Loading

刀剣ブログ

宗三左文字(義元左文字)・天下取りの刀

宗三左文字義元左文字押形

宗三左文字(そうざさもじ)

  • 指定:重要文化財(重要文化財には「名物義元左文字」で指定)
  • 金象嵌銘:織田尾張守信長(名物 宗三左文字)永禄三年五月十九日義元討捕刻彼所持刀
  • 所蔵:建勲神社(寄託先 京都国立博物館)
  • 種別:
  • 流派:左文字派

義元左文字

宗三左文字

義元左文字

宗三左文字

出典:名物刀剣-宝物の日本刀

光徳刀絵図集成(寿斎本)

出典:光徳刀絵図集成

義元左文字押形

出典:垂水半左衛門勝重押形

義元左文字押形

宗三左文字押形 出典:図説刀剣名物帳

左文字についてはこちら

桶狭間の戦利品

本太刀は、享保名物帳所載の名物「宗三左文字」です。号の由来は、元々三好政長(入道名が半隠軒宗三)が所持していたことから名付けられました。後に、三好宗三から武田信虎(信玄の父)へ譲られ、信虎から娘婿の今川義元へ婚礼の引き出物として贈られました。その為、本太刀は義元左文字とも呼ばれています。永禄三年に義元が桶狭間の戦いで討ち死にすると、本太刀は織田信長の手に渡り、「信長公記」によると幾度も試し斬りをさせて切れ味を確かめたあと、信長は元々二尺六寸余りあった本太刀を二尺二寸余に磨上させ、差裏に「織田尾張守信長」差表に「永禄三年五月十九日義元討捕刻彼所持刀」の金象嵌銘を入れさせ、自らの佩刀としました。信長に愛蔵された本太刀ですが、信長の最後の時も共に過ごし、本能寺の変の後に同寺の焼け跡からみつかった或いは信長の夜伽を務めた松尾大社の神官の娘が持って逃げ、父の下へ隠しましたが後に秀吉に献上したともいわれています。豊臣秀吉の手に入った後は、秀頼へと受け継がれ、慶長六年に秀頼から徳川家康へと贈られました。徳川将軍家では本庄正宗と共に殊の外珍重されましたが、明暦の大火で焼け身となると、江戸三代越前康継の手により再刃を施されました。以後も徳川将軍家に伝来し、明治二年に明治天皇が信長に建勲の神号を贈ったことから、信長を祭神とする建勲神社が創建されると徳川宗家から同神社に本太刀が奉納され、大正十二年に旧国宝に指定、戦後は重要文化財に指定され現在に至ります。

別名天下取りの刀

俗に三英傑と呼ばれる信長、秀吉、家康の三者の手を経たことに加え、信長と家康が佩刀としたこと(秀吉か帯びたかどうかは不明です)から、本太刀は別名「天下取りの刀」とも呼ばれています。また、本太刀は本能寺の変と明暦の大火の二度にわたって火事にあっている為、どちらで焼け身となったのかについては、前者で焼けたとする説、後者で焼けたとする説、どちらでも焼けたとする説の三つの説があります。徳川家の公式文書である「徳川実紀」に、家康が大坂御陣では本太刀を帯びたと記されているので、常識的に考えて国の枢軸を決める戦に家康が再刃の刀を帯びて出陣するとは考えにくく、やはり本太刀は本能寺では焼けずに火から逃れましたが、後の明暦の大火で焼け身となったと考える方が良いと思われます。但し、信長と家康の過去の関係から考えると、仮に本太刀がこの時点で既に焼け身であったとしても、この大一番に信長所縁のこの太刀を携えても不思議はなさそうな気がします。

焼け身の為現在は再刃

この太刀は、姿は鎬造、丸棟、身幅広く、鋒は中鋒で猪首ごころとなり、表裏に棒樋を掻通している。地鉄は、小杢目肌よく詰み、地沸厚くつく。刃文は、匂口しまりごころの広直刃(焼け身となる以前は互の目乱れ)に、尖りごころの小乱を焼き、小足入り、帽子は直ぐで小丸(焼け身となる以前は乱れ込んで尖る)となる。茎は大磨上、目釘孔二個、前述の通り差表に「永禄三年五月十九日 義元討捕刻彼所持刀」、裏に「 織田尾張守信長」と金象嵌銘を施している。再刃ではありますが、天下をもたらした名刀として、その伝来は唯一無二のものです。

宗三左文字の展示情報

徳川美術館の夏季特別展『天下人の城ー信長・秀吉・家康ー』にて2017年8月16~9月10まで宗三左文字(義元左文字)が展示されていました。
宗三左文字の次回の展示は江雪左文字、太閤左文字、と共に「 筑前左文字の名刀」にて2018年11月11日(日)~12月9日(日)まで ふくやま美術館で展示されます。
左文字の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

日本刀の刃文について・その1

日向正宗・鬼日向所縁の名短刀

関連記事

  1. 篭手切江・稲葉家と細川家所縁の刀

    2017.08.22
  2. 岡田切吉房・同作中最も華やかな作風を示した作

    2018.09.28
  3. 大倶利伽羅広光・相州広光の代表作の一つ

    2017.12.27
  4. 謙信景光・霊験あらたかな上杉謙信の愛刀

    2017.09.18
  5. 名物刀剣・享保名物帳に掲載された名刀

    2017.06.27
  6. 山鳥毛一文字・天下第一とも称される華やかな名刀

    2018.05.09
PAGE TOP