Loading

刀装具買取品目

刀装具

刀装具とは刀剣を使用しやすくするための付属の小道具全体を指します。刀装具も時代の流行に合わせて変わってきます。
江時代の武士が所持していた刀剣には、鐔のほか、目貫や小柄、笄、縁、頭などの刀装具が付属しています。緻密な彫金技術を駆使し、金、銀、銅など多彩な金属を用いて製作された作品は、現代人から見ても美しさや楽しさを感じることができるものです。細工の精密さだけでなく、多様な意匠や洗練された構図、文様の形態表現には印象的に見せるさまざまな工夫が凝らされています。刀剣買取の鋼月堂では、刀剣だけでなく刀装具も買い取っておりますが、下記にこれらの概要を書かせていただきます。

鐔(鍔)(つば)

柄と刀身の間に位置する盤状の金具で、自らの拳を守り、突いた際に手が滑って自身の刃で傷つかないようにします。刀身に装着するための孔(茎櫃)の周囲を打ち寄せ、両端に銅片などを「責金」として埋め込んで刀身とのの寸法を調整して固定します。小柄、笄を出し入れするための櫃孔が設けられることもありますが、これらが付属しない拵えに使われる場合には埋められます。

目貫(めぬき)

本来、刀身が抜けないよう茎の孔に通す目釘を覆う金具でしたが、やがて実用よる装飾的な意味が強くなり、目釘とは独立して柄の表裏に巻く組糸により固定されるようになりました。両手で握って構えた際、それぞれの掌に当たるよう互い違いの位置に装着されます。小柄・笄とあわせて「三所物」と呼ばれ、刀装具のなかでも格上とされていました。

目貫

日月図目貫 加納夏雄

小柄(こづか)

鞘の表裏には溝が切られており、表側に笄、裏側に小柄を装着します。そのためには小柄と笄を通すための櫃孔があけられています。小柄はペーパーナイフのような小刀(刀子)の柄で、別作りの刀身を差し込んで用います。錆びて抜けなくなることを避けるため、小柄のみが収集の対象となることも少なくありません。また普段使いの拵えには付属しないことも多く、特に笄が付属するのは比較的フォーマルなものが多いです。

笄(こうがい)

笄は鞘の表櫃に小柄は差裏に備えられ、後に拵の装飾として発展した装剣金具です。乱れた髷を整えたり、頭を掻いたりするときにも使われ江戸時代を代表する頭飾品でもあります。また、端はスプーン状になっており、耳掻きや粉薬をすくう際にも役立ったとされています。

小柄

福寿草図小柄 加納夏雄

縁頭(ふちかしら)

縁頭は柄の両端に付く一組の道具で、柄頭側を「頭」、輸側を「縁」といいます。フォーマルな拵えでは頭を黒い水牛の角製とします。

鎺(はばき)・切羽(せっぱ)

刀身と茎との間には、鞘に刀身を固定するための金具「鎺」が嵌まっています。鎺の前後 は「切羽」と呼ばれる薄い金属板で挟み込むことで、がたつきを抑えます。

縁頭

蝦蟇図目貫・縁頭 岩本常直作

三所物(みところもの)

刀装具の名称。小柄・笄・目貫の称。3種を同一作者・同一意匠でそろえたもので、江戸時代にこの形式が完成され「家彫」と呼ばれる後藤家三所物が有名です。

拵(こしらえ)

日本刀のを保護する外装で刀装ともいいます。刀身を入れる鞘、茎を入れる柄の総称。太刀から打刀が用いられるようになった時代や様式とともに変化、発達を遂げ、太刀拵・打刀拵・腰刀拵、小サ刀拵、合口拵などがあります。

三所物

福禄寿三所物 後藤光正作

刀装具を高価買取いたします

鐔、小柄、笄、目貫、縁頭など刀剣に彩を添える刀装具は小道具にだけに留まらず美術品としての面も持ち合わせています。それぞれの時代の名工が作品を作り意匠・金工・漆工といった技術両面から見事な工芸品となっており多くの愛好家がいます。刀装具買取ならお任せ下さい。

鍔買取

目貫買取

小柄買取

笄買取

三所物買取

日本刀・刀装具のご売却なら鋼月堂へ

美術品商 古物商 大阪府公安委員会許可
第621170172210号
特定国際種事業者番号
S-0-27-00580

お電話でのお問合せ
0120-920-855(平日10:00~18:00)

FAXでのお問合せ
050-3488-3279

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

刀装・刀装具買取が初めての方へ

PAGE TOP