Loading

刀剣ブログ

燭台切光忠・言語を絶する名刀

燭台切光

燭台切光忠(しょくだいぎりみつただ)

  • 指定:なし
  • 銘:無銘 光忠(号 燭台切)
  • 所蔵:徳川ミュージアム
  • 種別:
  • 流派:長船派

燭台切光忠

燭台切光忠

燭台切光忠刀身茎

刀 無銘(名物 燭台切光忠) 出典:刀剣春秋

燭台切光忠 押形

武庫刀纂

武庫刀纂 六巻

数奇な逸話を持つ刀

本刀燭台切光忠は、水戸徳川家伝来の名物燭台切光忠です。号の謂れは、仙台藩初代藩主伊達政宗が粗相をした家臣を手打ちにした際に、燭台ごと切り落としたことに因むといわれています。本刀燭台切光忠は、水戸家の刀剣台帳「武庫刀纂」によると、伊達政宗から見せられた水戸徳川家二代藩主徳川光圀(水戸黄門でおなじみ)が持ち去り、以後同家に伝わったと記載されています。ただ、別の刀剣書「刀剣録(青山延光著)」では、譲り受けたのが水戸徳川家初代藩主徳川頼房となっていて、初代、二代いずれかの藩主が伊達政宗より譲り受けた(持ち去った)のは間違いなさそうです。また前述の「刀剣録」には、元々本刀は伊達政宗が豊臣秀吉に下賜されたもので、その翌日に本刀を帯びて政宗が拝謁した際に「昨日政宗に刀を盗まれた、追いかけろ」と秀吉が小姓をけしかけたという逸話が掲載されています。盗まれたのが本当であれば、本刀は二度にわたって盗まれたことになり、本刀は盗んででも欲しくなるほど魅力的な刀であったと思われます。明治以後も本刀は同家に所蔵されましたが、関東大震災の折に名物児手柏などと共に焼失、現在も焼身ではありますが水戸の徳川ミュージアムに所蔵されています。

長船鍛冶の祖

長船光忠は、刀工集団で最大の流派長船派の祖で、子といわれるものに長光や真長、弟といわれるものに景秀がいます。後の長船鍛冶と比べて、光忠の現存する在銘作はその高い名声の割に少ないです。その理由としては、光忠をこよなく愛し収蔵した織田信長由来の本能寺或いは安土城と共に保管してあった光忠の刀が燃えてしまったことが考えられます。事実、生駒光忠のように金象嵌銘の名物はありますが、本能寺と共に焼失したと伝わる實休光忠など他の在銘の名物級はほとんど現存しておりません。

言語に絶した名刀と激賞される

本刀燭台切光忠は、現在焼身なので鍛えなどを観ることはできず、働きは過去の文献からしか知ることができません。「武庫刀纂」掲載の押形や他の刀剣書の記載を基に書き起こすと下記のようになります。この刀の姿は、鎬造、庵棟、身幅・重ね共に尋常、元先の幅差は少なく、反りは浅めの腰反り、鋒は猪首風となり、表裏に棒樋を掻き通している。肌などは不明であるが、総体に乱れ映り立つ。刃文は、丁字乱れ主調に、互の目、蛙子丁子、尖りごころの刃など交じり、足・葉入る。帽子は、浅く小さく湾れ、焼詰め風となる。茎は、大磨上無銘、先は浅い栗尻、鑢目浅い勝手下がりとなる。現在の姿からは想像しかできませんが、本刀を実際に拝見した「詳註刀剣名物帳」の著者として知られる高瀬羽皐は、その著書「英雄と佩刀」の中で「言語に絶した名刀である」と激賞しています。この記載は、本刀が水戸公が勝手に持って帰りたくなるほどの名刀であることの一つの裏付けになるといえます。

燭台切光忠の展示情報

燭台切光忠(再現作)は徳川ミュージアム企画展「刀 KATANA」にて2018年4月13日(金)~2019年3月31日 (日)まで展示されます。
燭台切光忠は

画像出典元(『武庫刀纂』に描かれた水戸徳川家の名刀」レポ さんより)
個人的に楽しく拝見させていただきました。

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

九州・沖縄地方の刀剣展示会

御手杵・戦災で失われた名槍

関連記事

  1. 五虎退吉光・虎をも退けた名短刀

    2018.02.10
  2. 岩融・弁慶の薙刀

    2018.02.10
  3. 山伏国広・古屋打ちの代表作

    2017.09.28
  4. 古今伝授の太刀・行平の最高傑作

    2017.11.30
  5. 白山吉光・鎌倉中期を代表する名剣

    2019.02.22
  6. 篭手切江・稲葉家と細川家所縁の刀

    2017.08.22
PAGE TOP