Loading

埋忠明寿・古正阿弥

埋忠明寿

桃山時代にはいると、豪華な桃山芸術の特色が鐔をはじめとする各種の刀装具の上にも顕示されました。明寿はこの時代を代表する工人で、その器量は、よく光悦・宗達らに比肩されるほどです。金工として、また、余技には刀剣の製作も行なった異色の工人であす。埋忠家は、足利将軍家に仕えた金工の名家で、この時代に多く行なわれた刀剣の磨り上げ、象嵌銘の嵌入、そのほか刀装具の製作に従うなど多方面にわたり活躍しました。京都の西陣に住し、刀工としては新刀鍛冶の名工として仰がれ、その製作は、文禄から寛永にわたっています。彫金界でも第一人者として聞こえ、鉄・真鍮・赤銅などを素材として彼が創案した平象嵌に特色が見られます。鉄地の場合、文様は金の布目象嵌で施し、その他の場合は、金・銀・赤銅・素銅などの色金を平象嵌し、文様にはなやかな色彩を添えています。葡萄・胡蝶文鐔は、彼の作品の中では珍しく赤銅を用いています。形は、異風な二つもっこう形で縁をとり、金・銀・素銅などの色金を巧みに扱い、葡萄・胡蝶文様を図案化したもので、繊細にして動的な図柄であり、桃山時代の華麗な趣を、 あますところなく鐔の上にあらわしています。九年母図鐔は、縦長丸形の真鍮地に、九年母を部分的に大きくとりあげ、幹・葉は赤銅、萼(うてな)は金と赤銅、虫食いは金 の平象嵌であらわし、実は小透しにして変化を求めて います。鉄地のものでは、二つ巴透かし鐔・車透かし鐔などがあり、彼の一作風をよく示し、霞雷文鐔は、自由な造り込みで、鉄の鍛えがよく錬れ、動的な感じのするものです。埋忠一派には明寿の流れをくむ明真・重義・光込らが聞こえ、江戸・播州・長州などの各地においても埋忠の流れをくむ金工が栄えました。重義には同名が数人いますが、明寿の弟の明真(重義)と、江戸に移った七左衛門重義が著名です。

古正阿弥

京都の金工界は、後藤家や、埋忠家が繁栄をきわめましたが、正阿弥家もそれらに劣らず大いに勢力を誇ったものと思われます。しかしながら、それについては、多くを知ることが出来ず、ただこの家が、太刀金具師であったことや、鎺の金具などの製作に従事していたことなどが知られるだけです。江戸初期の『毛吹草』の中に正阿弥の金具が京都におけるおもな金属工業の一つであったことをしるしているのを見ても、その繁栄ぶりが知られます。
世上、古正阿弥と呼ばれる鐔があり、鉄地に透かし彫りを加え、更に布目象嵌を加えたものを一般的な作風としています。わらび透かし鐔は大振り丸形の鉄地にわらびを透かし、總体に金の布目象嵌を施したもので、透かしの巧みさに加え、比較的簡素な象嵌をあらわしているところがこの工の特色といえます。

明寿鍔・古正阿弥鍔・平田派の鍔を高価買取いたします
鍔を売りたい方へ

お電話でのお問合せ
06-6575-7400(平日10:00~18:00)

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

PAGE TOP