Loading

刀剣ブログ

日本刀の押形について

押形

本刀の押形

現代では写真技術の向上により日本刀の刀身・茎を綺麗に撮影することができるようになりました。また、白黒からカラーに進化したことにより、刀身の質感や茎の古さまで感じ取れるようになりましたが、写真のなかった時代では、日本刀の刀身・茎を記録するためには絵図や押形を採るしかありませんでした。しかし、先人達のその努力のお陰で、現在でも焼失した、或いは所在が不明の刀剣でも、我々が内容を見ることができるのです。

押形

押形のやり方

和紙に刀剣の姿を写すには鉛筆や墨などを用いる方法がありますが、現在最もポピュラーなのは「石華墨」を用いたやり方です。これがもっともやりやすく、刀身・茎に大きな影響がありません。やり方や注意点をしっかり理解していればどなたでも手軽にできます。逆に最も困難な方法が墨を用いる方法です。墨の濃淡を用いて採った押形や絵図は素晴らしいものですが、その特性上失敗したらやり直すしかありませんので、熟練するには時間がかかります。

古来の押形本

下記に主な絵図や押形集などの刀剣書を列記します。

往昔抄

美濃国の齋藤利匡が永正十三年に著した刀剣書で、その父元粛が集めた茎図から抜粋した物を京物、東国物などに分類・編集した冊子です。原本は、永正十四年に美濃国長良で起きた騒乱の際に行方不明となりましたが、その後、利匡の友人平直滋がこれを見つけ、その礼として利匡が直滋に転写を許しました。原本は、再び行方不明となり、直滋により転写された物が現在に残る「往昔抄」です。写本ではありますが、室町期の貴重な資料である為に、昭和十九年に重要美術品に指定されています。

本阿弥光心押形集

本阿弥光徳の祖父・光心の採った刀の押形集です。弘治二年の奥書があり、鳴狐や不動国行などの名物が記載されています。原本は存在せず、現存するものは写本です。

太閤御物刀絵図(別名 光徳刀絵図)

本阿弥光徳が描いた刀の茎と切先の絵図です。「毛利本」や「大友本」など記載内容の異なる五つの写本が存在します。後に焼身となった一期一振や鷹ノ巣三条などが掲載されているなど資料的にも貴重な刀剣書で、「毛利本」は重要文化財に指定、「大友本」と「埋忠本」は重要美術品に認定されています。

埋忠押形

慶長年間から慶安年間までに、埋忠寿斎・明甫などに依頼された刀の金具製作・磨り上げ・象嵌入れ・彫刻などの工作控え帳です。刀剣の押形以外に、日付や寸尺、折紙の枚数などが記載されています。

光山押形

本当は、光山の子供本阿弥光貞の著作、江戸期を代表する刀剣書の一つ。二千七百余の古刀の茎を掲載しています。

継平押形

享保二年に、八代将軍徳川吉宗の命により二代近江守継平が作成した押形集で、将軍家所蔵の刀剣が二百余掲載されています。

土屋押形

幕末の刀剣研究家土屋温直が採った押形集、茎と共に鋒も写しています。所載数も多く、資料的にも貴重な刀剣書です。

土屋押形

土屋押形 大正15年、中央刀剣会

画像:継平押形 : 附・本阿弥光徳同光温押形集

日本刀・刀剣 各都道府県教育委員会一覧

一期一振藤四郎・豊臣秀吉の愛刀

関連記事

  1. 干支と月の異称

    2018.06.05
  2. 本歌と写しと再現作

    2019.01.08
  3. 刀剣古典書物

    2018.02.27
  4. 日本刀名称・刀剣各部名称

    2017.06.27
  5. 重要美術品について

    2017.11.25
  6. 太刀銘と刀銘・表銘と裏銘

    2017.07.05
PAGE TOP