Loading

刀装・刀装具の鑑定書の種類

刀装・刀装具鑑定書

刀装・刀装具の鑑定書

お持ちの刀剣や刀装具を売却する際に、査定のポイントの一つになるのが「鑑定書」です。鑑定書は、主にその刀剣・刀装具が正真であることを証明するものとして各鑑定機関から発行しているものです。その起源は、刀剣の研磨及び鑑定を司った本阿弥家と刀装具を製作する後藤家が折紙を発行した事に始まり、現在は公益財団法人日本美術刀剣保存協会に代表される複数の団体もしくは個人が鑑定書を発行しています。
刀装具の売却査定をご依頼の際には、一緒にお見せ下さい。

日本美術刀剣保存協会 鑑定書・指定書

公益財団法人日本美術刀剣保存協会(略称 日刀保)は昭和二十三年(1948年)に発足した団体で、当初は東京国立博物館内に設立され、現在は両国にある刀剣博物館内に設置されています。同協会が発行した証書には、認定書、鑑定書、指定書の三種があります。認定書は、「貴重刀剣・刀装・刀装具」「特別貴重刀剣・刀装・刀装具」「甲種特別貴重刀剣・刀装・刀装具」の三種、鑑定書は「保存刀剣・刀装・刀装具」「特別保存刀剣・刀装・刀装具」の二種、指定書は「重要刀剣・刀装・刀装具」「特別重要刀剣・刀装・刀装具」の二種があります。
各鑑定機関が発行した鑑定書の中でも、刀剣界では日刀保が発行する物が最も高い評価を受けています。

保存刀装具鑑定書

保存刀装具鑑定書

特別保存刀装具鑑定書

特別保存刀装具鑑定書

重要刀装具指定書

重要刀装具指定書

日刀保の古い認定書

特別貴重小道具

特別貴重小道具認定書

刀装・刀装具買取における鑑定書とは

折紙、箱書、鑑定書など、刀装・刀装具の真贋や極め、伝来などを示すものとして様々なものがございますが、現在の刀剣界ではそれらは欠く事のできないものです。その理由としては、居合や試し斬り、或いは和装の際の小物として使用する機会を除くと、現代日本ではほとんどの方にとっての刀装・刀装具は「室内展示用の美術工芸品」となります。となれば、その歴史的な背景や正真であることを保証する鑑定書などは、愛好家の方々にとって「価値を保証する証書」であり、「自らと過去をつなぐ架け橋」となりうる存在です。同時に、我々刀剣商にとっても「客観性をもった鑑定書」となりますので、付いていた方が売買の際にも便利です。その為、折紙や鑑定書などをお持ちの方は、査定の際には可能な限りご持参いただきたいです。
お持ちの刀装・刀装具が名品であればあるほど、鑑定書の有無で査定金額が変わってまいりますので、是非ともよろしくお願い申し上げます。

 

鑑定書付きの刀装・刀装具の高価買取ならお任せ下さい

鑑定書付きの刀装具を売るな

お電話でのお問合せ
0120-920-855(平日10:00~18:00)

FAXでのお問合せ
050-3488-3279

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

刀装具買取が初めての方へ

日本刀の鑑定書の種類

PAGE TOP