Loading

刀装・小道具ブログ

柄の種類

柄について

柄について

柄とは、刀の中心を差し込んだ、手に握るのに都合のいいようにしたものをいいます。柄の本体を柄木地、柄の上端を柄頭、下端、つまり鐔に接するほうを柄縁または柄口、柄頭と柄縁との中間を柄間といいます。柄間には目釘を通す孔を穿ちます。柄頭には甲金または頭、柄縁には縁金という金具をつけます。柄間には鮫皮をきせ、両側に目貫をあて、その上を柄糸で巻くのが普通です。しかし、長い年月にわたり多種多様な変化が生じました。

直刀の柄

柄木地だけのものが多くありますが、入念なものは糸巻・革巻・金線巻となり、上級品は金銀の薄葉や金銅製の板金で包んであります。柄頭の装飾には環頭式・円頭式・圭頭式・方頭式・頭椎式などの形式があります。奈良朝期になると、高級品では紫檀・赤檀などのほか、赤木・黒柿・木根・牟久木などが柄木地に使われ、鮫肌着せが登場しています。そのほか、金線巻・銀線巻・樺皮巻などもありました。

太刀の柄

飾太刀や蒔絵太刀などの儀仗刀は、柄に鮫肌をきせ、俵鋲で抑えたほか、目貫をつけます。甲金には猿手をつけ、それに腕貫き緒をつけました。武用の太刀は、鮫皮をきせたうえを組糸で巻いた、いわゆる糸巻太刀となります。なお、鮫皮の代わりに革をきせ、漆を塗ったり組糸の代わりに革・琴糸・銀線などで巻いたりしたものがあります。しかし、毛抜き形の太刀だけは武用ですが柄を巻きません。

打ち刀の柄

脇差も同じ形式で鮫皮をきせ、その上を糸や革で巻きます。金具として縁・頭・目貫の三種をつけます。江戸期になると裃差しという公式の拵えができましたが、各藩それぞれ特有の拵えが育ちました。肥後拵えはその代表的なものです。

反り柄(そりつか)

反りのある柄のことをいいます。反りは中央より柄頭にかけて強いため両手では握れません。片手打ちの刀に適用されます。起源は古く中国王朝の漢にあり、朝鮮の遺跡の発掘刀にもみられます。それが日本に伝わり、毛抜形の太刀となりました。朝鮮でながく踏襲されていたのを、豊臣秀吉の朝鮮出兵で見て帰り、それを構造したものを高麗柄とよびました。
寛永ころ、越前福井藩や雲州松江藩で盛んに造られました。両藩とも越前宰相秀康の系統であるため越前反り柄とよびました。反り柄は騎馬戦用に考案されたもので柄が反っていると手綱が引っかかってもすぐ滑って取れます。さらに騎馬戦では片手打ちのため、反っていても支障はありませんでした。

輪鼓柄(りゅうごづか)

両端が大きく、中央が少し小さくなった形の柄のことをいいます。輪鼓はもともと玩具の名前です。家紋の輪鼓は玩具に似ていますが、柄の輪鼓はそれを長く引き延ばした格好で、むしろ枡形とも称すべきものです。
柄の両端から中央に向かい、次第に細くしていくのに刃方も棟方も一様に細くなるのを両輪鼓といいます。刃方は真っ直ぐで棟方だけ細くなるのを片輪鼓といいます。
輪鼓柄は戦国時代の打ち刀によくみられますが、はじめは柄の長い長輪鼓柄でした。江戸期では寛文・延宝と流行し、享保ころまでは短い輪鼓柄でしたが、寛政ころは廃れていました。しかし、その後復活し、安政ころまで流行しました。

出し鮫柄(だしざめづか)

鮫皮を柄下地に巻いただけの柄糸で巻かない柄のことをいいます。鮫皮の素地のままのものや黒漆を塗ったものもあります。短刀の拵えに多くみられます。

漆柄(うるしづか)

汚れや損傷を防ぐ目的で、柄糸を漆で塗り固めて堅牢な構造とした柄のことをいいます。戦国時代に多く使われ、江戸時代になると黒・茶・鼠色などの色漆をかけるようになりました。さらにそれで文様を表した斑柄、手が滑らないように表面をざらざらにした石柄、シワをよらせたシワ柄、栗粒のような凹凸を出した栗地柄など、多くの漆柄が考案されました。

柄巻き

柄を糸・革などで巻くことをいいます。柄巻きは巻く材料によって糸巻き・革巻き・変わり巻きなどに分類されました。
柄巻きには各藩により特色があり、柄を見ただけでどの藩士の差料と判別できるほどでした。

糸巻き(いとまき)

糸巻きが最もオーソドックスです。水に濡れても硬くなることがなく、血がついても滑りにくく多様な色調があります。しかし、糸のため破損しやすく、巻き換えをする必要がありました。

革巻き(かわまき)

革巻きは堅牢で耐久性があります。戦国期には推奨されていましたが、水に濡れると硬化し、血がつくと滑りやすく巻きにくいため、江戸期になるとほとんど使われなくなりました。

変わり巻き(かわりまき)

糸や革以外のもので巻きます。籐や鯨のひげ、琴糸、馬の尻尾、紙のこよりなどがあります。琴糸で巻いたものは飛騨国分寺の小烏丸がそうでした。

片手巻き(かたてまき)

柄巻きの原始型であり、柄糸をぐるぐる巻くだけの巻き方です。糸を詰めて密着させたものと、まばらに巻いたものとあります。

平巻き(ひらまき)

ひらたい糸をX状に重ねて巻く巻き方です。古い太刀柄の巻き方はこれであるため、太刀巻きともいいます。これは手が滑りやすいという欠点がありますが、重なった部分の磨り減りが少ないため、長持ちする利点があります。

摘み巻き(つまみまき)

X状に重なった部分の糸を編み上げる、つまり両縁を下のほうへ曲げる巻き方です。この方法だと糸の重なった部分が高くなるので、手の滑るのを防ぐことができます。外見も上品であるため、打ち刀によく使われます。

捻り巻き(ひねりまき)

柄糸をX状に重なる部分で二本とも一捻りしてから巻く巻き方です。X状に重なった部分がもっとも高くなるため、手の滑りはよく防げますが、あまり高過ぎて握り心地が悪く、そこが磨り減りやすいことが欠点です。

片捻り巻き(かたひねりまき)

下の糸を捻り巻き、上の糸を摘み巻きにする巻き方です。これは握り具合もよく、滑り止めにも磨り減り防止にもよいので推奨するものが多いです。

蛇腹巻き(じゃばらまき)

より合わせた細糸上の柄糸を組み合わせ、蛇の背模様のような複雑な文様が現れるように巻き締めた巻き方をいいます。

掛け巻き(かけまき)

頭の柄の先端に装着する際、鵐目の穴に糸を通すのではなく、頭の上に柄糸をかけて抑えるように固着する巻き方をいいます。

拵買取の買取なら鋼月堂へ
お電話でのお問合せ
0120-920-855(平日10:00~18:00)

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

刀装(拵)買取が初めての方へ

 

後藤顕乗 三所物をお買取いたしました

鞘の種類と装飾

関連記事

  1. 打刀拵の種類

    2018.11.09
  2. 刀装具の役目・鍔、目貫、小柄、笄、縁頭など

    2017.08.13
  3. 鞘の種類と装飾

    2018.10.27
  4. 鐔の名称

    2018.07.30
  5. 刀装について

    2018.07.23
  6. 鐔・小道具について

    2018.07.23
PAGE TOP