Loading

刀装・小道具ブログ

鐔の名称

鐔の各部名称

鐔名称

茎孔・中心孔(なかごあな)

(茎櫃ともいう)刀の茎を通す孔である。拵にかける場合は茎の幅の大小によって薬孔の大小がきまり、常にぴしっと合わねばがたついて駄目でなので小さい時には鑪で削り、大きい場合は責金(せきがね)を入れて調節する

責金(せきがね)

茎孔のみでなく、小柄櫃・笄櫃にもつけることがある。これは主として鐵鐔などの場合にじかに金や赤銅等の小柄・笄等を掛けると、裏に疵のつくことがあるので、それを防ぐ為につけるものである。

櫃孔(ひつあな)

小柄櫃と笄櫃とがある。この両方あるものを両櫃と言い、小柄櫃だけの場合は片櫃と云う。中には櫃孔のないものもある。小柄櫃は小柄を通す孔であり、半月形のものが普通であり、笄櫃は 笄を通す孔で洲濱形(すはまがた)が普通である。拵の都合や好みで、この孔を他の金属で埋めることがあり、これを櫃穴埋と云う。櫃孔の有無、 大小、形状等によって時代や系統を鑑定する一助となるものである。

切羽台(せっぱだい)

切羽をかける台である。但し特に肉をもり上げて切羽台を造ったものと、そうでないものとがある。その形や手法によって時代や系統を鑑別することが出来る。特に肉を盛り上げない場合も図柄や模様などのある場合は、その部分だけは避けているのが普通でる。作者の銘や年期はこの部分に刻まれる。

鐔の縁の外輪を耳という。その仕立の具合や種類によって時代や系統を区別することができる。

鐔名称

鍔の買取ならお任せください
鐔(鍔)高価買取いたします

刀装について

彫金技法について

関連記事

  1. 鐔の種類

    2019.02.25
  2. 太刀拵の種類

    2018.10.28
  3. 刀装具の役目・鍔、目貫、小柄、笄、縁頭など

    2017.08.13
  4. 刀装具の名称

    2017.06.27
  5. 打刀拵の種類

    2018.11.09
  6. 刀装小道具の歴史 鐔篇

    2018.03.29
PAGE TOP