Loading

刀装・小道具ブログ

鞘の種類と装飾

鞘について

鞘について

鞘とは、刀剣の刃の部分を収める木製の筒のことをいいます。鞘の入口を鯉口といい、打ち刀や腰刀ではそこから表裏にそれぞれ笄櫃と小刀櫃が溝のように彫られています。太刀に櫃はありません。櫃の終わったところに栗形、さらにその下に返り角という突起が付きます。太刀には櫃、栗形、返り角を欠く代わりに、渡り巻きという紐を巻き付け、その上に足金物という環を二つ取り付けます。鞘の末端を小尻といいます。太刀はそこに石突きという金具をつけますが、打ち刀や腰刀ではつけないのが普通です。完成した鞘には様々な種類があります。

塗り鞘(ぬりさや)

漆で塗り固めるオーソドックスな方法です。塗り方には多くの種類が考案され、総称して鞘塗りといいます。その代表は蠟色塗りと朱塗りがあります。

鮫鞘(さめさや)

鮫皮をきせたうえに漆をかけ、研いだものをいいます。鞘木地に直接貼り付けるため、その鮫皮は再利用できなくなります。

蒔絵鞘(まきえさや)

蒔絵を施した鞘で、主に宮中や将軍などの上位の人たちが佩用する太刀に使われました。

板金鞘(ばんきんさや)

薄い板金を表裏につけ、棟方と刃方に覆輪をかけた鞘のことをいいます。

熨斗付け鞘(のしつけさや)

薄い金銀の延べ板で全体を包んである鞘のことをいいます。桃山時代に金、銀の熨斗付け鞘が流行しました。

縫い懸け鞘(ぬいかけさや)

革や錦で縫いくるんだ鞘のことをいいます。鬼丸拵えでは革、御物造りでは錦の切れで鞘を包みます。

巻き鞘(まきさや)

銀のテープ状の薄板・籐・葛などで巻いた鞘のことをいいます。

木鞘(きさや)

鞘木地のままの鞘のことをいいます。唐木で造ってあれば唐木鞘、螺鈿が施してあれば木地螺鈿の太刀、紫檀などであれば檀地螺鈿の太刀といいます。

刻み鞘(きざみさや)

一定の間隔で刻み目を入れた鞘のことをいいます。

筋金鞘(すじがねさや)

薄いテープ状の鉄板を栗形の下から小尻まで入れてある鞘のことをいいます。表面には漆を塗ります。

白鞘(しらさや)

厚朴などで造った鞘木地のままで、漆も金具もかけない鞘のことをいいます。

入れ子鞘(いれこさや)

内鞘・外鞘の二重にし、内鞘つまり入れ子を引き出せるようにした鞘のことをいいます。内部を清掃しやすくするために引き出せるようにしています。

仕掛け鞘(しかけさや)

普通の鞘と違い、何らかの仕掛けが施してある鞘のことをいいます。刀身の代わりに銃砲、鋸、花鉈などを仕込んでいます。他にも密書や酒などを入れるようにしています。

蠟色塗り(ろいろぬり)

黒漆塗りのことをいいます。特に蜜蠟のような透明感と光沢のある場合をこのように表現します。

潤塗り(うるみぬり)

漆塗の一種で斑に見える漆塗のことをいいます。茶潤塗、朱潤塗などがあります。

沃懸地塗(いかけじぬり)

漆塗の一種で装具の表面に微細な金粉を蒔いたり金泥を塗り施し、表面を研ぎだしたものをいいます。

梨子地塗(なしじぬり)

漆塗の一つで金粉や銀粉を透漆で塗り施したものをいいます。金銀紛の緻密な集合が梨の実を切った際の果肉部分にみえることからそういわれています。

青貝微塵塗(あおかいみじんぬり)

青貝を装飾素材とした鞘塗の一種です。微細な青貝を漆で塗りこめたもので、塗模様が虹色の光彩を交えた独特の青緑色になります。

笛巻塗(ふえまきぬり)

鞘などに施される段塗り模様のことをいいます。一定の幅と間隔で円周方向に塗り分けたもので、竹笛などの装飾に似ていることからそう呼ばれています。

石目地塗(いしめじぬり)

鞘の表面などに塗り施される地文の一種です。滑り止めや艶消しを目的に石や岩肌に似せた細かい砂状の粒子模様に仕上げたものです。

螺鈿(らでん)

青色や虹色の光彩のある貝殻を薄く剥ぎ、鞘などに塗り込める装飾技法のことをいいます。微塵に切り出した貝殻を一面に塗り込む方法や図柄に合わせて切り出した貝殻を象嵌して表面に毛彫りを加える手法もあります。

拵買取の買取なら鋼月堂へ
お電話でのお問合せ
0120-920-855(平日10:00~18:00)

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

刀装(拵)買取が初めての方へ

柄の種類

太刀拵の種類

関連記事

  1. 太刀拵の種類

    2018.10.28
  2. 刀装について

    2018.07.23
  3. 刀装具の役目・鍔、目貫、小柄、笄、縁頭など

    2017.08.13
  4. 刀装小道具の歴史 鐔篇

    2018.03.29
  5. 鐔・小道具について

    2018.07.23
  6. 刀装具の名称

    2017.06.27
PAGE TOP