Loading

刀剣ブログ

山鳥毛一文字・天下第一とも称される華やかな名刀

山鳥毛

名物 山鳥毛一文字(さんちょうもういちもじ)

  • 指定:国宝
  • 無銘 一文字(号 山鳥毛)
  • 所蔵:個人蔵(寄託先:岡山県立博物館)
  • 種別:太刀(※)
  • 流派:一文字派

(※)通常、太刀として製作されたものでも、大磨上無銘の場合は刀として扱いますが、本太刀は生ぶ無銘の為、太刀として扱っています。

山鳥毛一文字

山鳥毛
国宝 太刀-無銘-一文字(号-山鳥毛)

国宝 太刀 無銘 一文字(号 山鳥毛)出典:昭和大名刀図譜日本のかたな・鉄のわざと武のこころ

黒漆合口打刀拵

黒漆合口打刀拵
太刀姿そのままの体配で柄頭を大きく張らせた丸みをおびた柄に刃方の肉を薄くした鞘で鐔を用いない合口とした拵です。

号の由来に諸説あり

本太刀は、上杉家の御家名物で上杉景勝御手選三十五腰の一つ名物「山鳥毛一文字」です。号の由来については諸説が有り、「上杉家刀剣台帳」によれば本太刀の刃文が山鳥の尾羽に似ていることから「山鳥毛」と名付けられたとも、或いは刃文が遠くに見える野山が焼けているように見えることから「山鳥毛」或いは「山焼毛」と形容したとも記載されています。本太刀は、元々関東管領であった上杉家の重宝で、どのような経緯かは不明ですが、やがて越後守護代である長尾家へと受け継がれました。室町末期には、長尾家中興の祖長尾景忠の子孫である白井長尾氏の当主長尾憲景が所持していましたが、弘治二年に同族である越後長尾氏の当主長尾景虎(後の上杉謙信)が援軍として上野国に出陣した際に、憲景から景虎へと贈られました。以後、同家に伝わった本太刀は、戦後に同家を出るまで上杉家が所蔵しており、昭和十二年に重要美術品認定、同十五年に旧国宝指定、同二十七年新国宝に指定された際の所持者は何れも上杉家十五代当主上杉憲章氏(重美、旧国宝の指定・認定時は伯爵)です。その後、著名な愛刀家として備山の号でも知られる岡野多郎松氏(本刀の他に謙信景光や包丁正宗等も所蔵)が上杉家から譲り受け、現在も個人蔵です。先日、上杉謙信所縁の新潟県上越市が買取を断念したという報道がありましたが、現在は旧長船村を市域とする岡山県瀬戸内市が買取に向けて交渉中とのことです。もし交渉が成立すれば、本太刀が現在の寄託先である岡山県立博物館(所在地は岡山県岡山市)から瀬戸内市が管理運営する備前長船刀剣博物館へ移ることになるのでしょうか。愛刀家とすれば今後が気になるところです。

号の読み方にも諸説あり

一文字派についてはこちらをご覧ください。

上杉景勝腰物目録

上杉景勝腰物目録 出典:国宝上杉家文書図説

因みに、本太刀は現在一文字極めですが、前述の「上杉家刀剣目録」によれば元々は長船兼光と極められており、いつ頃極めが変わったのかについても定かでありません。また、号の読み方についても「やまとりげ(或いはやまどりげ)説」と「さんちょうもう(或いはさんしょうもう)説」の二つがありますが、ここでは「上杉景勝腰物目録(画像参照)」に基づき「さんちょうもう」としています。
また、これほど世に広く知られている名刀であるにも関わらず、不明な点が多いのも本太刀の特徴の一つです。

天下第一とも称される華やかな刃文

この刀は、姿は鎬造、庵棟、長大で身幅広く、鋒は猪首鋒となり、腰反り高く、踏ん張りがあり、豪壮な体配を呈している。鍛えは、大板目、刃文が華やかなこの手の刀に見られがちな荒れた地鉄はなく細かに肌立ち、淡く乱れ映り立つ。刃文は、鎬筋を越えるほどの重花調の大丁子乱れに、足・葉頻りに入り、金筋かかる。帽子は、横手上で張って湾れ込み、表は先掃きかけ、裏は尋常、先尖りごころの小丸となる。彫は、表裏に力強い棒樋を掻き通している。茎は生ぶ無銘、鑢目勝手下がり、先栗尻となる。本作は、鎌倉中期特有の豪壮な体配に、現存する福岡一文字派の作としては最も大模様で華やかな丁子刃を呈していることから、斯界でも殊に名高く、その華やかさは天下第一とも称されるほどです。

山鳥毛一文字の展示情報

山鳥毛一文字は岡山県立博物館にて、2017年4月26日から5月21日まで 特別陳列「国宝 太刀 無銘 一文字 山鳥毛」にて展示されていました。
山鳥毛一文字の次回の展示は未定ですが、一文字派の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

国宝 太刀 無銘 一文字(号 山鳥毛)押形 出典:刀剣美術名刀鑑賞編

太刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
太刀買取なら鋼月堂へ

南泉一文字・公案由来の刀

刀身彫刻・日本刀の彫物

関連記事

  1. 小烏丸・平家の重宝

    2018.01.20
  2. 燭台切光忠・言語を絶する名刀

    2017.10.25
  3. 名刀列伝・名物とよばれる名刀

    2018.04.05
  4. 蛇切国吉・本多家御家名物の短刀

    2017.09.30
  5. 会津新藤五・短刀の横綱

    2018.02.15
  6. 大倶利伽羅広光・相州広光の代表作の一つ

    2017.12.27
PAGE TOP