Loading

刀装・小道具ブログ

利寿系浜野派 浜野政随 大森彦七図鐔

利寿系浜野派 浜野政随

浜野政隋(はまのしょうずい)は、奈良一門の名工利寿に学びました。また、政隋自身も多くの優秀な弟子を養成し、その活躍は全国に知られ横谷派、奈良派とならび町彫り工としての主要門流を形成しました。多くの金工は「手強きを好みて気象を現わし、さっぱりして勢あり」と賞し、これが浜野家の特色として表れています。利寿、乗意、安親の奈良三作に次ぐ存在であるともいわれています。

大森彦七図鐔

大森彦七(おおもりひこしち)図鍔は、四分一の磨地に肉合彫りで金、銀、赤銅、素銅の色紙を施しており、穐峰斎の号が珍しい鍔です。この図題は師の利寿も作品として残しており、鉄地に思い切った高彫りに華麗な象嵌が施され、重要文化財に指定されています。

大森彦七図鐔

大森彦七図鐔

大森彦七

大森彦七は、伊予国(愛媛県)で生まれ名を盛長といい、足利尊氏に仕えた豪勇をもって聞こえた武人です。湊川合戦に楠木勢を討ち破り、正成を自害に追い込んだ功により一族大いに恩賞を預かりましたが、それにより数々の怪談が生まれ「太平記」に長々と記載されています。
上記にも示した通り、利寿の作品が有名ですが、図付が難しいため作品数自体少ない図題です。利寿、政隋の他にも水戸の金工海野勝珉の写しとして作品を残しています。
さて、大森彦七はその後次々に楠木正成の死霊に襲われ発狂し、しばらく監禁されたりしましたが大般若経の功徳によって回復したと伝えられています。また、彦七の出身地である伊予国の大三島神社に『大太刀 無銘(伝豊後友行)』が奉納されており、重要文化財に指定されています。

鍔買取の買取なら鋼月堂へ
鐔(鍔)高価買取いたします

お電話でのお問合せ
06-6575-7400(平日10:00~18:00)

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

刀装・刀装具買取が初めての方へ

横谷派岩本家 岩本寛利 虎の児渡し図鐔

全国の刀装具・甲冑武具の展示会

関連記事

  1. 六代目後藤栄乗正光・宇治川の戦陣(表)巴勇戦(裏)の図鐔

    2017.09.17
  2. 奈良利寿 菊慈童図縁頭・楊香図縁頭

    2018.03.13
  3. 横谷派初代 横谷宗珉 蝙蝠図三所物・仁王図二所物

    2017.09.23
  4. 横谷派二代目 横谷宗與 駿馬・獅子牡丹の図鐔

    2018.03.14
  5. 横谷派岩本家 岩本寛利 虎の児渡し図鐔

    2017.10.18
  6. 彫金技法について

    2018.07.30
PAGE TOP