Loading

刀剣ブログ

獅子貞宗・戦乱に巻き込まれた悲劇の名刀

獅子貞宗

獅子貞宗(ししさだむね)

  • 指定:重要刀剣
  • 無銘:相州貞宗(名物 獅子貞宗)
  • 所蔵:個人蔵
  • 種別:脇差
  • 流派:相州

獅子貞宗

脇指 無銘 貞宗(名物獅子貞宗)出典:名物刀剣-宝物の日本刀

獅子貞宗押形

獅子貞宗写し

獅子貞宗写し 脇指 銘 なんばんかね しし貞宗のうつし/ 本多飛騨守所持内 越前国康継

名物獅子貞宗と写し

初代越前康継の写し(左)と相州貞宗の本歌(右)出典:日本刀集美

相州貞宗について

号は拵の目貫に由来

本脇差は、享保名物帳所載の名物獅子貞宗です。号の由来は、元々本脇差に付帯していた拵の獅子の目貫に由来します。豊臣秀吉以前の来歴については不明ですが、名刀揃いの一之箱に納められていたことから考えても当時からそれなりの扱いを受けていたと思われます。一期一振など共に大坂夏の陣の際に焼身となり、家康が初代越前康継に命じて再刃されました。家康薨去後は紀州徳川家初代当主徳川頼宣に与えられ、後に頼宣の三男である伊予西条藩初代藩主松平頼純に与えられ本脇差は以後同家に伝わりました。同家を出た後、現在は個人所蔵です。本脇差は、再刃ではありますが「大坂御物」で「駿府御分物」、「享保名物」と名刀の要素が揃っています。むしろ揃っているが為に戦乱に巻き込まれ、焼失した名刀は本脇差のみではなく数多く存在します。ただ、権力者が集めたがる事もまた名刀の条件でもある事も事実です。

見事な彫が印象的

この脇差は、姿は平造、三つ棟、身幅広く、重ね厚く、反り僅かにつく。鍛えは、板目に杢交り、地沸つき、地景入る。刃文は、浅い湾れ基調に互の目交じり、処々砂流しかかり、足入り、僅かに金筋かかる。茎は生無銘、焼身のため鑢目不明。彫は、表裏共に太い樋を掻き流し、表は樋の中に草の倶利伽羅を、裏は三鈷剣を共に浮き彫りにしている。本脇差に再刃を施した越前康継は、本脇差の写しを数口作成しています。その内の一点は「名物刀剣」の展覧会でも並べて展示されていました(画像を参照)元々貞宗の鍛錬が優れていたことに由来するのか或いは康継の技量が優れているのかは推測になってしまいますが、本脇差は再刃でありながらも刃中の働きは見事です。ただ、本脇差が再刃であるために、地刃についての比較は難しいですが、新刀最上作に一人である初代康継の技量をもってしても、彫物に関しては本歌の脇差には及ばないように思います。おそらく、康継もその辺りがあったので写しを複数口製作したのかもしれません。初代越前康継が名工であるが故に、返って相州貞宗の技量の高さが引き立つところに、戦乱における悲劇の結果であるにも関わらず歴史の妙味を感じます。

獅子貞宗の展示情報

獅子貞宗は佐野美術館「REBORN 蘇る名刀」にて2019年1月7日(月)~2月24日(日)まで展示されます。
次回の展示は未定ですが、相州貞宗の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

押形画像 出典:名物刀剣-宝物の日本刀

脇差の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
脇差買取なら鋼月堂へ

一期一振藤四郎・豊臣秀吉の愛刀

終了した過去の全国の刀剣展示会

関連記事

  1. 大般若長光・異例の代付で知られる太刀

    2017.08.04
  2. 山姥切長義・国広に多大な影響を与えた名刀

    2017.09.28
  3. 篭手切江・稲葉家と細川家所縁の刀

    2017.08.22
  4. 名物刀剣・享保名物帳に掲載された名刀

    2017.06.27
  5. 南泉一文字・公案由来の刀

    2018.05.02
  6. 次郎太刀・重厚な大太刀

    2018.03.03
PAGE TOP