Loading

刀装・小道具ブログ

刀装小道具の歴史 鐔篇

刀装小道具の歴史 鐔

は、室町期に戦闘様式の変化から太刀から打刀へと変じ、打刀に付属する打刀拵の誕生したことにより、急激に製作が増加しました。ただ、まだこの頃には専門の鐔工はいないため、刀匠や甲冑師の手で作られたものばかりです。専門の鐔工としては、その製作年代を室町末期と伝える金家が、山城国伏見の地に出現するにおよんでからです。彼は、鉄地の鐔をキャンパスとし、大きな自然や禅的な題材を得意としました。作風としては、鋤出高彫の手法を多く用い、僅かな金、銀、素銅、赤銅などの色がねを有効に用いて独自の作風を築き上げました。

金家とほとんど同じ頃、尾張でも信家が活躍しており、その作風には如何にも実用面を強調した中に雅味あるものがあって、金家とはまた別の世界をあらわしています。尾張の地には、信家の他に法安や山吉の一派、金山派などが栄え、いずれも独特の鉄の地がねに透を施した面白さがあるので、愛鐔家に珍重されています。
金家・信家の二工と共に、この時代を代表する金工に埋忠明寿がいます。埋忠家は足利将軍家に仕えた金具や拵の製作などを行う家で、その中でも明壽は刀工としても名高く、堀川国広と共に新刀鍛治の祖と仰がれています。金工としては、上記二工が鉄鐔を得意とするのに対し、真鍮、素銅、赤銅などの素材を用い、それに平象嵌を施すことで鐔の装飾性を高め、斬新な意匠を考案するなど、新機軸の開拓者として大いにその手腕を発揮しました。

これらの鐔工とは別に、京では古正阿弥が出て、透彫と象嵌が特徴的です。 正阿弥家は、桃山、江戸期に埋忠家と並び称せられ、その一門が全国に散在しました。この中でも秋田、庄内、会津、江戸、備前、 伊予、阿波などの各正阿弥が栄えています。また、七宝象嵌を鐔や小道具にとり入れてことで知られる平田道仁もこの時期の京の金工です。

江戸初期には、金工史上燦然と輝く肥後金工が誕生したことは特筆すべきことで、林、平田、西垣、志水の四派が殊に名高く、中でも林派の祖である又七は細川三斎の指導と奨励によって大成しました。肥後象嵌と透の技法に独自の作風をあらわした又七を代表する林派の他にも志水派は大胆な真鍮据文にその特色をみせるなど肥後金工の発達は著しいものがありました。

江戸期に入ると、刀装は一段と優美さが増し、鐔や小道具などの彫金技術は著しく進歩しました。金や銀をふんだんに用い、華麗な高彫色絵や象嵌など、装飾性を高度に発揮したものが次々と生み出されました。江戸中期には、町彫の祖と称される横谷宗珉が出て一世を風靡しました。宗珉は元来、後藤家の下職でしたが、後藤家(家彫)の作風に満足せず、自由を求めて野に下り、絵風の片切彫を創始するなど、その養子の宗与共に名工として名を残しました。横谷一門には多くの逸材が出ましたが、中でも柳川派と大森派が有名です。

ほとんど時代を同じくして奈良派からは奈良三作と称せられる奈良利寿、杉浦乗意、土屋安親の三人の名工が出て、斬新な図柄や 特色のある彫金技術により新生面を拓いた。中でも、江戸期を代表する名金工の一人である土屋安親は、出羽庄内の出身で、佐藤珍久に学び、後に江戸へ出て奈良派に学び、絵風と図案風にその才能を発揮し、鉄、真鍮、素銅、朧銀などを素材として優れた作品を多く生み出しました。

幕末の金工界では、後藤一乗と加納夏雄の両工が名高く、共に自由と斬新さに満ちた新しい境地を開拓しました。彼らは、お互いに写実的な絵風彫刻を競い、殊に夏雄は写生風に独自の境地を開いて多くの傑作を生みました。一乗の門下では、船田一琴や和田一真、荒木東明、今井永武、橋本一至、中川一匠など綺羅星ごとく名工を輩出しました。また、幕末では水戸金工にも名工が何人かいて、一友柳善、萩谷勝平、海野勝眠などが知られています。

しかし、明治九年の廃刀令以後、夏雄や勝珉のような例外を除いた多くの金工は職を失い、他業への転向を余儀なくされました。

刀装小道具の買取なら鋼月堂へ

鐔・目貫・小柄・笄・三所物や拵(太刀拵・打刀拵など)など刀装小道具の買取を行っております。
どんなことでもお気軽にお問合せ下さいませ!

鍔買取について

刀装具の画像査定

お電話でのお問合せ
06-6575-7400(平日10:00~18:00)

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

刀装・刀装具買取が初めての方へ

刀剣小道具・刀装具書籍販売しております

刀装小道具の歴史 拵・外装篇

関連記事

  1. 柄の種類

    2018.10.27
  2. 刀装具の役目・鍔、目貫、小柄、笄、縁頭など

    2017.08.13
  3. 太刀拵の種類

    2018.10.28
  4. 刀装について

    2018.07.23
  5. 鐔の名称

    2018.07.30
  6. 鞘の種類と装飾

    2018.10.27
PAGE TOP