Loading

刀装・小道具ブログ

刀装について

刀装について

刀装は元来、刀身を保護するとともにそれに伴う危険を防ぐためのものであり、ついでは刀剣を帯する人々の身分の証明、威厳の保持のためのものとなり、他に、実用的には、最も効果的に調子よく使用できるための目的から造られています。したがって刀身にも多少の関係はありますが、刀装そのものから区別して儀礼用のものと実戦用のものとに大別することができます。現存する刀装のものは古墳末期の出土品に始まり、環頭大刀、頭推大刀などがそれにあたります。環頭は大陸系統のもので、頭椎は日本独特のものですが、完全なものは極めて稀れであり、部分的な金具などの出土もあります。

金銀鈿荘唐大刀

金銀鈿荘唐大刀 正倉院宝物

金銀荘横刀 第4号

金銀荘横刀(第4号) 正倉院宝物

伝世品の、特に優秀な刀装は奈良時代の文化を誇る正倉院の拵類です。刀身は直刀ですが、太刀、横刀を始めとして、刀子と呼ばれる護身用の小刀の類も現存します。珠玉を飾り、金銀の金具をちりばめた唐大刀、平脱という技法を駆使した象嵌の横刀など極めて美しいものがあります。これは最も高貴な人々の身分であることの証です。そしてこの唐太刀の系統が平安時代以来の飾太刀、桃山・江戸時代の衛府太刀として伝承され、飾太刀には、中身は単なる鉄の延棒製のもの、木身などのものもあり、公家の佩用でした。軍陣の太刀拵は、威武と実用を兼ねることが必要でした。平安の終り頃からその現存品があり、武威を誇示するためには壮厳であり、実用のためには頑丈さとまた一方には軽量が要求されました。

長覆輪兵庫鎖太刀拵はその最たるもので、加何にもいかめしく壮重であるところからまたの名を嗔物造太刀とも呼ばれました。柄と鞘に、長く金属の長い覆輪をかけ、さまざまな模様を彫りつけ、鍍金を施し、その他の金具もそれぞれにいかめしく仕立て、帯執は金属の鎖を使用しているところに特色があります。 これらの制度は、後には禁止されたともいい、現存するものの多くは神社や仏閣に奉納されたものが多く、自然と刀身には名刀の仕込まれているものは少ないです。

三鱗文兵庫鎖太刀(号北条太刀)

三鱗文兵庫鎖太刀(号北条太刀)

北条太刀はその異例の一つで、北条執権家の佩用と伝え、一文字の太刀が入れられています。こうした重量感のあるものとは別に、黒漆太刀と呼ばれるものがあります。これも平安末期のころから室町時代に及ぶものが現存しますが、これは、薄く削られた木鞘に、なめし革を着せ、その上から黒漆を塗り、鐔は皮を幾枚か重ねたものに、同じく黒漆を塗った「ねり皮」を用い、帯執も多くは革です。これは軽くてしかも比較的に丈夫なところから、武将の間に流行したものであり、かつては、山法師の常用であったともいい、鎌倉・南北朝の時代には豪勇の士のシンボルでもあったといいます。刀装が最も個性的な形を深めるに至ったのは、室町中期以後のことです。この時代には太刀が衰えて、打刀の流行を見ますが、打刀は、元来は太刀の差添えとして使用されたものであり、刃の方を上にして腰に指すものです。

江戸時代には長い打刀と短い打刀とのいわゆる「大小」を帯すのが式制となり、これも登城の場合、狩猟の場合、不断などその折、その場合に準じ、厳然たる定めがあり、またその身分の高下に準じても厳しい規制がありました。武家太刀と呼ばれ、慶長太刀と称せられる糸巻太刀拵は、大名などの衣冠着用や鎧着用などの折に使用したもので、金梨子地に家紋を蒔絵にし、赤銅魚子地に家紋を金文高影にして据え、柄と渡巻とを茶あるいは黒の糸で巻いたもので、儀礼と実用とを兼ねたものです。短刀の拵えには、鐔のあるものもありますが、多くは合口拵えが用いられました。鎌倉・南北朝時代のものから現存し、腰に指すことから腰刀とも呼ばれ、下緒を鞘に巻いて指すことから、「鞘巻」とも呼ばれました。室町時代以降の短刀は多く武人・貴人の家居の折に帯用されたものであり、なお脇指には大刀の指添えの他に、一般町人たちの帯用した町人指と呼ばれるものもあります。

鐔・小道具について

鐔の名称

関連記事

  1. 柄の種類

    2018.10.27
  2. 刀装具の役目・鍔、目貫、小柄、笄、縁頭など

    2017.08.13
  3. 刀装小道具の歴史 拵・外装篇

    2018.04.03
  4. 打刀拵の種類

    2018.11.09
  5. 鐔・小道具について

    2018.07.23
  6. 鐔の種類

    2019.02.25
PAGE TOP