Loading

刀剣ブログ

ソハヤノツルキ・徳川家康最愛の刀

ソハヤノツルキ

ソハヤノツルキ(そはやのつるぎ)

  • 指定 :重要文化財
  • 切付銘:妙純傳持 ソハヤノツルキ(無銘 伝 三池光世作)ウツスナリ
  • 所蔵:久能山東照宮
  • 種別:太刀(※)
  • 流派:三池派

(※)通常、太刀として製作されたものでも、大磨上無銘の場合は刀として扱いますが、本太刀は生ぶ無銘の為、太刀として扱っています。

ソハヤノツルキ

重文 太刀 切付銘 妙純傳持 ソハヤノツルキ ウツスナリ (無銘 伝 三池光世作)出典:久能山東照宮博物館100選

ソハヤノツルキ

ソハヤノツルキ革柄蠟色鞘打刀拵

革柄蠟色鞘打刀拵 出典:打刀拵 東京国立博物館
附随する打刀拵は、柄に鮫皮を着せた上に黒漆塗とし、さらに藍韋で菱巻にして立鼓を強くとり、小振りの赤胴磨地無文鐔をつける。

革柄-色鞘打刀拵

ソハヤノツルキ革柄蠟色鞘打刀拵2

鐔

小柄笄

蒔絵刀箱覆

蒔絵刀箱

蒔絵刀箱

蒔絵刀箱

重文 蒔絵刀箱 出典:久能山東照宮博物館100選、日本の武器武具、久能山東照宮傳世の文化財 刀剣編
両面倹飩扉(けんどんとびら)つきの刀箱で、総体黒漆塗りで五七桐と葵紋を蒔絵し、細部にわたり入念に仕立てられており、この刀箱は徳川家康の愛刀である三池「重文 太刀 切付銘 妙純傳持 ソハヤノツルキ(無銘 伝 三池光世作)ウツスナリ」、行光「重文 脇指 無銘 伝 行光作」、貞宗「重文 脇指 無銘 貞宗」の三口を納めて、江戸時代には久能山東照宮の社殿の奥深くに置かれていました。

ソハヤノツルキ押形

 

ソハヤノツルキ押形

ソハヤノツルキ 押形

銘についての詳細は不明

本太刀は、生ぶ無銘ですが、三池典太光世の作と鑑せられています。所持銘の「妙純」については、美濃国守護代齋藤利国(往昔集の著者齋藤利安の兄)の入道名が妙純ですので、後の人が「齋藤妙純が持っていたと伝わる」と言う意味で切付銘を入れさせたと考えられていますが、詳細については不明です。また、「ソハヤノツルキ ウツスナリ」の切付銘の意味についても諸説ありますが、一般的には坂上田村麻呂が所持していたと伝わる「そはやのつるぎ」を写したものであろうと解釈されています。但し、御嶽山清水寺(別名播州清水寺)所蔵で現在は東京国立博物館が管理している「騒速」と号される大刀と副剣二口(三口で重要文化財指定)は、それぞれ切刃造と両鋒造ですので鎬造である本太刀とは形状が異なります。他にも坂上田村麻呂が所持していた「そはやのつるぎ」と称される大刀は各地に複数口現存していますが、何れも直刀であり、「騒速」のように僅かな反りが付いているものはあっても、本太刀に近い姿のものはみつかっておりません。したがって、本太刀の本歌である「そはやのつるぎ」という太刀が他に存在したのか、或いは本歌をみることなく刀工が想像で作り上げたのかの何れかになりますが、筆者は本太刀の個性的な姿からみて前者と推察しています。勿論、本歌の「そはやのつるぎ」が既に焼身となっている可能性もありますが、これまでみつかっていないだけでどこかの神社から再発見される可能性も充分考えられます。

家康が最も愛した刀と伝わる

徳川家の公式記録である「徳川実紀」及び本太刀の所蔵先である久能山東照宮の宝物についてまとめた「久能山東照宮宝物解題」を参考にすると、本太刀は徳川家康が生前最も愛した刀であり、戦の時には陣刀としてこれを帯び、夜には枕刀とするなど常に手元に置いていました。家康は、亡くなる直前に家臣の都筑久大夫景忠を召し出し、本太刀で試し斬りを行わせました。試し斬りの結果を聞いた家康は、「この刀の切先を西に向けて久能山へ納めよ」と命じ、遺言通り家康薨去後に創建された久能山東照宮へと納められ、現在も同東照宮の所蔵です。

久能山東照宮のご神体とされる

この太刀は、姿は鎬造、庵棟、写し物の為か長さに比して身幅広く、反り高く、鋒は猪首鋒となる。彫は、表裏に幅広の棒樋と添樋を掻き流している。鍛えは、板目に柾交じり、地沸微塵につき、白気映り立つ。刃文は、小沸出来の中直刃に二重刃など交じり、匂口明るく冴える。茎は、雉股形の生ぶ無銘、鑢目切、茎尻も切、佩表に「妙純傳持 ソハヤノツルキ」佩裏に「ウツスナリ」の切付銘が施されている。本太刀は、流石に天下人の愛刀だけあって健全無比な名刀であるのに加え、実質的な久能山のご神体でもあり、独特なオーラを感じる宝刀です。

宮入昭平刀匠作のソハヤノツルキの写し

ソハヤノツルキ写し

ソハヤノツルキ写し

ソハヤノツルキ写し押形

太刀 銘 妙純傳持 ソハヤノツルキ/ウツスナリ 奉納久能山東照宮御宝前(棟に)為森傳吉氏宮入昭平作之内一 出典:日本の聖地~伝世の神社宝物~図録、現代刀名作図鑑

この太刀は、久能山東照宮所蔵の重要文化財三池光世作太刀の写しで、愛知県の愛刀家森傳吉氏が、宮入昭平刀匠に制作を依頼し久能山東照宮に奉納したものです。宮入刀匠は、この太刀を作るにあたり、昭和三十一年夏、東照宮を訪れて本科を拝観の上、想を練り、製作に着手しました。宮入昭平は大正二年(1913年)長野県の生まれ。山城伝、相州伝等各伝を修め、特に南北朝の名工志津三郎兼氏を目標に修行をつみ、昭和三十八年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。

久能山東照宮の刀剣について

久能山東照宮に伝来する刀剣は、徳川家康所用の刀剣、奉納刀、神宝の三種類に分けられる。
家康所用の刀剣は、家康が生前身の回りに置いた火縄銃(清堯作)や硯箱、目器、洋時計などの道具類等と一緒に家康の死後東照宮に納められたもので、三池の太刀、行光・貞宗の脇指、薙刀二振、鎧二筋である。この内三池の太刀の拵は家康所用として知られる日光東照宮の助真の拵と趣向を同じくする打刀拵である。行光の拵は室町末期から見られる算のない合口式の打刀拵である。貞宗の拵は黒塗の鮫皮を柄に着せた腰刀拵でいずれも渋い雅味豊かなもので家康の人となりを想わせるものがある。これらは寛文四年(一六六四)十一月七日書写になる『久能山御道具之覚』(寛政十一年「御在世御道具」所収)及び「文化十三庚寅年三月、傳家(榊原照久家)古帳面写」と表書のある『久能山御道具之覚』によって確認することができ、後者には「寛文四甲辰年(一六六四)閏五月十日、御社役御免之節引渡候御帳写、右本帳の外題ナリ」とあって貴重である。
奉納刀は将軍家の奉納品と、それ以外の人々の奉納品に分けられる。将軍家の奉納刀は、東照宮の正遷宮が行われた時に、将軍が奉納したもの十二口、将軍の代替に際し新将軍の就任報告に当って奉納したもの四口、将軍の参詣の折に奉納したもの二口、及び昭和になって徳川宗家の家正と慶喜の子孫慶朝氏が奉納したもの二口の計二十口である。これらの奉納刀には桃山時代以来形式化した糸巻太刀が附されている。二代将軍秀忠が奉納した真恒太刀の拵は鞘が金沃懸地に五七桐紋を蒔絵し、金具には五三桐紋が彫られているが、これに対し三代将軍家光奉納の拵は鞘が金沃懸地に三葉葵紋と五三桐紋の時絵を交互に配し、金具には五三桐紋が彫られている。また五代将軍綱吉以後の拵は鞘は梨子地に三葉葵紋を蒔絵で配し桐紋を用いず、金具にも同じ三葉葵紋を彫っており、蒔絵と金具の紋の使用に変化が見られる。この外鞘の肉取は平鞘から次第に肉厚の丸鞘へと移り金具の製作にも少しづつ変化が見られるのであり、江戸時代の太刀拵の様式の変遷が少なからず見られることは誠に貴重である。
将軍家以外の奉納刀は細井勝正、細井源五郎、山田方吉・同繁英、奈良原繁、勝海舟、徳音院慈空が各一口、計六口である。この他に奉納刀と思われるもの一口がある。
神宝の刀剣は幕府から調進された雌雄一対の太刀で、刀身は山城国信吉の作で、現在雌太刀に玉想太刀拵、雄太刀に飾太刀拵が附されている。

出典:久能山東照宮傳世の文化財 刀剣編

ソハヤノツルキの展示情報

ソハヤノツルキは久能山東照宮博物館にて、2018年6月17日~7月6日まで展示されていました。
ソハヤノツルキの次回の展示は未定ですが、久能山東照宮博物館にて不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

太刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
太刀買取なら鋼月堂へ

五畿七道

太刀を一振お買取いたしました

関連記事

  1. 宗三左文字(義元左文字)・天下取りの刀

    2017.12.16
  2. 源来国次・井伊家伝来の短刀

    2019.10.07
  3. 篭手切江・稲葉家と細川家所縁の刀

    2017.08.22
  4. 松井江・鶴姫の引き出物

    2019.12.07
  5. 桑名江・本多忠政の愛刀

    2019.09.22
  6. 鬼丸国綱・北条家の守護剣

    2017.06.14
PAGE TOP