Loading

鋼月堂の理念

日本刀と鋼月堂

日本刀を知るということは日本人の心と日本の歴史を知ることです

最近、実在した刀を擬人化したゲーム(刀剣乱舞)が大変流行しています。
ゲームをきっかけに刀に興味を持ち、刀の展示会や鑑定会に出かけたり、居合を始めたりされる若い方も大変増えています。私共、刀を扱わせて頂いているものとしては大変嬉しい話です。私共では、刀を単なる美術品としてではなく日本の魂もしくは大事な資産ととらえております。

お客様の刀を拝見させて頂く際、必ず一礼してから拝見させて頂きます。
それは、刀を打った刀工に、沢山の人の手を経て受け継がれた刀の現在の持ち主に、そして刀自身への敬意です。室町期以降、戦闘様式の変化により、既に戦の主力は刀では無く、弓と槍でした。鉄砲が使われる様になってからは尚更です。

其れでも、刀は古来より日本人にとって神聖なもの、邪を払うものとされて来ました。古の日本神話にも登場する剣から始まり、各地の神社への奉納、武士への恩賞、武家や公家間の贈答、あるいはステータスとして今日まで伝わってきました。もはや刀を腰に差さなくなった現在でも、人間国宝の打った刀が皇室に献上され、神式の結婚式では剣に拝礼をし、子供が産まれたら繁栄を願って御守り刀を贈り、人が亡くなれば魔除けの為に布団や棺桶の上に枕刀を置きます。あと、皆様がよく目にする機会でいうと横綱が土俵入りする時にも必ず携えますね。

また言葉にも刀に関する用語は日々の生活に根強く残っています。「反りが合わない」「元の鞘に収まる」「鐔競り合い」「鎬を削る」「相槌を打つ」など由来のわかりやすいものから「とんちんかん」「土壇場」「目抜き通り」「切羽詰まる」など刀に由来していることも知らずに使用している言葉もあります。それだけ刀は、長い年月を日本人の生活に寄り添ってきたのです。

刀は日本が世界に誇る「鉄の芸術品」です。鉄という素材をここまで昇華させた技術は世界に冠たるものだと思います。しかし、そんな刀でも手入れをしなければ、傷みます。文字通り「身から出た錆」です。手入れをされなくなり放置されている、刀剣武具等がございましたら御連絡下さい。時代は変わりましたが、おそらく刀はこれからも永きに渡って受け継がれていくと思います。その為の御手伝いをさせて頂ければ幸いです。

刀剣買取専門【鋼月堂】

お電話でのお問合せ
0120-503-085(平日10:00~18:00)

FAXでのお問合せ
050-3488-3279

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

出張・宅配・委託販売
刀剣買取方法

PAGE TOP