Loading

刀剣ブログ

来派・山城伝を代表する工房の一つ

来派

来派(らいは)

鎌倉中期から南北朝期にかけて活躍

来派は、鎌倉中期頃の国行を始祖とする一派で、鎌倉末期頃には粟田口派に代わるような形で、山城伝を代表する工房となりました。古説では、来派の祖は国吉といわれていますが、時代や作風で国行と直結するような国吉の作刀が見られないことから、今日では国行を来派の事実上の祖とするのが通説です。また、来派は、国行を始めとして、二字国俊、来国俊、来国光、来国次と一門の直系がいずれも最上作です。これは非常に稀な事で、他に同様の例がみられるのは同時期の長船正系(光忠、長光、景光、兼光)のみです。他にも、同派は了戒や来国長、来国末などの名工も輩出しており、鎌倉中期から南北朝期にかけて一世を風靡しました。

明石国行

太刀 銘:国行(号 明石国行)出典:昭和大名刀図譜

国俊には別人説がある

下記に来派の主な刀工を列記します。
来派の祖国行は、別名来太郎といい、父は国吉と伝えられています。国行には年紀のある作刀はみられませんが、子と伝わる国俊に弘安元年紀の太刀があるので、その製作時期は正元頃と推測されています。国行の太刀姿には、身幅が広く、猪首鋒となった豪壮な姿のものと細身で小鋒の優美な姿のものの二様がありますが、前者の方が比較的多く、後者の作例は少ないです。国俊は、来国行の子で「国俊」と銘を二字に切るものは、後述の「来国俊」と三字に切るものと区別する意味で「二字国俊」と呼ばれています。来国俊は、二字国俊の子、あるいは来国行の子と伝わっています。生年は、正和四年紀の作に七十五歳と切られた太刀があることから、仁治元年の生まれであるとわかります。没年は不明ですが、元亨元年紀の太刀が現存するので、少なくとも八十一歳までは存命であったと思われます。
この二字国俊と来国俊との関係については、古来より同人説と別人説があります。同人説は、当時としてはかなりの長命であったが故の一人の刀工による作風の変遷とみなしています。一方の別人説では、別人であるが故に作風の相違が区分しうるとされています。両者の作風の相違点としては、二字国俊が来国行を思わせるような身幅たっぷりとして猪首鋒の豪壮な姿に丁子の目立つ華やかな乱れを焼くものがほとんどであるのに対して、来国俊は細身の優しい姿に直刃基調の温和な刃文を焼くものが多く見られます。因みに、来国俊は短刀の名手としても知られていますが、二字国俊の短刀の在銘作は名物愛染国俊(重要文化財指定)の一口のみであることも別人説の有力な根拠の一つとなっています。

太刀 銘:来国俊・元亨元年十二月日

太刀 銘:来国俊・元亨元年十二月日(景勝公御手択三十五腰) 出典:大名家秘蔵の名刀展図録

太刀 銘 来国俊 

太刀 銘:来国俊 出典:日本刀物語

蛍丸 太刀-銘:来国俊永仁五年三月一日

太刀 銘:来国俊/永仁五年三月一日(蛍丸 肥後国阿蘇神社宝物として伝来)出典:阿蘇神社展 刀剣の美

名物愛染国俊

短刀 銘:国俊(名物愛染国俊)出典:昭和大名刀図譜

国光と国次は太刀の遺例が少ない

来国光は、来国俊の子または門人と伝えられ、鎌倉末期から南北朝期にわたる山城伝の代表工です。同派の中でも最も作域が広いのが特徴で、在銘作も多いですが、そのほとんどは短刀で、太刀の在銘作は比較的少ないです。また、国光は父来国俊同様に短刀の名手として知られていて、名物有楽来国光(国宝指定)や名物池田来国光(重要文化財指定)など名物も多く現存しています。
来国次は、来国俊の門人と伝えられていて、来国光の従兄弟または弟という説もあります。それまでの来派には見られなかった、乱れ主調の沸の強い刃文や地沸が厚く地景の入る鍛えなど、相州伝の影響を反映したかのような作風を示すことから、来国次は古来より正宗十哲の一人に数えられていて、別名「鎌倉来」とも呼ばれています。また、その作品の多くは短刀や小脇指で、来国光よりも更に太刀の遺例が少ないです。

有楽来国光

国宝 短刀 銘:来国光(名物 有楽来国光)出典:昭和大名刀図譜

池田来国光

重文 短刀 銘:来国光(名物 池田来国光)出典:昭和大名刀図譜

塩河来国光

短刀 銘:来国光(名物 塩河来国光)出典:名物刀剣-宝物の日本刀

国宝 脇指 銘:来国次 出典:昭和大名刀図譜

太刀 銘 来国次

太刀 銘:来国次 出典:日本刀鑑賞のしおり

押形:短刀 銘 国俊(愛染国俊)出典:図説刀剣名物帳

来派の展示情報

来派の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

刀剣の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀剣買取なら鋼月堂へ

会津新藤五・短刀の横綱

茎の種類

関連記事

  1. 信国派・山城伝と相州伝を受け継ぐ流派

    2018.04.17
  2. 延寿派・南朝方についた刀工集団

    2018.03.17
  3. 古京物・山城伝の源流

    2018.03.10
  4. 長船派・名実ともに日本刀を代表する一大流派

    2018.04.04
  5. 千子村正・千子派・徳川家に祟る刀

    2018.02.13
  6. 長船長義・兼光と共に南北朝期の備前の代表工

    2017.09.28
PAGE TOP