Loading

刀剣ブログ

太郎太刀・豪傑真柄十郎左衛門の愛刀

太郎太刀

太郎太刀(たろうたち)

  • 指定 :なし
  • 朱銘 :末之青江(号 太郎太刀)
  • 所蔵 :熱田神宮
  • 種別 :太刀
  • 流派 :青江派

太郎太刀

大太刀 朱銘 末之青江(号 太郎太刀) 出典:熱田神宮の宝刀~鑑賞のしおり~

真柄十郎左衛門の愛刀

本太刀は、豪傑真柄十郎左衛門直隆が所持したと伝わる名物「太郎太刀」です。姉川の戦いとは、近江國浅井郡姉川で織田信長・徳川家康連合軍と浅井長政・朝倉義景連合軍の間で行われた合戦で、両軍に多くの戦死者を出した激戦であり、特に中心的な武将に多くの戦死者が出た浅井家は甚大な被害を被っています。「信長公記」では青木所左衛門(青木民部大夫一重)が真柄十郎左衛門を討ちとる(この時使用されたのが青木兼元と言われています)と記載されていますが、「寛政重修諸家譜」では向坂式部とその弟向坂五郎次郎が真柄十郎左衛門に討たれたあと、同族の向坂六郎五郎吉政が十文字槍で討ち取ったと記載されています。熱田神宮に残る文書によれば、本太刀は姉川の合戦の六年後にあたる天正四年に山田甚八郎吉久なるものが奉納し、以後同神宮に伝来しました。

もう一つの太郎太刀

因みに、太郎太刀と呼ばれるものに白山比咩神社が所蔵する太刀があります。白山比咩神社は、加賀国一之宮で全国二千社余りある白山神社の総本社ですので、格的には奉納されてもおかしくはありませんが、当時同神社は一向一揆の影響で荒廃していて奉納を受けるほど信仰を集めていたとは考えにくいです。その点、織田信長から信仰されていた熱田神宮に、織田家中の者が奉納する方が話の筋としては通っているので、熱田神宮の太郎太刀と白山比咩神社の太郎太刀では、やはり熱田神宮に伝来する太郎太刀の方が真柄十郎左衛門の所持していた太郎太刀である可能性が高いと思われます。

刀 銘 行光(真柄大太刀)

白山比咩神社所蔵 太刀 銘 行光(真柄大太刀)出典:大太刀と小道具図録

古研の為に地刃の詳細は不明

この太刀は、姿は鎬造、庵棟、長さに比して反り浅く、中鋒延びごころとなる。彫は、表裏に掻き留めの棒樋に添樋を施し、朱塗にしている。古研の為に地刃共に詳細はわかりにくいが、地鉄は板目肌、刃文は中直刃に乱れごころの刃交る。また、かつて「末之青江」と朱銘が施されていたことから茎が生ぶであることがわかる。本太刀は、この長大な刀を振り回した真柄十郎左衛門の膂力と豪傑ぶりを今に伝える貴重な大太刀といえます。

太郎太刀の展示情報

太郎太刀は熱田神宮宝物館で常設展示されています。機会があれば是非ご覧になってください。
全国の刀剣展示会情報はこちら

画像出典:大太刀と小道具図録

太刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
太刀買取なら鋼月堂へ

刀剣古典書物

次郎太刀・重厚な大太刀

関連記事

  1. 鶴丸国永・謎に彩られた五条国永の代表作

    2017.10.06
  2. 獅子貞宗・戦乱に巻き込まれた悲劇の名刀

    2017.11.08
  3. 一国兼光・土佐一国と同じ価値を持つ刀

    2017.09.19
  4. 日光助真・天下人家康の愛刀

    2018.09.22
  5. 歌仙兼定・優雅な号と残虐な逸話をもつ刀

    2018.02.11
  6. 山伏国広・古屋打ちの代表作

    2017.09.28
PAGE TOP