Loading

肥後金工 林派・平田派・志水派・西垣派

林派(春日派)

林派は春日派とも呼ばれますが、一派が熊本の郊外である春日村に住していたことによります。祖の林又七は、重吉といい、鉄砲工でしたが、のち鐔工に転じました。父の故郷である尾張透かし鐔の影響を受け、さらには京正阿弥の象嵌技術を学んで大成したと伝えています。鉄色が抜群で、ようかん色を呈し、精緻な透かし彫りと布目象嵌に大きい特色があります。透かしの意匠には、熊本藩主・細川家の家紋である九曜や、桜の透かしをはじめとし、遠見松・桐・竹・梅樹などがあり、その他、桜花文・四方わらび手・八つわらび手透かしなどの透かし鐔もあります。
破扇散鐔・九曜紋透かし鐔は、又七の代表作として知られ、破扇散鐔は、丸形の板鐔に、破れ扇という大胆な文様を取り上げています。素地は鍛えがよくしまりのある鉄で、それに破れ扇を金の布目象嵌であらわしています。九曜紋透かし鐔は、又七が最も得意とした透かし彫りに細緻な象嵌技術を示したもので、透かしは細川家の家紋である九曜紋と桜花紋で、二重唐草文様を金の布目象嵌であらわすというはなやかなものであります。
鶴丸透かし鐔は、透かしの技法をここまで高めた又七の造形力を高く評価すべきであり、桐透かし鐔や遠見松透かし鐔は、独創的とも思える構図で地鉄や肉置がよく、ことに、桐透かし鐔は、大振りで、黒漆状の鉄色で、透かしが大胆に施され堂々としています。彼の一作風を見せた名作です。二代の林重光がこれを模していますが、さすがにやや力不足の感はまぬがれません。林派の二代重光や三代藤八も上手ですが、いずれも初代の作風を墨守するだけで新味に乏しかったようです。

平田派

平田派には桃山時代に道仁を祖とする一派がおり、七宝象嵌という特殊な技法をあらわしたことは既に述べましたが、肥後の平田と果たして有縁のものであるかどうかは明らかではありません。祖の彦三は細川三斎が京から連れてきた金工で、別禄百石をうけた武士と伝えています。
一派の作風は、林派とはいちじるしく異なり、素材も多様で、鉄地の他に、山金・素銅・真鍮・赤銅などがあり、板鐔に小透かし、あるいは唐草を彫込み象嵌にしたものや、くさらかしなどもあり、七宝象嵌はきわめて少ないです。また、やすり仕立のものがあり、日足やすりや翁やすりなどの異風なものも見られます。耳にはいわゆる小田原覆輪と呼ばれる縄目風の特殊な覆輪を施したものがあり、それには銀・四分一・赤銅・山金などがあります。彦三の鐔には七宝象嵌のものがわずかにありますが、そのうち、九曜紋象嵌鐔・翁七宝文鐔はともに素銅地を用いており、この手のものとしては最高の出来栄えです。

志水派

初代の仁兵衛は、彦三の甥で、寛永九年(一六三三) 彦三とともに三斎に従い、熊本の近くの八代に住しました。肥後金工の中にあって異色の工であり、野趣に富んだ大胆な据文象嵌に特色があります。総体に形は、下の張った障泥(あふり)形が多く、素地は独特な焼手くさらかしで、その上に猛禽を力強くあらわし、据文はすべて真鍮象嵌です。二代に「八代甚五作」三代に「三代目甚吾作」と銘をきるものがあります。

西垣派

初代勘四郎は、平田彦三門で、細川三斎に仕えて肥後熊本に移り、のち、八代に住しました。作品の多くは、鉄地に肉彫り地透かしを施したもので、他には、真鍮や素銅地もあります。透かしの場合は又七にくらべると繊細であり、技巧味があります。松・菊・桐などを透かしており、三階松透かし鐔や、老松透かしは彼の代表作として知られるもので、鉄味がよく、透かしの線は細かいが、よくまとまっており、勘四郎の持味が見られます。二代勘四郎は初代に劣らぬ名工で、初代と同じ地金を素材としており、ことに真鍮地のものに傑作があります。田毎月(たごとのつき)図鐔は、大胆な構図で象嵌技術も抜群です。真鍮地に、畦に区切られた一つ一つの田面を、赤銅・四分一・銅・朱銅などの色金で埋め、その中に田面に移る月影を細かい金象嵌で見せています。
二代勘四郎の弟に勘平がいます。彼は初代の作風を受け、透かし彫りにすぐれたものがあって、よく西垣の伝統を受け継いでいます。

肥後金工の刀装具・肥後鍔買取なら
肥後金工の鍔を買取

お電話でのお問合せ
06-6575-7400(平日10:00~18:00)

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

PAGE TOP