Loading

刀剣ブログ

天下三名槍(てんがさんめいそう)とは

天下三名槍

天下三名槍(てんがさんめいそう)とは

天下三名槍は天下三槍(てんがさんそう)とも呼ばれ、御手杵、日本号、蜻蛉切の三本の槍のこと。江戸時代、天下の名槍といえば東の御手杵、西の日本号であり、そこにいつしか蜻蛉切が加わり「天下三名槍」と呼ばれるようになりました。
天下三名槍の詳細は各ページをご覧ください。

天下三名槍

出典:音にきこゆる・島田の刀鍛冶と天下三名槍図録

御手杵

結城晴朝所持の槍、本槍の鞘が細長く杵のような形(手杵)から名付けられた。惜しくも東京大空襲で焼失しました。現在は結城蔵美館所蔵のレプリカが存在します。

御手杵

日本号

通称呑取りの槍、豊臣秀吉が所持していた頃に日本号と名付けられた。作者不詳ですが大和金房派が有力です。福岡市博物館所蔵。

日本号

蜻蛉切

本多忠勝の愛槍、大笹穂と呼ばれる大身に槍で穂先に止まった蜻蛉が真っ二つになったという逸話から名付けられた。個人蔵(矢部コレクション)寄託先 佐野美術館。

蜻蛉切

まとめ
戦国時代の戦場において武器の中心は槍であり、戦場での戦功を「槍働き」といい、合戦において一番最初に敵と槍を合わせる事を「一番槍」といいます。最近では日本刀ブームの火付け役である刀剣乱舞(とうらぶ)の影響で天下三槍(御手杵はレプリカ)をはじめ名物、名刀が各地の美術館・展示館で特別展示されています。

無銘 脇差をお買取いたしました

生前整理で日本刀の処分売却をお考えなら

関連記事

  1. 日本号・呑取りの槍

    2017.10.18
  2. 御手杵・戦災で失われた名槍

    2017.10.25
  3. 蜻蛉切・本多忠勝の愛槍

    2017.11.02
PAGE TOP