Loading

刀剣ブログ

小夜左文字・仇討ちに用いられた名短刀

小夜佐文字

小夜左文字(さよさもじ)

  • 指定:重要文化財
  • 銘:左(名物 小夜左文字)
  • 筑州住
  • 所蔵:法人蔵
  • 種別:短刀
  • 流派:左文字派

小夜左文字

小夜左文字

短刀 銘:筑州住・左(名物小夜左文字)出典:昭和大名刀図譜
小夜左文字押形

小夜左文字折紙

左文字についてはこちら

号の由来は西行法師の和歌

本短刀は、享保名物帳所載の名物「小夜左文字」です。号の由来は、「年たけて またこゆべしと 思ひきや 命なりけり 小夜の中山」という西行の歌に因んで所持者の細川幽斎が名付けました。享保名物帳によると、本短刀は元々遠州在住の浪人が持っていて、浪人の死後にその妻が形見である本短刀を遠江国掛川(現在の静岡県掛川市)に売りにいく途中、小夜の中山で山賊に短刀を奪われ、斬り殺されました。その後、残された子どもは母親の妹に育てられ、成人した後掛川の研師に弟子入りしました。そして、ある時研師の元へ浪人が左文字を研ぎに出しにきますが、弟子が浪人からその短刀が女を殺して奪ったものであるという話を聞き、叔母からその時の話を聞いていた弟子は、この浪人があの時の山賊に違いないと確信し、左文字を見るふりをして浪人を殺して仇を討ったという逸話があり、その逸話を聞いた掛川藩主山内一豊が本短刀を手に入れ、それを細川幽斎に懇願されて譲渡しました。江戸期には、細川家、黒田家、浅野家、土井家などの諸大名の手を経ており、その後数人の手を経て昭和初期には戦前を代表する刀工の一人柴田果が所持、昭和十一年に同工の所有で重要美術品に認定されています。昭和二十七年に重要文化財指定、現在は大倶利伽羅広光と同じ大阪府の法人が所蔵しています。

小夜の中山は東海道の難所

小夜の中山は、現在の静岡県掛川市佐夜鹿にある峠で、箱根峠、鈴鹿峠と共に東海道の三大難所の一つです。古くは古今和歌集にも題材として用いられた名所であり、「夜泣き石の伝説」が残ります。「夜泣き石の伝説」とは、「石言遺響(滝沢馬琴著)」によると、その昔お石という妊婦が小夜の中山に住んでいましたが、ふもとの里で仕事をして帰る途中に陣痛に襲われた時、通りかかった男が介抱してくれましたが、お石がお金を持っていることを知ると切り殺して逃げました。その後、お石の傷口から子供が生まれたのですが、そばにあった石にお石の霊が乗り移って夜毎に泣いたため、里の者はその石を『夜泣き石』と呼んでおそれました。生まれた子は夜泣き石のおかげで近くにある久延寺の和尚に発見され、音八と名付けられ、やがて音八は成長すると大和国の研師の弟子となりました。ある日、評判の研師となっていた音八の下に客の一振の刀を持ってきました。持ってきた刀を見た音八が「良い刀だが、刃こぼれしているのが残念だ」というと、その客が「十数年前に、小夜の中山の石の近くで身重の女を切った時に石にあたって欠けたものだ」と言った為に、音八はこの客こそが母の仇と知り、名乗りをあげて仇を討ち、後にこの話を聞き同情した弘法大師が、石に仏号を刻んだものが現在に残る夜泣き石と伝わっています。
「母が殺された」「子供が研師になる」「仇が客としてきて討たれる」という点が「小夜左文字」の逸話と共通していることから、「英雄と佩刀(高瀬羽皐著)」では「小夜左文字」の逸話はこの「夜泣き石の伝説」に基づいた創作ではないかと指摘しています。

左文字の短刀の中では大振り

この短刀は、平造、三つ棟、尋常な同作の短刀と比べると身幅やや広く、僅かに反りつく。鍛えは、板目に杢目交じり、地景入り、地沸細かく微塵につく。刃文は、小湾れに尖りごころの互の目交じり、焼幅が鋒に向かっていくと次第に広くなり、小沸深くつき、金筋・砂流し頻りにかかり、匂口明るく冴える。茎は生ぶ、鑢目大筋違、先は刃上がり栗尻となり、表に「左」裏に「筑州住」と細鏨で銘を切っている。大左の典型的な作風を示しながら、大振りな体配と覇気に富んだ刃を持つ本短刀は、大左の代表作の一つです。本短刀をこよなく愛した柴田果は、自らの茶室に小夜左庵と名付け、写しを製作していますが、おそらくは本短刀の大振りな姿と砂流しが激しくかかった覇気のある刃に魅了されたのだと思われます。

小夜左文字の展示情報

小夜左文字は2016年11月12日・13日に佐野美術館にて愛染国俊とともに展示されました。
小夜左文字の次回の展示は未定ですが、左文字の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

短刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
短刀買取なら鋼月堂へ

大倶利伽羅広光・相州広光の代表作の一つ

不動行光・主君に殉じた忠臣の愛刀

関連記事

  1. 謙信景光・霊験あらたかな上杉謙信の愛刀

    2017.09.18
  2. 五虎退吉光・虎をも退けた名短刀

    2018.02.10
  3. 青木兼元・孫六兼元の最高傑作

    2018.03.09
  4. 鶯丸・室町以来の名物

    2018.01.17
  5. 名物刀剣・享保名物帳に掲載された名刀

    2017.06.27
  6. 古今伝授の太刀・行平の最高傑作

    2017.11.30
PAGE TOP