Loading

奈良三作 奈良利寿・杉浦乗意・土屋安親

奈良三作

横谷宗珉とほとんど時代を同じくして奈良派の勃興がありました。奈良派の祖は利輝で、三代の利治門に辰政・寿永が、辰政門に土屋安親が、寿永門には奈良乗意が出ました。利寿・安親・乗意の三工を奈良三作と呼んで珍重しました。彼らの作品は、それぞれいちじるしい特色が見られ、斬新な図柄や、独特の彫法に新味があって江戸時代の金工の中でも高く評価されています。

奈良利寿

利寿は、安親とほぼ同年代の金工です。通称を奈良太兵衛といい、利治門の逸材です。刀装具の中の縁頭の製作に長じています。素材は真鍮が最も多く、赤銅・四分一・鉄などもあり、この工独自の彫法ともいえる薄肉彫りを主とし、鋤出彫りにも妙味を見せています。形は総じて腰の低い一文字で、やや細長く、よくしまった肉置です。縁頭という刀装具の中でも小品の部に属するが、よくこの小世界に新風を吹き込んだものとして賞されます。鐔の作例はきわめて少ないが、重ねの厚い堂々としたもので、すべて鉄地を用い精密かつ雄健なたがね法を駆使した高肉彫りに特色があります。
代表作には、大森彦七図鐔・牟礼高松図鐔があります。前者は、角形のきわめて厚い鉄地に、表裏に大森彦七が鬼女を背負う図をあらわしたもので、彦七の顔と足は赤銅、着物は鉄地高彫りで金象嵌を施し、鬼女の顔と手足は四分一、髪は赤銅にするなど、象嵌技術の粋をあつめたものです。牟礼高松図鐔や、猛虎図鐔も彼のすぐれた象嵌技術を見せています。縁頭の作は、おもに札差などの豪商が好んで帯用した脇指拵えにつけられたものと思われます。

杉浦乗意

乗意は、利寿・安親より後輩で約三十年若いです。通称を太七、初名は永春・一堂と号しました。信州松本に生まれ、江戸に出て奈良三代利治門の寿水に学びました。肉合彫りという彫法をあみ出して一世を風靡しました。この技法は、従来において全く見られなかった新しいもので、平らな下地の上に文様のまわりを一段彫り下げ、文様自体を薄肉風に浮彫りしたもので、文様が素地より高くしないという特殊なものです。 高肉彫りは、多くの工人が行なった最も一般的な彫法であるが、彼の場合は、きわめて薄い肉合で十分に高低をあらわそうと試みたものと思われます。彼の彫法が余人のなしうるところでないことをしるしています。作品は小柄が主であり、道釈・列仙などの人物を刻しています。小柄の裏にも趣があり、猫掻きやすりで仕立てていることもこの工の特色です。後世、奈良彫りの代表として多くの工人が彼の作風をおそい、ことに、浜野一派をはじめ、水戸金工・大森・岩本一派、京金工の各派にも強い影響を与えました。

土屋安親

安親は奈良三作のうちでは最も多くの作品を残し、鐔をはじめとする刀装具を製作しました。横谷宗珉と同じ年であり、寛文十年(一六七〇)に出羽国庄内に生まれました。通称を弥五八といい、同郷の正阿弥珍久に師事して技を修め、元禄十六年(一七〇三)に江戸へ移りました。彼は、江戸に出てから奈良辰政門にはいったが、その後の消息は確かでないです。ただ奥州田村郡守山の城主であった松平大学頭頼貞の抱え工として二十人扶持を給せられ、江戸屋敷に一時住したことが知られ、のちには神田お玉ヶ池、および神田明神の境内にも居住したと伝えます。延享元年(一七四四)九月二十七日死去しました。
山水人物図鐔は、江戸へ移っての初期作と思われ、彼が庄内時代に学んだ正阿弥の作風と、当時、江戸において隆盛をきわめた奈良派の作風をこの一作にあらわしたものといえます。その他、同じころの作に寿老図鐔や西行図鐔などのような、赤銅を素材とした高彫り色絵、象嵌などや、四分一・真鍮地に片切彫りを試みるなど、彼の製作意欲は尽きるところを知りませんでした。
松平大学頭頼貞に抱えられていたころの作には、水竜図・散悔図・波濤図・活人剣文字鐔などがあって、それぞれ共通した作風を示しています。頼貞好みの形で、世に大学形と呼ばれ、鉄味がよく堂々としています。
安親が松平家を去ってからは、ますます円熟味を加えました。製作のおもなものは鐔であるが、縁頭や小柄にも製作範囲を広げました。ただし、目貫は少なく、笄が全く見あたらないのが不思議です。形・材質の選択と、図柄の調和は天才的であり、しかも、象嵌・色絵・鋤出彫り・肉合彫り・高彫り・毛彫り・片切彫りなどのあらゆる技法を駆使しました。画題は、絵風と図案風とに大別できるが、前者が多く、自然を描写したものには、浜松千鳥・雨に葦舟・雨に雁・葦雁などがあり、動物を対象としては、竜・虎・獅子・亀・馬・猪・兎・象などがあり、中国の故事からは、豊干禅師・蘇東坡・虎渓三笑、日本の古典では、木賊刈・蟻通宮などがあります。図案風なものには、千網千鳥透かし・桐透かし・鶴丸透かしなどがあります。
千鳥図は彼が最も好んだもので、鉄・赤銅・素銅を素材にしてあらわし、木賊刈図鐔・蟻通宮図鐔も彼の作品の中では多いものです。豊干禅師図鐔は、真鍮地を扱っての傑作であり、無心に眠る豊干禅師の顔がすばらしいです。象図鐔は、彼の写生力の鋭さを見せたもので、丸形、耳を打ち返し、槌目のある鉄味が無類で、鋤出彫りの技法は安親芸術の核心にふれたものといえます。
彼は、晩年、東雨と号し、主として文様鐔に新生面を拓きました。
縁頭や、小柄の製作にもすぐれたものがあります。縁頭は、松平大学頭時代のものは大振りの腰高のものもあるが、奈良派の特色ともいえる腰の低いものも多くあります。当時は、帯刀御免の富裕な町人が帯びる脇指には、腰の低い縁頭が好まれて用いられたようで、舞鶴講という刀商の市会に、利寿や安親の縁が、五十金・百金の高値で売買があったことを伝えています。小柄には、木賊刈・仁王・眠布袋・達磨図などの名作があります。木賊刈図小柄は、木賊を刈る手を休め、月を見上げる農夫の姿が印象的であり、赤銅魚子地に、金・ 銀・赤銅を使い、見事に描き出しています。葦葉達磨図小柄は、小さな場面ではあるが達磨の姿が堂々とあらわされ、構図や肉どりが巧みで、配色にもすぐれたものがあり、安親の偉大さがしのばれます。

奈良三作の小道具買取ならお任せください
奈良三作の鍔買取ります

お電話でのお問合せ
0120-920-855(平日10:00~18:00)

FAXでのお問合せ
050-3488-3279

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

PAGE TOP