Loading

刀装・小道具ブログ

刀装具の役目・鍔、目貫、小柄、笄、縁頭など

刀装具の役目

前回、刀装具の名称についてみていきました。刀装具にはそれぞれ役目があり、また刀剣の美しさを引き立てています。では、下記で刀装具の役割についてみていきましょう。

刀装具の役目

鍔(鐔)について

鍔買取」ページにて触れましたが、刀身の根元に付いている輪っか状の金具です。刀を振る際の重心を調節するのが主な役目です。また、汗や雨を帯びると柄が滑りやすくなるため、滑り防止の役割もあります。
小柄、笄を出し入れするための櫃孔が設けられることもありますが、これらが付属しない場合、櫃孔が埋められることもあります。

縁頭について

柄の両端に付いている一組の金具です。柄頭側を「頭」、鞘側を「縁」といいます。
柄の強度を高めることが主な役目です。また、柄頭は柄巻で使用した柄糸の結び目を覆うことで解けるのを防ぎ、不格好な結び目を隠すことで柄の美しさを引き立てます。
刀装具の中でも目立つ位置にあるため、刀を持つ者の意思を示した図柄や家紋が取り入れられました。そのため、縁頭は二つで一作とされ、どちらか片方がなくなると「離れ縁」や「離れ頭」と呼びます。

目貫について

柄から刀身が抜けないように茎の孔に通す目釘を隠すように覆う金具です。本来、目釘を覆う役目ではなく、目貫自体が目釘としての役目を持っていました。その為、室町期以前に製作された目貫には陰陽根(いんようね:元々は目釘の裏側が凸凹になっていたので陰陽根と呼ばれていましたが、後世には角柱形や円柱形、円筒形の形状のものもみられるようになりました)と呼ばれる目釘が付いているものもあります。
しかし、後世では実用性よりも装飾的な意味が強くなったため、目釘とは独立したものになりました。目貫は、柄の表裏に巻く組糸により固定され、両手で握って構えた際、両掌に当たるよう互い違いの位置に装着されます。小柄、笄とあわせ「三所物(みどころもの)」と呼ばれ、刀装具のなかでも格上とされていました。また、柄の真ん中にある金具で目立つ為に「目抜き(目貫)通り」の語源になったと言われています。

小柄、笄について

鞘の表と裏の溝にそれぞれ小柄と笄が装着されており、鞘表に笄、鞘裏に小柄を装着するようになっています。
小柄はペーパーナイフのような小刀の柄に別作りの刀身を差し込んであり、本来は木を削るために用いられます。しかし、緊急時には手裏剣のように投げ打つこともあります。鞘に装着したままだと、錆びて抜けなくなることもあり、また小柄のみを収集の対象とする方もいます。笄は冠などを付ける際に髪を整える道具です。頭部は耳掻きの形に作られます。鬢のほつれを整えたり、髪型を崩さずに頭を掻くのにも使われました(当時は毎日洗髪しなかった為)

刀装具の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀装具買取なら鋼月堂へ

お電話でのお問合せ
0120-920-855(平日10:00~18:00)

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

刀装・刀装具買取が初めての方へ

刀装具の名称

石黒派初代・石黒政常

関連記事

  1. 打刀拵の種類

    2018.11.09
  2. 鞘の種類と装飾

    2018.10.27
  3. 刀装小道具の歴史 鐔篇

    2018.03.29
  4. 刀装について

    2018.07.23
  5. 鐔形の種類・肉取

    2019.02.25
  6. 鐔の種類

    2019.02.25
PAGE TOP