Loading

刀装・小道具ブログ

全国の刀装具・甲冑武具の展示会

刀装具展示情報

日本全国の刀装具・甲冑武具の展示情報・刀装具展示会

日本全国の刀装具・甲冑武具の展示会・展示情報を掲載。刀装具愛好家の方ぜひご覧ください

刀剣展示は下記よりご確認下さい
刀剣の特別展示

更新情報

1/24 特別展 佐竹氏-800年の歴史と文化-

1/10 吉川元春展~尼子氏の忠臣・山中鹿介との攻防
現存する山中鹿介所用の兜と元春の兜それぞれを展示。

1/10 新春テーマ展「花らんまん-柳川藩主立花家伝来の美術工芸品から-」

1/10 コレクション展「米沢藩 武士のお仕事」
鉄錆色塗腰紺糸威二枚胴具足(芋川家伝来)、丸に葉沢瀉紋入陣笠、陣羽織など。

12/10 細川三斎と八代の金工(2)-肥後拵の魅力分析-

11/15 前橋藩第4代藩主 酒井忠清とその時代
酒井氏が神明宮に奉納した甲冑など。

11/9 漆芸しつげいの精華せいか -江戸時代を中心に-
弁柄叩塗桐紋散鞘大小拵など漆で彩られた、調度、楽器、刀装、馬具など、多岐にわたる漆芸品を井伊家伝来品から紹介。

甲冑・武具の展示「常設展示」

期間:常設
川越歴史博物館 〒350-0055 埼玉県川越市久保町11−8
展示情報:色々革威胴丸(室町時代)・最上胴丸(室町時代)その他全10領を展示(定期的に入替)、織田家伝来 南蛮笠形兜(桃山時代) ・立花家旧蔵 金箔押一段錣桃形兜(桃山時代) ・後藤又兵衛基次所用廻り鉢六十二間星兜(戦国時代) ・三十二間総覆輪筋兜(南北朝時代) ・その他全11頭展示(定期的に入替)
公式サイトで確認する

「兜 -戦いのデザイン-」

「兜--戦いのデザイン-」
期間:【第1期】2019年4月3日(水)~2019年6月2日(日)
【第2期】2019年6月5日(水)~2019年8月4日(日)
【第3期】2019年8月7日(水)~2019年10月6日(日)
【第4期】2019年10月9日(水)~2019年12月8日(日)
【第5期】2019年12月11日(水)~2020年2月2日(日)
【第6期】2020年2月5日(水)~2020年3月29日(日)
九度山・真田ミュージアム 〒648-0101 和歌山県伊都郡九度山町九度山1452−4
展示情報:刀と同様、武士の魂を象徴する「兜」にスポットをあて、「兜」に込められたさまざまな意味を、有名な武将たちのエピソードとともに紹介します。
公式サイトで確認する

前橋藩第4代藩主 酒井忠清とその時代

期間:2019年10月19日(土)~2020年3月1日(日)
粕川歴史民俗資料館 〒371-0204 群馬県前橋市 粕川町膳48−1
展示情報:酒井氏が神明宮に奉納した甲冑など。
公式サイトで確認する

細川三斎と八代の金工(2)-肥後拵の魅力分析-

期間:2019年12月10日(火)~2020年3月22日(日)
八代市立博物館 未来の森ミュージアム 〒866-0863 熊本県八代市西松江城町12−35
展示情報:打刀拵(信長拵の写し)など収蔵する肥後拵を展示。
公式サイトで確認する

新春テーマ展「花らんまん-柳川藩主立花家伝来の美術工芸品から-」

期間:2019年12月27日(金)~2020年4月6日(月)
※2020年1月21日(火)・22日(水)は館内メンテナンス等のため臨時休館
立花家史料館 〒832-0069 福岡県柳川市新外町1
展示情報:所蔵する5千点にのぼる美術工芸品のなかから、咲きほこる花を描いた絵画や能装束、様々な技法で可憐な花をあらわした工芸品を展示。伊予札縫延栗色革包仏丸胴具足、金箔押桃形兜【復原】、鉄黒漆塗骨牌鉄繋畳具足、鉄錆地桜文亀甲鉄繋畳具足、鉄黒漆塗萌黄糸素懸威最上胴具足など。
公式サイトで確認する

吉川元春展~尼子氏の忠臣・山中鹿介との攻防

吉川元春展~尼子氏の忠臣・山中鹿介との攻防
期間:2020年1月2日(木)~3月22日(日)
吉川史料館 〒741-0081 山口県岩国市横山2丁目7−3
展示情報:現存する山中鹿介所用の兜と元春の兜それぞれを展示し、吉川元春と鹿介との攻防に関係する史料とともに鹿介の実像を探ります。
公式サイトで確認する

コレクション展「米沢藩 武士のお仕事」

コレクション展「米沢藩 武士のお仕事」
期間:2020年1月11日(土)~3月22日(日)
※2月18日(火)以降、一部資料を展示替。
米沢市上杉博物館 〒992-0052 山形県米沢市丸の内1丁目2−1
展示情報:鉄錆色塗腰紺糸威二枚胴具足(芋川家伝来)、丸に葉沢瀉紋入陣笠、陣羽織など。
公式サイトで確認する

特別展 佐竹氏-800年の歴史と文化-


期間:2020年2月8日(土)~3月22日(日)
茨城県立歴史館 〒310-0034 茨城県水戸市緑町2-1-15
展示情報:佐竹氏は800年の歴史を刻んだ伝統ある武家です。中世常陸の動乱を生き抜き、秋田移封後も近世常陸との交流は続きました。本展では、政治・経済・文化の各面から,今なお県民の心に息づくその実像に迫ります。
公式サイトで確認する

漆芸しつげいの精華せいか -江戸時代を中心に-

期間:2020年3月7日(土)~2020年4月7日(火)
彦根城博物館  〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町1−1
展示情報:弁柄叩塗桐紋散鞘大小拵など漆で彩られた、調度、楽器、刀装、馬具など、多岐にわたる漆芸品を井伊家伝来品から紹介。
公式サイトで確認する

全国の日本刀・刀剣展示情報はこちら

鋼月堂では刀装・刀剣小道具・武具甲冑に関する古書・刀剣書籍を販売しています。鐔や拵など刀装具の歴史を紐解く楽しい時間となれば幸いです。

刀剣小道具書籍販売

画像出典(今更ヱヴァンゲリヲンと日本刀展行ってきた結果 : まとめでぃあ

利寿系浜野派 浜野政随 大森彦七図鐔

終了した過去の全国の刀装具・武具展示会

関連記事

  1. 大阪歴史博物館 特別展「鏨の華―光村コレクションの刀装具―」

    2018.02.12
  2. 終了した過去の全国の刀装具・武具展示会

    2017.11.11
PAGE TOP