Loading

刀剣ブログ

日本刀の造り込み

日本刀の造り込み

日本刀の姿

日本刀の造り込みとは、刀身の造形もしくは形態のことです。基本的には、鎬造りと平造りの二種に大別されますが、中には特殊な造り込みもありますので、下記で主な造り込みをいくつか紹介していきます。

日本刀の造り込み

左:平造・先冠落とし、中:鵜の首造、右:鎬造(本造)

日本刀の造り込み

左:おそらく造、中:小烏丸造、右:片切刃造

鎬造(しのぎつくり)

最もオーソドックスな造り込みです、別名「本造(ほんづくり)」とも呼ばれます。日本刀といえばこの形を思い浮かべるくらい基本的な造り込みで、太刀・刀・脇差に多く見られます。

菖蒲造り(しょうぶづくり)

横手のない鎬造を「菖蒲造り(しょうぶつくり)」と呼びます。形状が菖蒲の葉のように見えるところから、そう呼ばれています。

小烏丸造(こがらすまるづくり)

鋒が両刃になった造り込みで、太刀と短刀の両方でみられます。本歌の小烏丸に因んで付けられました。

片切刃造(かたきりはづくり)

片面だけが切刃に造り込んでいるものをいい、もう反面が平造、もしくは鎬造りとなります。前者は直刀か短刀、後者は太刀で作例があります。時代的には平安以前、鎌倉末期から南北朝期、及び写しが作られた新々刀期、現代刀などにみられます。

平造(ひらづくり)

鎬のない作品で短刀に多く見られます。脇差もありますが、刀に用いられることは少ないです。

冠落とし造(かんむりおとしづくり)

上半分の鎬が高く、棟よりが薄くなっている造り込みです。短刀以外でみることはほとんどありません。

鵜の首造(うのくびづくり)

上半分の鎬が高く、棟よりが薄くなっている造り込みです。冠落としに似ていますが、鵜の首造の場合は鋒近くになると鎬が厚くなります。
棟側から見ると鵜の首のように見えることから鵜の首造と呼ばれています。

おそらく造(おそらくづくり)

帽子が刀身の中ほどまである造り込みです。島田助宗が作った馬手差しに「おそらく」という文字彫があったことからおそらく造と呼ばれるようになりました。本歌以外では、新々刀期に清麿が製作したものが有名です。

以上が主な造り込みの種類になります。覚えておくと日本刀を鑑賞するときに、また違った楽しみ方ができるかと思います。ぜひ意識して鑑賞してみてください。
刀剣買取の鋼月堂では剣・太刀・刀・脇指・短刀・槍・薙刀などあるゆる刀剣類を高価買取中です。日本刀の売却をお考えでしたらお気軽にご相談下さいませ。

日本刀の買取なら鋼月堂へ
日本刀高価買取いたします

今剣・義経の愛刀

五虎退吉光・虎をも退けた名短刀

関連記事

  1. 五畿七道

    2018.06.30
  2. 重要美術品について

    2017.11.25
  3. 日本刀の号とは

    2017.09.30
  4. 日本刀名称・刀剣各部名称

    2017.06.27
  5. 刀剣古典書物

    2018.02.27
  6. 太刀と刀の違い

    2018.03.19
PAGE TOP