Loading

刀剣ブログ

千子村正・千子派・徳川家に祟る刀

千子村正

千子村正(せんごむらまさ)

徳川家に祟る妖刀村正

千子村正は、刀剣に興味のない方でもその名を聞いた事があるほど有名で、その知名度では正宗虎徹と並ぶほどです。しかし、巷間に広く知られている理由の多くは、講談や怪談、時代劇などで「妖刀」として扱われた為で、特に江戸期には徳川家に祟る刀として歌舞伎や浪曲などの演目で多く用いられました。
村正が徳川家に祟る刀といわれた所以について、徳川将軍家の公式記録である「徳川実紀」によると、徳川家康の祖父松平清康が天文四年に家臣に村正の刀で斬られた事に始まり、父広忠が乱心した家臣に村正の脇指で刺され、信長から内通の嫌疑をかけられ、切腹に追い込まれた家康の長男信康を介錯した刀も村正でした。また、家康自身も信長の甥長孝の戦功報告を受けた際に、村正の槍を検分中に手に怪我を負っています。以上が、村正が徳川家に祟る妖刀として一般に広く認知されたと推測される理由なのですが、祖父清康の例はともかく、父広忠の時までは偶然で済んだのでしょうが、家康、信康と四代もこの様な凶事が重なると、村正は徳川家に祟る刀ではないかという話が出てきても不思議はありません。但し、三河と伊勢は近いので、それだけ村正の刀がこの地方で流通していたとも考えられます。仮に、備前や美濃に代々住んでいる一族がいて、親子三代戦争で長船派の刀や関の刀に切られたとしても「長船派(或いは関)の刀は我が家を祟る刀じゃ」とは言わないと思いますので、やはり千子派の刀が現在の東海地方に多く流通していたことと家康が天下をとったことが結びついて「村正=徳川家に祟る刀=妖刀」というイメージが出来上がったのだと思います。実際、徳川家の一族である尾張徳川家は江戸期から現在に至るまで皆焼の村正を所有していますし、徳川四天王の一人本多忠勝の愛槍「蜻蛉切」も千子派の作です。本当に徳川家に祟る刀であれば両家とも改易されているでしょうから、江戸初期はともかく、江戸中期以降は徳川家自体もそこまで重く考えていなかったのではないかと思います。
江戸期の歌舞伎、明治期の講談、現代ではゲーム(おそらく海外のゲームである「ウィザードリィ」が元祖ですね、他にもRPG多数)や漫画(大人気の漫画「ワンピース」で登場する「鬼徹」は村正と虎徹の設定を混ぜたものと思われます)などで取り上げられることが多い村正ですが、「村正=切れる」というイメージを多くの人が持っていることは間違いないので、村正本人の昨今の傾向を苦笑いしながらも喜んでいるのではないかと個人的には感じています。

千子とは「千手観音より賜りし子」の略

千子派は、初代村正に始まり、代々の村正の他に正重や天下三名槍の一つ「蜻蛉切」の作者として名高い正真(三河文殊ともいわれます)などがいます。また、派名である千子の由来については、初代村正の母が千手観音に祈願した際に初代村正を授かった為、「千手観音より賜りし子」を略して千子と称したと伝わっています。しかし、村正の作刀で「千子」と切ったものは見られず、千子と切った作のほとんどは初代が初代村正の子と伝わる千子正重の系統によるものです。一派の作刀の特徴としては、薄い重ね、表裏の揃った刃文、タナゴ腹と呼ばれる独特の形をした茎などが挙げられますが、作風から見る限り、村正は長谷部国重・国信や相州秋広・広光などに私淑したのではないかと考えられています。

三代まで名跡の継承がみられる

初代村正は、古書によれば美濃赤坂兼村の門或いは関兼春の門で、美濃から伊勢国桑名の地に移住したと伝わっています。初代村正の現存する最も古い年紀が文亀元年で、以後名跡の継承がみられ、永正から天文頃の村正が二代、天正頃の村正を三代とされています。
村正の作風には美濃伝の影響が見られ、しかも美濃、尾張、伊勢の三国は近隣ですので、刀工同士の移動(例としては関の和泉守兼定の伊勢山田打ち)や相互交流もあったと考えられます。実際、千子派の特徴ともいえるタナゴ腹は駿河の島田派、相州の小田原相州、武蔵の下原派などの作刀にもみられることから、東海道を介して彼らには何らかの交流があったとも考えられています。

短刀 銘 右衛門尉村正作之

短刀 銘 右衛門尉村正作之 文亀元年八月日 出典:有銘古刀大鑑

妙法村正

刀 銘 村正 妙法蓮華経・永正十天癸酉十月十三日(号 妙法村正)出典:村正Ⅱ―村正と五箇伝―図録

脇指 銘 勢州桑名住村正作

脇指 銘 勢州桑名住村正作 出典:有銘古刀大鑑

刀 銘 勢州桑名住村正 (銀象嵌)梵天

刀 銘 勢州桑名住村正 (銀象嵌)梵天

刀 銘 勢州桑名住村正

刀 銘 勢州桑名住村正(出典:村正ー伊勢桑名の刀工ー

刀 銘 村正

刀 銘 村正(出典:村正ー伊勢桑名の刀工ー)

刀 銘:村正

刀 銘:村正 星川神社蔵(出典:村正ー伊勢桑名の刀工ー)

刀 銘 村正

刀 銘:村正 徳川美術館(出典:村正ー伊勢桑名の刀工ー)

太刀 銘:勢州桑名藤原朝臣村正作/天文甘二年九月吉日(出典:村正ー伊勢桑名の刀工ー)

画像 刀 銘:村正 有栖川宮熾仁親王指料(出典:大名家秘蔵の名刀展図録

千子村正・千子派の展示情報

千子村正・千子派の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

日本刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
日本刀買取なら鋼月堂へ

歌仙兼定・優雅な号と残虐な逸話をもつ刀

日本刀古書・刀剣書籍販売しております

関連記事

  1. 粟田口派・綺羅星の様な名工集団

    2019.04.30
  2. 長曾祢興里(入道銘 虎徹)・江戸新刀の横綱

    2017.09.02
  3. 大和守安定・新刀上々作にして良業物

    2017.08.13
  4. 信国派・山城伝と相州伝を受け継ぐ流派

    2018.04.17
  5. 粟田口吉光(藤四郎吉光)

    2017.06.26
  6. 越中郷義弘(江義弘)

    2017.07.31
PAGE TOP