Loading

刀装・小道具ブログ

横谷派岩本家 岩本寛利 虎の児渡し図鐔

横谷派岩本家 岩本寛利

岩本寛利(いわもとひろとし)は、岩本昆寛(いわもとこんかん)の弟子で後に養子となり、岩本家七代目の家督を相続しました。岩本家の門流を守り、江戸中期に活躍した良工の一人と言われています。出身は羽前国庄内(山形県鶴岡市)といわれていますが諸説あります。

虎の児渡し図鐔

虎の児渡し(とらのこわたし)図鐔は、中国の故事にもある図題で、出来が優れ、師昆寛に比肩(ひけん:匹敵すること)する作品です。また、親子虎が極めて丁寧でかつ力強く表現され、寛利としては最高の傑作と評されています。

虎の児渡し

装剣金工の社会で「虎の児(子)渡し」と名付けられている図題です。子渡し、といわれているため親子の虎が二匹描かれています。親子の動物を扱った画は牛、馬、猿、犬などあり決して珍しくありません。その中でも獅子の場合は古来から「児落しの獅子」として有名な物語があります。
虎の児渡しには親子並んで泳ぎ渡る場合と、この図のように子を背にして親が泳ぎ渡る場合があります。虎が子を連れ、工夫して川を渡る物語は広く知られていますが、鐔小道具の図柄としては珍しい部類になります。
虎は子を生むと、三匹のうち一匹は必ず獰猛な性質で他の虎の子を喰うといわれ、これは「彪」と名付けられています。そのため、親虎が子を泳いで対岸に渡す場合には工夫が必要になります。
まず、彪を背負って河を渡りそこに彪を置いて元の岸に戻り、そこに待つ子を背負って彪のいる対岸に渡ります。次に子を降ろして彪を背負って元の岸に戻り、そこに彪を置いて残りの子を背負って対岸に行き降ろします。そして、またもとの岸に戻り彪を背負って対岸に渡ります。つまり、子と彪の二匹の状態に置くと子が彪に喰われるため、それを避けて子と彪をつねに親の目に届くところに置かなければなりません。漫然と渡るのではなく、工夫して渡るところがすなわち「渡す」ということになるのです。

岩本寛利虎の児渡し図鐔1

岩本寛利虎の児渡し図鐔2

鍔買取の買取なら鋼月堂へ
鐔(鍔)高価買取いたします

お電話でのお問合せ
06-6575-7400(平日10:00~18:00)

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

刀装・刀装具買取が初めての方へ

横谷派初代 横谷宗珉 蝙蝠図三所物・仁王図二所物

利寿系浜野派 浜野政随 大森彦七図鐔

関連記事

  1. 彫金技法について

    2018.07.30
  2. 利寿系浜野派 浜野政随 大森彦七図鐔

    2017.10.21
  3. 石黒派 石黒政美 牡丹に孔雀・松樹尾長鳥図大小鐔・揃金具

    2018.03.13
  4. 横谷派初代 横谷宗珉 蝙蝠図三所物・仁王図二所物

    2017.09.23
  5. 横谷派二代目 横谷宗與 駿馬・獅子牡丹の図鐔

    2018.03.14
  6. 二代目 後藤宗乗武光 参疋蟹・海松に潮汲桶・四方手の図目貫

    2017.09.20
PAGE TOP