Loading

刀装・小道具ブログ

刀装具オークションの出品をお考えなら

刀装具オークションとは

お客様からお買取りした刀装具は毎月、全国各地で行われているオークション(市場、交換会とも)に出品されます。日本で行われているオークションは、海外で行われるハンマーオークションではなく、漁場市場のように市場主が金額を発句し、買いを希望する方々が競り合っていくようなかたちになります。全国各地で行われているため、売りに行く方も、買いに行く方も違います。そのため、全国的に人気のある金工の作品もあれば、その地域ごとで人気のある金工の作品もあります。オークションによって取引される金額も大きく違うため、出品するオークションの選定は重要ともいえます。また、市場には多くの買い手がおり、買い手の参加数によっても取引金額が上下することもあります。特定の買い手の方がいないと出品した刀装具を次回の市場に回すこともあります。市場は売り手の出品数、買い手の活発な競りによって成り立っているともいえます。
出品された刀装具はその日のうちに落札され、市場に落札合計額を支払います。売り手は市場手数料を引いた金額を受け取ります。ほとんどの市場は「古物許可証」を持った業者のみしか参加できません。そのため、当店も含め委託や代理出品をしているお店が多くあります。

刀装具オークション

刀装具を高く売る

刀装具を高く売るには、オークションの買い手ごとに見極め出品する方法もありますが、全国的に人気のある刀装具には「鑑定書」がついていることもあります。鑑定書は公益財団法人 日本美術刀剣保存協会が発行しており、鑑定の種類も様々あります。また、鑑定書と違い「認定書」も存在します。しかし、鑑定書、認定書にはあまり価値のないものや日本美術刀剣保存協会以外で発行されたものもあり、すべての鑑定書、認定書のついた刀装具が高く売れるとは一概に言えません。
また、刀装具は刀剣と違いサイズが小さいため、木箱で保管されていることもあります。木箱の有無、箱書き(蓋の表か裏、箱の裏に金工の名前などが書かれている)の有無によっても価値が変わることもあります。もし、刀装具がご自宅などから出てきましたら、鑑定書、認定書があるか、木箱はあるかなども確認するといいでしょう。
さらに、刀装具には二所物、三所物といった金工が小柄、笄、目貫をセットで製作こともあります。揃っていればさらに価値が上がるので、それも確認してみてください。

木箱の有無、箱書き

刀装具を委託、代理出品する

刀装具の委託、代理出品をしている買取店はあまり多くありません。骨董品や古美術品などの委託、代理出品をしている買取店は数多くありますが、刀装具や刀剣は専門性が高いため実施している買取店は少ないです。しかし、刀装具を専門としている当店は鐔(鍔)などの刀装具の委託、代理出品もしております。当店は、刀装具の委託、代理出品を考えているお客様と希望の金額、当店の査定結果などよりよい結果になるよう打ち合わせを行い、お持ちの刀装具にあったオークションへ出品いたします。当店は委託、代理出品における手数料についても詳しく掲載しております。気になる方はぜひご覧ください。

刀装具の買取を専門とする鋼月堂では、委託、代理出品のほかに出張、宅配買い取りを行っております。また、価値が気になる方は画像査定がおすすめです。ご自宅から出てきた鍔、遺品整理で見つけた小柄、ご身内や友人知人などからいただいた三所物など、どのような状態の刀装具でも無料査定、高価買取させていただきます。お気軽に当店までお問い合わせください。

刀装具を委託、代理出品する

刀装具代理出品・委託販売の詳細

刀装具の買取方法

刀装具の無料画像査定

日本刀のオークション

 

刀装小道具の歴史 拵・外装篇

鐔・小道具について

関連記事

  1. 日本刀の鐔買取ります

    2017.09.20
PAGE TOP