Loading

刀装・小道具ブログ

太刀拵の種類

太刀拵について

太刀金具をつけた拵のことを指し、刀の刃を下にし、左の腰に帯取りをもって吊るすようにしたものをいいます。太刀拵には儀仗としての飾太刀や兵仗としての衛府太刀、毛抜形太刀、糸巻太刀など数多くの種類が存在します。事実、国宝指定されている拵の多くは太刀拵であり、絢爛豪華であることがわかります。平安期の朝廷における飾太刀や衛府太刀は、階級によって様々な規定があり、勝手気ままに造ることは許されませんでした。しかし、室町期になるとこの規定は無視されるようになり、幕府においては将軍の佩刀は別として、ほかはあまり厳しく規定されませんでした。江戸期になると各個人の財力に応じて拵が造られるようになりました。今回は様々な種類がある太刀拵を紹介していきます。

錦包糸巻太刀拵(刀身 無銘 小烏丸)

錦包糸巻太刀拵(刀身 太刀 無銘 号 小烏丸

環頭大刀(かんとうたち)

柄頭が環状になった上古刀のことをいいます。正倉院御物にもいくつか現存し、高知県にある小村神社に国宝指定された「金銅荘環頭大刀拵・大刀身」があります。古墳などから出土例があり、龍や鳳凰などの透かし彫りがある環頭大刀もあります。

圭頭大刀(けいとうたち)

柄頭が圭の形をした上古刀のことをいいます。圭とは上が尖り、下が方形になった玉のことをいいますが、実際は将棋の駒の頭に似ています。この形式は日本独特のもので古墳文化の後期に多くみられます。

頭椎大刀(かぶつちのたち)

柄頭が卵形または槌形に膨らんだ上古刀のことをいいます。柄頭は銅板に金メッキしたものが多く、珠や渦の文様のあるものもあります。後期古墳から発掘される場合が主で、特に関東地方から多く出土します。

唐大刀(からだち)

中国の王朝の一つである唐の大刀様式をそのままに日本で拵えた大刀のことをいいます。柄頭の金具は柄全体の長さの約四割を占め、唐草の透かし彫りになっています。正倉院にその遺品が一振り残っています。

金銀鈿荘唐大刀

金銀鈿荘唐大刀

金銀鈿荘唐大刀

飾太刀・飾剣(かざたち・かざりたち)

平安期に行われた儀式において、身分の高い者が佩いた儀仗太刀のことをいいます。儀仗用の太刀のため刃のない鉄の棒か木刀が入れてありました。外装は絢爛豪華で、蒔絵に螺鈿や金銀鈿が入り、金具にはすべて瑠璃や玉をはめ込んでありました。飾剣とも表記されます。

梨地鳳凰螺鈿金装飾剣

梨地鳳凰螺鈿金装飾剣

梨地鳳凰螺鈿金装飾剣

細太刀・細剣(ほそたち)

飾太刀の代用として造られた略式の儀仗太刀のことをいいます。刀身が生鉄か木刀の類で、細かかったため細太刀(細剣とも表記されます)とよばれています。

黒漆丸に沢瀉紋藤唐草漆絵細太刀

黒漆丸に沢瀉紋藤唐草漆絵細太刀

衛府太刀(えふだち)

皇居護衛の役所である「衛府」の役人が帯びる太刀のことをいいます。実戦用の兵仗として用いられ、はじめは地方の郡司の子弟か農民から衛府の役人に選抜されていました。平安期になると貴族の子弟が当たるようになったため、外装だけが意味を持つようになり、儀仗の太刀へと変化していきました。江戸期に入ると儀仗である蒔絵の太刀を指すようになりました。飾太刀の略式のようなものになり、身分の高い大名などが佩いていました。

塩ノ山蒔絵衛府太刀拵

塩ノ山蒔絵衛府太刀拵

毛抜形太刀(けぬきがたたち)

毛抜形は太刀の中心に柄をつけず、柄も刀身と同じく、いわゆる共柄にし、それに毛抜形の透かしを施したものをいいます。これは毛抜形の金具が目釘の代わりになり、柄を糸で巻かないようになります。平安期から鎌倉初期にかけて用いられていましたが、古墳から出土した例もあります。時代が下ると毛抜形目貫を入れたものに変化します。

金地螺鈿毛抜形太刀

金地螺鈿毛抜形太刀 春日大社の甲冑と刀剣

金地螺鈿毛抜形太刀(春日大社)
毛抜形太刀の最高傑作品が奈良春日大社の竹林猫に雀螺鈿蒔絵の金地螺鈿毛抜形太刀です。柄の部分には大きく毛抜形を透し彫りにし、そのまわりに地板を伏せ、柄の外まわりと毛抜形透しのまわりに覆輪をつけ、それを冑金と縁金で留め、その他、鐔、口金物、足金物、 責金、石突などの金具類には鍍金を施し、蝶鳥文を配した宝相華唐草文を彫り上げています。鞘は金沃懸地に、螺鈿で竹林中の雀とこれを追う猫をあらわしていますが、これには毛彫りを施し、また、緑や白の瑠璃あるいは黒漆を嵌装しています。この太刀拵えは豪華で精巧をきわめたもので、螺鈿細工の最高傑作品と言われています。なお、刀身はふかく錆びついて抜けなくなっています。

皺革包毛抜形太刀

皺革包毛抜形太刀

皺革包毛抜形太刀

沃懸地菊紋唐草蒔絵毛抜形太刀

沃懸地菊紋唐草蒔絵毛抜形太刀

籐巻太刀(とうまきだち)

平安時代から鎌倉時代にかけて実戦用に使われた太刀拵えのことをいいます。太刀の柄や鞘を籐を裂いたものでまいたもので、正倉院の太刀や厳島神社の宝刀にも現存しています。

兵庫鎖太刀(ひょうごくさりたち)

鎌倉時代前期から高位の武家に盛行した、太刀の革製帯取りの代わりに兵庫鎖を付けたものをいいます。革製革取りより丈夫であり、軍陣用に考案されました。神社の所用では源頼朝や義経が奉納した兵庫鎖太刀があります。豪華で厳めしいことから厳物造太刀(いかものつくりたち)ともよばれています。代表的な刀剣でいえば群鳥文兵庫鎖太刀「上杉太刀」や三鱗紋兵庫鎖太刀「北条太刀」です。

桜花文兵庫鎖太刀(刀身 銘 備前国友成)

桜花文兵庫鎖太刀(刀身 太刀 銘 備前国友成)

黒造太刀(くろづくりだち)

黒漆で外装を塗った太刀拵のことをいいます。金具は銅または鉄に黒漆をかけたものと素地のままのものがあります。正倉院御物にも二振りあり、特定の武官が佩用することを許されました。室町期になると一定の形式ができました。柄は黒塗り鮫をきせ、柄糸で巻かず、腕貫き緒もつけず、目貫は持ち主の家紋を金焼きするなどになりました。「獅子王」が収められている黒漆太刀拵も黒造太刀の流れをくむとされています。

黒漆糸巻太刀拵(刀身 無銘 号 獅子王)

黒漆糸巻太刀拵(刀身 太刀 無銘 号 獅子王)

革包太刀(かわづつみたち)

柄と鞘全体を革で包んだ太刀拵えのことをいいます。馬や鹿の革が用いられました。黒漆をかけたものが多くあります。代表的なものとしては北条時頼の佩刀、鬼丸国綱につけられた「鬼丸拵」や足利尊氏の佩刀でのちに愛宕神社に奉納された「笹丸拵」が有名です。

革包太刀拵(刀身 太刀 銘 国綱 号 鬼丸)

革包太刀拵(刀身 太刀 銘 国綱 号 鬼丸

黒革包太刀(号-笹丸)

黒革包太刀拵(号 笹丸)

糸巻太刀(いとまきたち)

柄と鞘の前半を糸で巻いた太刀拵えのことをいいます。史料に見え始めたのは足利将軍義政の時代からで、桃山時代以降は主として大名の儀式に用いられました。赤銅地の金具に定紋を入れ、金梨子地塗の鞘にも同じ紋を蒔絵した様式は、刀装の中で最も華美で格調が高い拵えといわれています。武家の権力の象徴としても見られたため、武家太刀(ぶけたち)ともよばれています。

梨地葵紋蒔絵糸巻太刀(刀身 太刀 銘 吉包)

梨地葵紋蒔絵糸巻太刀(刀身 太刀 銘 吉包)

梨地卍紋蒔絵糸巻太刀

梨地卍紋蒔絵糸巻太刀

拵の所持者や故事によりつけられた有名な太刀拵

上記に挙げた太刀拵以外にも有名な太刀拵をいくつかご紹介します。

上杉太刀

上杉太刀

上杉太刀

上杉太刀

国宝 群鳥文兵庫鎖太刀(号 上杉太刀)中身 太刀 銘 一
兵庫鞘太刀拵で中身は一文字、金具、鞘に群鳥文があらわされています。元は三嶋大社に伝来し、現在は東京国立博物館蔵です。

北条太刀

三鱗文兵庫鎖太刀(号北条太刀)

北条太刀中身

重文 鱗紋兵庫鎖太刀(号 北条太刀)中身 太刀 無銘 一文字
兵庫鎖太刀で北条家の家紋である三鱗紋が金具、鞘にあらわされてところからこの名があります。北条時政が三嶋大社に奉納し、現在は東京国立博物館蔵です。

輪宝太刀

輪宝太刀

輪宝太刀 中身 太刀 銘 守次(号 般若の太刀)
革包太刀拵、鐔、金具に密教法具の輪宝文があらわされていることに由来します。中身は備中国青江派の守次の太刀。

狐ヶ崎太刀拵

狐ヶ崎太刀拵

黒漆太刀拵 中身 太刀 銘 為次(号 狐ヶ崎)
正治二年に駿州狐ヶ崎で吉香友兼が梶原景茂を討ちとった際に佩用していたことに由来します。中身は青江為次の太刀。

千代金丸

千代金丸

国宝 金装宝剣拵(号 千代金丸)
琉球国王であった尚家に伝わった金装宝剣拵で応永二十三年に北山王が中山と戦って敗れ自刃する際、城の守護神であった磐石を斬ったといいます。

 

拵とは刀装の形式のことです。太刀拵と打刀拵とあります。鋼月堂では日本刀の拵も査定・買取いたします。

太刀拵買取

太刀拵買取の買取なら鋼月堂へ
お電話でのお問合せ
0120-920-855(平日10:00~18:00)

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

刀装(拵)買取が初めての方へ

鞘の種類と装飾

打刀拵の種類

関連記事

  1. 刀装小道具の歴史 拵・外装篇

    2018.04.03
  2. 柄の種類

    2018.10.27
  3. 刀装について

    2018.07.23
  4. 鞘の種類と装飾

    2018.10.27
  5. 刀装具の役目・鍔、目貫、小柄、笄、縁頭など

    2017.08.13
  6. 鐔の名称

    2018.07.30
PAGE TOP