Loading

刀剣ブログ

太閤左文字・太閤の愛した短刀

太閤左文字

太閤左文字(たいこうさもじ)

  • 指定:国宝
  • 銘:左(名物 太閤左文字)筑州住
  • 所蔵:ふくやま美術館
  • 種別:短刀
  • 流派:左文字派

太閤左文字

国宝 短刀 銘:左 筑州住(太閤左文字) 出典:名物刀剣-宝物の日本刀

国宝 短刀 銘左 筑州住(太閤左文字)

太閤左文字

太閤左文字押形

太閤左文字押形

太閤左文字押形 出典:名品刀絵圖聚成

左文字について

号は太閤秀吉の所持に由来

本短刀は、名物太閤左文字です。号の由来は、太閤豊臣秀吉が所持していたことからこの名が付きました。秀吉は、多くの名刀を所蔵しておりましたが、名物太閤〇〇と付いたものは意外と少なく著名どころでは本短刀くらいかと思われます(おそらく家康や権現という名のついた名物は皆無です)号が所持者由来の場合、多くの場合手放した後(もしくは亡くなった後)に付くので、本短刀の号が付いたのは徳川家以降だと思われますが、徳川家や譜代大名の井上家が太閤の名を付けるとは思えないので、謙信景光と同様おそらくは近年に付けられた号だと思います。本短刀の秀吉以前の出自は不明ですが、「本阿弥光徳絵図(寿斎本)」所載されており、その後豊臣秀頼から徳川家康へ贈られ、二代将軍秀忠から井上家へと贈られ以後同家所有となりました。井上家の初代当主井上正就(当時は遠州横須賀藩主)は、秀忠とは乳兄弟(正就の母が秀忠の乳母)でしたので、正就かその子の正利の頃に贈られたと推測されます。昭和七年の井上子爵家の売り立てに出品され、わかもと製薬の長尾よねが購入、その後愛刀家の青山孝吉氏(会津新藤五江雪左文字などを所持したことで有名)に譲渡され、日本刀装具美術館を経て、広島県の企業が所蔵し、現在はふくやま美術館所蔵です。

同作中最も地刃の明るい作

この短刀は、姿は平造、三つ棟、同作中やや小振り、ふくらつき、僅かに反る。地鉄は、小板目よく詰み、僅かに大肌交じり、細かな地景入り、地沸微塵に厚く付く。刃文は、小湾れ主調に小互の目僅かに交じり、小足入り、小沸つき、金筋・砂流しかかり、匂口明るく冴える。帽子は、湾れ込んで先突き上げ、返り中程まで焼き下げ、表は棟焼状に区まで連なる。茎は生ぶで、鑢目筋違、先は浅い刃上がり栗尻となり、表に「左」裏に「筑州住」と細鏨で切っている。同作中地刃の明るさでは本短刀の右に出るものはなく、秀吉が愛したといわれるのも頷ける名短刀です。

太閤左文字の展示情報

太閤左文字は、京都国立博物館の「国宝展」で2017年11月26日まで展示されていました。
太閤左文字の次回の展示は江雪左文字、宗三左文字と共に「 筑前左文字の名刀」にて2018年11月11日(日)~12月9日(日)まで ふくやま美術館で展示されます。
左文字の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

短刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
短刀買取なら鋼月堂へ

左文字・九州を代表する名工の一人

重要美術品について

関連記事

  1. 本庄正宗・徳川家で最も価値のある刀

    2017.08.30
  2. 岩融・弁慶の薙刀

    2018.02.10
  3. 大包平・日本刀の横綱

    2018.01.12
  4. 古今伝授の太刀・行平の最高傑作

    2017.11.30
  5. 八文字長義・恐るべき切れ味を秘めた豪刀

    2017.09.28
  6. 浦島虎徹・異風な彫で有名な虎徹

    2017.09.02
PAGE TOP