Loading

刀剣乱舞ブログ

光徳刀絵図集成 (1970年)

光徳刀絵図集成




光徳刀絵図集成 昭和45年(1970年)

昭和45年に便利堂から限定700部で再刊されたもので、本阿弥光徳が秀吉に召抱えられた際に集めた押形を記載した刀絵図です。

  • 本阿弥 光徳 (著)、本間 順治(編)
  • 発行:昭和45年(1970年)

光徳刀絵図集成

光徳刀絵図集成

光徳刀絵図集成

光徳刀絵図集成

光徳刀絵図集成

光徳刀絵図集成

光徳刀絵図集成

光徳刀絵図集成

光徳刀絵図集成     

本間先生が「およそ押形の刃文の描法には写実と写意があるが」と解説されていますが、この「写意」というのはありのままを写す「写実」に対して「意を写す」こと、名刀としての品格までも描き写しているということですね。とうらぶ実装刀剣では「薬研藤四郎」や「一期一振」などが掲載されています。

こちらの刀剣書籍は販売しておりません。
販売中の刀剣書籍は下記ページに掲載しております。日本刀買取の鋼月堂では絶版・希少な刀剣書籍や古い刀剣展示の図録を販売しております。

刀剣書籍・古書販売

こちらもぜひご覧ください
全国の刀剣展示

刀剣乱舞実装刀剣の展示情報

名物刀剣・享保名物帳に掲載された名刀

名刀列伝・名物とよばれる名刀




名物日本刀展図録

国宝名物日向正宗-三井記念美術館と小松コレクションの名刀-

関連記事

  1. 織田信長・豊臣秀吉の刀剣と甲冑

    2018.11.07
  2. 国宝日本刀特別展 図録

    2018.06.02
  3. 黒田家の甲冑と刀剣 図録

    2018.07.19
  4. 會津十一代 和泉守兼定

    2018.02.23
  5. 御物と国宝・重要文化財による 特別名刀展(1982年)

    2019.05.29
PAGE TOP