Loading

透かし彫り・尾張透し鍔

透かし彫り

彫金の一技法としての透かし彫りは、古墳時代の冠や馬具にもみられ、下って、奈良・飛鳥時代の仏像の光背、あるいは幡などにも施されています。この技法は、刀剣装具の発達によって盛んに用いられ、平安・鎌倉時代の飾剣や兵庫鎖太刀の金具にも多く見られます。室町時代にはいり、打刀拵えに付属する鍔は鉄地に透かし彫りが施され、装飾性が加えられました。透かし彫りには地透かしと文様透かしがあり、前者は文様を残して素地を切り取るというやり方であり、後者は文様を切り取って素地をのこすというやり方です。鍔の中で最も多く施されている技法は地透かしでありますが、これは、技法的にも大きな進歩を示したものであり、その素朴な彫刻は、鉄の味わいにもよく調和しています。透かし鐔を代表する工人には、地名を冠して尾張透かし・京透かしをはじめ、赤坂・古荻などがあります。

尾張透鍔

室町時代から江戸初期にわたって栄え、独特の鉄地と意匠・彫法などによく特色があらわされています。形は多く丸形で耳が厚く、中央へ薄く作られ、鉄の鍛えが無類で所々に露出した鉄骨には力感があふれ、しかも雅味があります。四花文透かし鐔は、大振りで堂々として量感があり、透かしの線が力強く、所々にあらわれた鉄骨が力強いです。こぼれ松葉透かし鐔・蟹透かし鐔・弓矢透かし鐔・小札透かし鐔・水月透かし鐔・八つ橋透かし鐔などは、鉄味のよさに加えて、透かしのおもしろさを十分にあらわしています。

尾張鐔

尾張鐔 唐草の図

山吉鍔と法安鍔

尾張の鐔工で、作風にも共通したものがあります。形は堂々とし、鉄肌はよく練れて隆起した鉄骨が所々にあらわれて力強さをさそいます。山吉・法安ともに有銘作があり、個々の作者の作風が知られます。
山吉の代表作には雁・鎌透かし鐔や車透かし鐔があり、ともに素朴な透かしを施しています。当時流行した打刀拵えにかけるといっそう引き立って見える鐔です。
法安作の車透かし鐔は、たくまない梯形の透かし彫りがあり、地肌は漆黒の色合いを持ち、あたかも名石を見るようで、鍛えられた鉄の美しさを最高にあらわしており、また、野性味のあふれた作品です。

金山鍔

金山鐔は尾張の金山の地で製作したグループを呼んでいますが、広い意味での尾張透かし鐔です。形は比較的こじんまりとしており、耳の線が太めで丸味を帯びるなどの点にこの工人の特色がうかがえます。茶壺透かし鐔は金山鐔の代表作で、たくまない中にも雅味が感じられ、しかも壺がぴったりとおさまっています。

柳生鍔

柳生鐔の名は、柳生連也の指料であった大小拵えに付けられてあった鐔であったので、この呼び名がおこったと伝わっています。これは連也の好みの鐔です。彼は柳生の分家で尾張藩に仕え、新陰流の武芸者としてその名があり、風流の士としても聞こえています。柳生鐔は広い意味での尾張鐔です。剣豪好みにふさわしく剛健で、渋い味わいをもっています。三星三角・水月珊瑚・水車・竹など兵法の道をあらわしたものがあり、中でも竹透かし鐔は柳生鐔の代表と目されています。

古萩鍔

古萩と呼ばれるグループも透かし鐔の工人としては逸することはできません。この一群は、江戸中期に長州の萩を中心として非常な繁栄をみたいわゆる長州鐔の諸工とは年代的にも作風の上からも関連がありません。古萩は天文年間、京から山口の大内氏に招かれて移住したと伝えていますが、明らかではありません。現存する古萩と呼称される鐔をみると、京透かし鐔とはわずかに共通性を見出せるが、はたしてその流れ一つにするものであるかどうかはわかりません。現存する古萩の鐔のうち、枝菊透かし鐔は、古萩の代表作というよりは、透かし鐔全体を通じての名作です。やや大振り、薄手の撫角形で耳はやや太く、鉄味が黒漆状を呈し、彫法にも特色があります。

透かし鍔買取ならお任せください
透かし鐔の買取なら

お電話でのお問合せ
06-6575-7400(平日10:00~18:00)

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

PAGE TOP