Loading

刀剣ブログ

御手杵・戦災で失われた名槍

御手杵

御手杵(おてぎね)

  • 指定:なし
  • 銘:義助作(号 御手杵)
  • 所蔵:焼失の為現存せず
  • 種別:槍
  • 流派:島田派

御手杵

御手杵

御手杵

出典:本阿弥光遜 著「日本刀」

戦災で失われた名槍

本槍は、「日本号」「蜻蛉切」と共に天下三名槍の一つに数えられる名物「御手杵」です。号の由来は、本槍の鞘が細長く杵のような形(現在千本杵と呼ばれる杵の形状をかつては手杵と呼んでいた)をしていたことから付いたと言われています。本槍は、下総国結城の大名結城晴朝が島田義助に注文して作られたもので、晴朝から養子の結城秀康、秀康の五男松平直基へと受け継がれ、以後直基の子孫が代々所持しました。その間に、槍の鞘としてそれまでの細長い杵形(現在の千本杵)から中央が窪み両端が膨らんだ杵形(現在の手杵)をした馬印用のものが作られました。元々、馬印は戦国期には本陣(大将がいる場所)の目印でしたが、平和な江戸期に入ってからは大名行列の先頭に掲げられるものとなりました。各大名家毎に馬印は異なるので(江戸期の紳士録である武鑑には各藩の馬印も掲載されています)先頭の馬印をみれば「あっ、〇〇藩の行列だ」とわかるようになっていました(現在の企業のコーポレートマークに近いかもしれません)したがって、御手杵をみた観衆は「おっ、松平様のお行列だ。相変わらずご立派な槍だねえ」というようなことを言っていたのではないでしょうか。明治以後も松平家が所蔵していた本槍ですが、残念ながら昭和20年の東京大空襲で名物式部正宗などと共に焼失しました。現在、本槍には資料を元にして製作された複数のレプリカが存在しますが、本身の槍の写しが上林恒平刀匠とその弟子高橋恒厳刀匠の手で今年中に完成予定です。

槍の名手島田義助

「御手杵」の作者として知られる島田義助は、島田鍛冶の代表工としてだけでなく槍の名工としてもその名を知られています。
義助は、銘鑑では初代が康正頃の人と伝え、今川義忠の諱の一字を貰い義助と銘したと伝えられています。以後、古刀期には四代まで代の継承が見られます。また義助は、代々槍の製作を得意とした為に短い物を製作する機会が多かった為か、或いは駿河国が戦国期に戦の多い地であった為に長い刀などが消耗されたせいなのかは不明ですが、脇指や短刀の作刀数と比較して、刀の作刀数が少ないのも特徴です。
島田派は、駿河国志太郡島田(現在の静岡県島田市)に居住した刀工群で、主に駿河国の守護である今川家や甲斐国の守護である武田家の下で作刀をし、駿州のみならず一派の甲州打ちや武田家の家臣の注文打ちもみられます。また、俗に小田原相州と呼ばれる末相州鍛冶とも交流があり、義助と綱家の合作刀や一派の相州打ちが現存しています。一派の代表工は義助、それに義助の弟子と伝わる広助と助宗の三工が島田三傑とも呼ばれています。

刀鍛冶と茶の湯

因みに、茶の湯と刀剣には名物以外にも様々な関わりがありますが、意外と知られていないのが茶の湯のルーツにも刀鍛冶が関わっていることです。茶の湯を大成したのではご存知の通り千利休ですが、その師である武野紹鷗や茶の湯の祖と呼ばれる村田珠光に大きな影響を与えたと言われている人物の一人に連歌師宗長がいます。連歌は、戦国期から江戸期にかけて武家の教養として必須とされた詩歌の一形態で、後に俳諧の源流となりました。駿河国に生まれた宗長は、初め駿河国守護今川義忠(義元の祖父)に仕えていましたが、義忠が家臣の反乱で戦死した後に上洛し、連歌を連歌師宗祇に、禅を一休宗純に学び、宗祇の死後は連歌界の第一人者として指導する傍ら、各地の大名や多くの文化人と交流しました。その中には、歌人としても著名な三条西実隆や茶人武野紹鷗や村田珠光もおり、彼らとの交流は初期の茶の湯に多大な影響を与えました。また「武士のやばせの舟は早くとも急がば回れ瀬田の長橋」という和歌を詠んだことから「急がば回れ」の提唱者としても知られています。そんな宗長ですが、実は前述の刀鍛冶島田義助の子です。刀鍛冶の子供が文化人となり、後に多方面に影響を与えたというのが面白いですね。

天下三名槍で最も長大な槍

本槍は焼失し、現存しておりませんので、内容については古文献を基に記載させて頂きます。この槍は、刀身四尺六寸余りの長大な大身槍で、形状は三角、平の部分に棒樋を深く掻いている。鍛えは、杢目で柾目強く入る。刃文は、小沸出来の直刃を焼いている。茎は、二尺五寸、鑢目切、「義助作」の三字銘を切っている。「旧版日本刀講座」には目方が7貫目(26.25kg)と記載されている(明記されていませんが、おそらく拵込の目方と思われます)ので、作る方も持つ方も大変だった(結城晴朝と同秀康は扱えたと言われています)と思います。本槍は、その長大さと出来映えから現存していれば天下三名槍の一つとして相応しい風格を漂わせたであろう島田義助の代表作です。

御手杵の展示情報

御手杵は焼失してしまいましたが、御手杵の写しや、島田義助の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

槍 銘 義助(名物御手杵)出典:日本刀講座(第壱巻)

燭台切光忠・言語を絶する名刀

近畿地方の刀剣展示会

関連記事

  1. 日本号・呑取りの槍

    2017.10.18
  2. 蜻蛉切・本多忠勝の愛槍

    2017.11.02
  3. 天下三名槍(てんがさんめいそう)とは

    2018.09.20
PAGE TOP