Loading

刀剣ブログ

刀剣オークションで高く売る

刀剣オークション

 刀剣オークションの仕組み

お預かりした刀剣類は毎月さまざまな地域で開催されている刀剣オークション(市場もしくは交換会ともいいます)に出品します。オークションのイメージとしては、海外などで行われているハンマーオークション等をイメージされると思いますが、実際にはどちらかというと漁業市場の競りに近いです。地域によってオークションに参加する買い手は変わり、必然的に人気のある商品もオークション毎に異なります。全国的に人気のある刀だけでなく、その地域で作られた刀(郷土刀)やその地域でのみ人気のある刀剣類などが高値で取引される場合もありますので、出品するオークションの選定は重要となります。さらに、買い手の参加数により競りが活発になることもあり、極端な話をすると、ある買い手が不参加だとわかると出品した商品を次回のオークションに回すことも皆無ではありません。出品された刀剣類は、オークション当日に落札され、市場手数料を引いた金額を受け取ります。また、会場では原則的に古物商許可証を持った業者しか参加できないため、一般の方の参加はできません。そのため、委託販売や代理出品が行われています。

刀剣オークションに出品できないもの

刀剣オークションだから何でも出品できるとは限りません。特に刀剣類は厳しく、当日に出品不可になることも少なくありません。
一番多い出品不可は、登録証に記載されている内容と実際の刀剣類の内容に差異が生じたとき(長さや反りの寸法が違う、銘文が異なるなど)です。例としては、登録証の文字が見えづらくなった、消えかかってきたからと所有者自身が書きなぞるなどした登録証の刀剣類も出品できません。何故なら銃砲刀剣類登録証は列記とした公文書なので、こうした行為は公文書偽造にあたるからです。もし登録証の変更がありましたら、登録証の発行された各都道府県の教育委員会に連絡をお願いします。また手続きが面倒であれば、代理で変更手続きを行うこともできますのでお気軽にご相談ください。

刀剣オークションで高く売るために

刀剣オークションでは少しでも高く売るために一番大事なことは、まず保存状態を良好に保つこと、次に付属品(外装や鑑定書)を無くさないことです。もちろん、購入された方は大切に保管されていると思いますが、遺品整理中に出てきた場合に慌ててバラバラに保管してしまう方が意外と多く見受けられます。あと、錆びていると安くなると思って慌てて研ぎに出したり、茎の錆を鑢で落としてしまう方もまま見受けられます。この二つは絶対に避けてください。良かれと思ってされた行動が、お持ちの刀の価値を下げてしまうことがあります。もし、刀剣類が出てきましたらまずは私共へご連絡ください。売却だけでなく保管についてもアドバイスさせていただきます。

刀剣オークションで高く売るために

特別重要刀剣、重要刀剣、特別保存刀剣、保存刀剣

現在、公益財団法人 日本美術刀剣保存協会の鑑定書は、上から特別重要刀剣、重要刀剣、特別保存刀剣、保存刀剣の4階級のランクが定められています。
刀剣、日本刀の委託販売(交換会への出品)については錆びや疲れのある刀剣類などお受けできないお品もございますのでまずはお問合せ下さいませ。委託販売・刀剣オークションでの売却が難しい場合でも買取査定は可能です。

日本刀オークション

刀剣代理出品・委託販売の詳細

日本刀の買取方法

日本刀の無料画像査定

刀装具のオークション

日本刀の切れ味・業物

刀剣女子 ~日本刀に魅了された女性たち~

関連記事

  1. 日本刀を相続したら

    2018.04.28
  2. 刀・刀剣・日本刀売買には身分証明書が必要です

    2017.08.20
  3. 日本刀の買取価格教えます

    2018.02.23
  4. 家に日本刀がある・倉庫から古い刀が出てきたら

    2017.08.09
  5. 古物商・買取業者の皆様へ

    2017.08.11
  6. 日本刀の宅配買取・郵送買取が人気です

    2017.09.30
PAGE TOP