Loading

刀剣ブログ

小脇差と寸延短刀

小脇差と寸延短刀

小脇差と寸延短刀

刀剣界では、刃渡りが一尺(約30.3cm)を越えた長めの短刀のことを寸延短刀、一尺から一尺三寸(約39.4cm)くらいまでの短めの脇指を小脇指(現代の登録制度ではどちらも脇差扱い)といいます。
どちらも大刀に添えて指すという用途は同じようなものなのですが、時代によって生み出された背景が異なります。
短刀の様式が凡そ確立した鎌倉中期よりも前に製作された短刀の遺例は極めて少なく、そのほとんどは山城伝か大和伝であり、それ以外の遺例は豊後行平などの数口に留まります。鎌倉中期に入ると粟田口国吉や藤四郎吉光など短刀と得意とする刀工も出てきますが、寸延短刀の作例は数口ほどございますが比較的少なく、現存している寸延短刀のほとんどは鎌倉末期以降の作です。鎌倉末期、南北朝期に入ると時代の要求からか山城伝、備前伝、相州伝などから様々な寸延短刀が作られるようになります。山城では、来派の来国光や国次、長谷部派の長谷部国重や国信、備前では長船兼光や長義など、相州伝では貞宗や信国などの作が代表的遺例といえると思います(こうして主な製作者を挙げてみると他国でも相州伝の影響を受けた刀工が多く感じられます)
後の時代になると前述の刀工たちの作がもてはやされるようになり、後代の刀工たちによって写しが作られるようになりました。特に新刀初期である慶長期には、古名刀の写しが多く製作され、現存しています。中には、写しを製作した後に戦火や火災などにより本歌が焼失したもの、或いは本歌が焼失したため再刃をした際に製作した写しなどもございますので、それらの写しは貴重な資料となっています。
また、復古刀と唱えた水心子正秀の影響を受けた新々刀期にも多くの古名刀の写しが製作されました。

個人的には、古刀期に製作された長めの短刀を寸延短刀、それらを元にして新刀期以降に製作された短めの脇指を小脇指と考えています。その理由としては、ほとんど短刀が製作されなかった新刀期に作られた寸延短刀を製作当時の人たちは短めの脇指としてとらえていたのではないかと推測しているからです。実際、慶長新刀にはかつての打刀のような長めの平造の脇指がまま見受けられ、その後の新刀中期以降にも長めの平造の脇指は製作されています。しかし、もし寸延短刀を短刀としてとらえていたのであれば、それらと同様に新刀中期以降にももっと短刀が製作されていたとしても不思議はないはずです。
ですので、製作した刀工たちの考えはともかく、注文主である武士たちは寸延短刀を小脇指として考えていたのではないかと私は考えています。

これはあくまでも私見です。展覧会での展示の際にも、責任者の方の考えで同じ刀が寸延短刀になったり小脇指になったりすることもよく見られます。ですので、美術館等でご覧になる際にも何が正解とは思わずにそういう考えもあると考えてご覧いただければ幸いです。

新身来国光

脇指 銘 来国光(名物新身来国光) 刃長32.2cm

一柳安吉

短刀 銘 左安吉(名物 一柳安吉) 刃長32.0cm

脇指 銘 宇都宮大明神 相模国住人広光八幡大菩薩 文和五年卯月日

脇指 銘 宇都宮大明神 相模国住人広光八幡大菩薩 文和五年卯月日 刃長32.1cm

脇差 銘 長谷部国重

脇差 銘 長谷部国重 刃長37.3cm

脇差 銘 信国

脇差 銘 信国 刃長36.7cm

寸延短刀、小脇指は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

画像:国宝 脇差 銘 来国次 刃長32.7cm

大和五派・大和伝を代表する諸派

日光一文字・名軍師所縁の刀

関連記事

  1. 本阿弥家とは

    2017.11.11
  2. 刀剣古典書物

    2018.02.27
  3. 日本刀の号とは

    2017.09.30
  4. 上古刀・古刀・新刀・新々刀・現代刀

    2017.08.20
  5. 日本刀の造り込み

    2018.02.10
  6. 日本刀名称・刀剣各部名称

    2017.06.27
PAGE TOP