Loading

刀装・小道具ブログ

鐔・小道具について

鐔・小道具について

も小道具も刀装の部分品であり、鐔は籠手を護るためと刀剣全体の重量のバランスをとるためのものであり、小道具は拵えの要所要所に用いる金具です。しかし、装飾品的目的も多くあります。
環頭大刀、頭椎大刀などにつけられている、いわゆる倒卵形の鐔、唐大刀につけられている小さな異形の唐鐔、兵庫鎖太刀につけられている太刀鐔、黒漆太刀にみる皮鐔など、それぞれに時代と目的とを物語っています。今日、一般に観賞用として用いられている鐔や小道具は打刀の流行を見るようになってからのものが多く、そのほとんどが桃山・江戸時代のものです。
すなわち、刀装の部分品であると同時に今日では、世界の人々に独立した鑑賞品として称賛されていることも事実です。

狩猟図鐔

狩猟図鐔 銘 宗眠(花押) 横谷宗珉

雨下猛虎図鐔

雨下猛虎図鐔 銘 利寿(花押) 奈良利寿

李白観瀑図鐔

李白観瀑図鐔 銘 安親 土屋安親

鐔には甲冑師作、刀匠作などと呼ばれるそれぞれの職方の手になるもの、また信家金家林又七正阿弥など、いわゆる鐔専門工の手になるもののほかに、金工にかかる作もあります。
小道具類は、室町将軍家、織田・豊臣さらには徳川将軍家の抱え工として活躍した後藤家の作が、いわゆる「家彫」と称されており、最も正式な刀装金具として使用されました。しかし、これら後藤家の作はいずれも格式張ったものであり、ほとんど一定の形式を踏襲したために、雅趣や変化に乏しく、やがて江戸中期になって「町彫」が台頭しました。横谷宗珉はその祖であり、別に奈良派の利寿安親らがあり、自由な立場に立って写実に文様に縦横の技をふるいました。後藤一乗は江戸後期における後藤家棹尾の名工であり、その一門にも多くの名人を輩出しています。しかし、一乗は後藤家にとっては異端児であり、後藤家では使用しなかった鉄地なども多く使用しています。ですが、その陰で「凸凹山人」などの別名を使用するなど、完全に伝統を脱しきるだけの勇気がなかったのは、封建社会においては当然だったかもしれません。

鍔買取の買取なら鋼月堂へ
鐔買取ならお任せ下さい

お電話でのお問合せ
06-6575-7400(平日10:00~18:00)

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

鐔・刀剣小道具買取が初めての方へ

刀装具オークションの出品をお考えなら

刀装について

関連記事

  1. 刀装具の役目・鍔、目貫、小柄、笄、縁頭など

    2017.08.13
  2. 鐔形の種類・肉取

    2019.02.25
  3. 鐔の種類

    2019.02.25
  4. 太刀拵の種類

    2018.10.28
  5. 鞘の種類と装飾

    2018.10.27
  6. 刀装具の名称

    2017.06.27
PAGE TOP