Loading

刀装・小道具ブログ

刀装小道具の歴史 拵・外装篇

刀の外装 拵

拵(外装)の歴史は、古墳時代までさかのぼりますが、現存する当時製作されたものはほぼ出土品です。環頭太刀あるいは高麗剣とも呼ばれるこれらの外装は時代を経るにつれて装飾が多くなります。その後、平安期に入ると現在見られる太刀拵の原型がみられるようになります。毛抜形太刀(別名衛府太刀)や蛭巻太刀などが平安期の太刀の典型的作例で、公家が佩く場合は意匠が優雅に、武家が佩く場合にはやや野趣を帯びた意匠を取り入れています。
軍記物の保元・平治物語や平家物語には、名ある武将が佩くものとして黒漆太刀、兵庫鎖太刀などがあげられていますが、黒漆太刀は当時の戦に用いられた一般的な太刀拵、兵庫鎖太刀とは長い覆輪をかけた所謂長覆輪太刀のことで、太刀緒と太刀本体を結ぶ「足緒」と呼ばれる金具を、革ではなく細く編んだ鎖を何条も平組に組み上げたものを用いたことからこう呼ばれています。

南北朝期から室町初期にかけての太刀拵は、前時代から継承された黒漆太刀、革包太刀、革巻太刀、 蛭巻太刀などですが、平安期や鎌倉期に比べると装飾性に乏しいものが多いです。

応仁・文明の乱後、従来の騎馬を主とした戦闘にも変化が生まれ、騎馬戦から徒歩集団戦へと傾向が変化すると、甲冑も従来の胴丸が硬化されていわゆる当世具足が形成されました。それに伴い、従来腰に佩いていた太刀拵に代わり、具足の締帯に差す打刀の形式が生れました。打刀は刃方を上にして腰に差す故に、帯執足金物がなく鞘の表に栗形と返角が付き、鞘はほとんど塗鞘で、柄は組糸もしくは染韋巻となっています。安土桃山期から江戸期に入ると、打刀拵はその自由度から様々な意匠を取り入れて変化を遂げ、簡素なものから豪勢なものまで多くの拵が生み出されました。

拵の各部名称

 

 

刀装小道具の歴史 鐔篇

刀装具オークションの出品をお考えなら

関連記事

  1. 鐔形の種類・肉取

    2019.02.25
  2. 鐔の種類

    2019.02.25
  3. 刀装について

    2018.07.23
  4. 太刀拵の種類

    2018.10.28
  5. 柄の種類

    2018.10.27
  6. 刀装具の役目・鍔、目貫、小柄、笄、縁頭など

    2017.08.13
PAGE TOP