Loading

明治の金工 加納夏雄・海野勝珉・正阿弥勝義

明治の金工

幕末から明治にかけて活躍した金工は、多くいますが江戸の加納夏雄、その弟子の香川勝広・塚田秀鏡、水戸出身の海野勝珉、岡山の正阿弥勝義らは、明治の金工界に名をとどめた彫金作家です。明治九年の廃刀令によって多くの装剣金工は、一時的に打撃をうけたのであるが、やがて、新政府の産業振興政策によって、再び活躍の場が与えられ、ことに明治六年、ウイーンで開催された万国博覧会をはじめ、内外の博覧会の開催、輸出の振興などがあったため、装剣金具のための彫金技術を応用して、花瓶・花生・置物・菓子器・香炉・飾り額などを製作しました。

加納夏雄

文政十一年(一八二八)に、京都市馬場御池通りに生まれました。本姓伏見氏、通称を治三郎、天保五年(一八三四)、刀剣商・加納治助の養子となりました。十二歳のころ、金工・奥村庄八について、目貫や魚子について彫金の術を学び、天保十一年(一八四〇)に大月派の金工・池田孝寿の門にはいり、画を円山派の中島来章について学び、 その間、画家になることをすすめられたが、養母に孝養するには彫金の業を選ぶのが近道であるとして、これを断わったというエピソードがあります。
弘化三年(一八四六) 京都で開業し、安政元年(一八五四)十月、二十七歳で江戸に出て神田東紺屋町お玉ヶ池に住み、翌安政二年、佐久間町に移りました。彼の刀装具は、このころから幕末にかけての十余年間で、安政・万延・文久・元治・慶応年紀のある作品が多いです。明治二年、四十二歳のとき、宮内省から御太刀の金具の彫刻を命ぜられ、同年わが国ではじめて金・銀・銅貨の鋳造が行なわれるにあたり七月には造幣局出仕となり、新貨幣の原型製作の任にあたりました。当時、政府は多くの米英人をやとっていたが、夏雄の技量に英人・オートルス氏が驚き、意匠・彫刻は夏雄があたることとなりました。明治十四年六月の第二回内国勧業博覧会に、鯉図額を出品して妙技一等賞を受けます。同二十三年帝室技芸員制度が設けられると、味工の柴田是真、染織の伊達弥助らとともに初の技芸にえらばれ、後進の指導にあたりました。明治三十年に古稀の祝を不忍池畔松源楼において開かれたが、病をおして出席したと伝えます。翌三十一年没しました。前日、正六位勲六等に叙せられ、瑞宝章を受けました。以上が夏雄の略歴です。夏雄の作品で刀装具がきわめて少ないのは、もちろん廃刀令によるもので、明治二年、彼が四十二歳のときに、貨幣の原型を製作するという大きな仕事があったため、おそらく刀装具もそれ以前の作が大部分と思われます。初期のうちは高彫り色絵が多いが、のちには四条円山風の筆意をそのまま片切彫りであらわすという技法を得意としました。

海野勝珉

弘化元年(一八四四)五月、常州水戸下市に生まれました。彫金の術を同国の先輩である萩谷勝平、伯父の海野美盛に学び、後藤・横谷・奈良などの諸派の彫金を修めました。初名基平、後に勝珉と改め、芳洲・藻税軒・貞月庵・旭東・東華斎などの別号があります。加納夏雄につく明治金工界の巨匠です。明治元年江戸に出たが、やがて廃刀令にあい、装剣金具の製作を断念しました。明治二十三年の第三回の内国勧業博覧会に「蘭陵王」を出品し、妙技一等賞を獲得、宮内省の御買上げとなり、名声大いにあがりました。同二十四年八月に美術学校教授、二十九年六月には帝室技芸員にえらばれました。その間に太平楽置物を、また二十七年には、夏雄との合作で銀製の鶺領置物(御物)などの名作を生み、内外の博覧会に出品して賞を数多く受けました。作風は夏雄とは対照的で、夏雄に似て片切彫りにも長じているが、多くの金属を用いたはなやかな彫金に彼の特色が見られます。晩年には神戸の富豪・光村利藻氏の注文によって作したものがわずかに見られるが、それらは、明治三十五年ころから、三十七、八年にかけて製作したもので、もちろん刀装に用いる鐔ではありませんでした。これらは安親や、奈良利寿の模作をはじめ、支那の故事から取材したもので、力強い彫技を駆使して、高彫りに金・銀の色絵や象嵌を施したもので、精巧な作風に特色が見られます。
香川勝広や塚田秀鏡は、ともに夏雄の彫金と柴田是真の絵画の影響を受けた人たちであり、帝室技芸員にえらばれました。

正阿弥勝義

正阿弥勝義は、天保三年(一八三三) 岡山の津山に生まれました。父は松平家の抱金工・中川五左衛門勝継で、彼は三男で、兄に後藤一乗門の中川一匠がいます。嘉永二年(一八四九)十八歳の年、岡山正阿弥家の養子に迎えられ、のち備前藩工として活躍しました。江戸に出て修業することを念願としたが果たせませんでした。しかし幸運にも兄一匠が一乗門であったため直接ではなかったが、一乗の指導を受け、彼に大きな刺激を与える結果となり、技量が大いに進みました。初期作は正阿弥の伝統を受け継いだが、その後、一乗の作風をとり入れることにより作柄は一変しました。刀装具の製作は、いうまでもなく廃刀令以前であるが、それ以後は室内装飾品の製作に彫技を活かしました。
明治十一年(一八七八)四十七歳のとき、京都府美術博覧会に出品受賞し、それ以後においても内外の博覧会に出品し、多くの褒賞を得ました。主として花瓶・香炉・菓子器・香合などの製作を行なったが、朧銀・銀・赤銅を素材として繊細な高彫象嵌に彫技をふるいました。明治四十一年京都において没しました。

明治の金工 加納夏雄・海野勝珉・正阿弥勝義の作買取ります
鍔買取について

お電話でのお問合せ
0120-920-855(平日10:00~18:00)

FAXでのお問合せ
050-3488-3279

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

PAGE TOP