であったためと伝わっています。享保名物帳の記載によれば、本太刀は北条家に伝わった太刀で、後に織田信長が所有し、三枝勘兵衛に下賜されました。その後、本阿弥公的が所持し(この前に伏見の藤森神社にあったともいわれています)、貞享頃に本阿弥家から伊達家に譲渡されました。伊達家では大切に所蔵されていましたが、明治34年の明治天皇行幸の折に、伊達宗基侯爵より明治天皇に献上され、現在は御物です。ただ、これほどの名刀でありながら、本太刀の伝来経路には謎が多く、室町期はどこにあったのか、どのようにして信長が手に入れたのか、何故さほど功績があったとも思えない三枝勘兵衛に下賜したのか等、不明な点が多く、織田家の公的文書にも下賜されたやり取りは書かれておりません。したがって確実なのは、本阿弥家の紹介で伊達家に納められたという事実のみになります。但し、全ての名刀に確実な伝来がついているわけではないので(小龍景光のような例もあります)いちいち疑問に思っていてはきりがないのかもしれませんが、本太刀は現存する国永の作として、また古京物の作としても屈指の健全性と出来を備えておりますので、当然古い時代では三日月宗近大般若長光などと同様に殊の外大切にされたと思われますので、その伝来が不明なのは腑に落ちません。個人的には、いずれかの神社(勿論藤森神社である可能性もありますが、鶴丸紋を神紋とする神社の可能性もあります)に納められていた本太刀を誰かが引き出し、その子孫から手に入れた商人辺りが様々な伝来を付けて納め、その話が今に伝わっているというあたりが真相ではないかと思っています。

五条国永の代表作

五条国永(ごじょうくになが)は、五条兼永の弟或いは子と伝わり、代表作としては名物鶴丸国永が知られています。他の古京物と同様に国永の現存する在銘作は極めて少なく、片手で数えるほどしかありません。
古京物の刀工といえば、三条宗近、同吉家、五条兼永、同国永などが挙げられますが、いずれも現存する在銘作は極めて少なく、古い時代より宝刀として珍重されてきました。五条派は、山城国で三条派に続いて登場し、銘鑑や古伝書によれば兼永、国永、兼次、兼安などの刀工が知られていますが、現在確認されている正真確実な作刀は兼永とその弟或いは子と伝わる国永のみです。
この太刀は、鎬造、庵棟、腰反り高く、踏張りがあり、小鋒となるなど、平安期特有の優美な体配を呈している。鍛えは、小板目肌よく詰み、地沸つき、地景細かく入る。刃文は、小乱れ調に、小丁子交じり、足・葉よく入り、匂口深く、小沸よくつき、物打ち付近に金筋、太刀表に腰刃を焼いている。帽子は、僅かに乱れ込み、先尖りごころの小丸となり、掃きかけて金筋かかる。茎は生ぶで、形状は雉子股風となり、先栗尻、鑢目は浅い勝手下がり、佩表に「国永」の二字を切っている。前述の通り、本太刀は地刃の出来、生ぶの姿、健全性において比肩するもののない五条国永の代表作であり、同時に平安期の京物を代表する名刀の一口です。

鶴丸国永の展示情報

鶴丸国永は皇室御物のため、宮内庁にて保管、一般公開は難しいですが、2009年の天皇御在位20周年記念の国立博物館の特別展で展示、また1997年の特別展「日本のかたな・鉄のわざと武のこころ」で特別展示されたので機会はあるでしょうね。
鶴丸の写し(藤安将平刀匠)が、2018年1月20日(土)~ 約一年間、京都の藤森神社 宝物殿で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

太刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
太刀買取なら鋼月堂へ

加州清光・沖田総司の愛刀

北海道・東北地方の刀剣展示会

関連記事

  1. 大般若長光・異例の代付で知られる太刀

    2017.08.04
  2. 太郎太刀・豪傑真柄十郎左衛門の愛刀

    2018.03.03
  3. 会津新藤五・短刀の横綱

    2018.02.15
  4. 太鼓鐘貞宗・伊達家伝来の短刀

    2017.09.17
  5. 大典太光世・前田家重宝の霊刀

    2017.06.03
  6. 亀甲貞宗・将軍の世子へ渡した刀

    2017.09.17
PAGE TOP