Loading

刀剣ブログ

大阪の神社・仏閣所蔵の刀剣・奉納刀

大阪の神社・仏閣所蔵の刀剣・奉納刀

大阪にある寺社(神社・仏閣)に所蔵・奉納された刀剣を重要文化財を中心にご紹介します。

住吉大社

〒558-0045 大阪府大阪市住吉区住吉2丁目9−89
全国にある住吉神社の総本社で、昔から「すみよっさん」の愛称で呼ばれています。

重文 太刀 銘 守家
守家は長船に隣接する畠田に住したと言われ、世上、畠田守家と呼ばれています。
重文 刀 銘 小野繁慶/奉納接州住吉大明神御宝前
繁慶作の奉納刀では金剛三昧院(和歌山県)の寄進状附きの2口 重文 刀 銘 繁慶と日御碕神社(島根県)の重美 刀 銘 小野繁慶/奉納出雲国日御碕霊神が知られています。

開口神社

〒590-0953 大阪府堺市堺区甲斐町東2丁1−29
大寺さんの通称で知られる堺市堺区にある神社です。

重文 短刀 銘 吉光
社伝によれば室町幕府10代将軍の足利義稙が開口神社に寄進したといわれています。大阪城天守閣に寄託されています。

妙国寺

〒590-0942 大阪府堺市堺区材木町東4丁1−4
妙國寺所蔵には新藤五国光の短刀 銘 国光や長船長義の脇差 朱銘 長義の2口の重要文化財があり、堺市博物館に寄託されています。

重文 短刀 銘 国光
茎には三個の目釘孔がありますが、そのうち二個は一部が重なっており、「国光」と切った銘の「国」の上部も目釘孔によって欠損しています。古はばきの表裏に「妙」と「法」の文字が透かし彫りしてあります。
重文 脇差 朱銘 長義
表に素剣に爪、裏は護摩箸に爪の彫物があり、茎先ちかくに「長義」の朱銘があります。なお、本作には本阿弥家十三代光忠の折紙(鑑定書)が附属しています。

岸城神社

〒596-0073 大阪府岸和田市岸城町11−30
四條畷の戦いで敗れた楠木正行を祀る神社です。

重文 刀 無銘 伝一文字
高槻藩主から岸和田藩主へ移った岡部家が岸城神社に奉納したもので無銘ですが鎌倉時代の備前国一文字派の作とされています。

四條畷神社

〒575-0021 大阪府四條畷市南野2丁目18−1
岸和田だんじり祭発祥の宮として知られています。大阪歴史博物館寄託に寄託されています。

重文 太刀 銘 包永
大和には千手院・尻懸・手掻・当麻・保昌の五大流派があり、包永は手掻派の第一人者、東大寺輾害門の付近で作刀したと伝えられています。この太刀は小杢目肌に直刃を焼き小模様な足が良く入る。

誉田八幡宮

〒558-0045 大阪府大阪市住吉区住吉2丁目9−89
全国で最も古い八幡宮として知られています。大阪歴史博物館に寄託されています。

重文 太刀 銘 則国(金象嵌銘)大橋入道式部卿法印竜慶/献上誉田八幡宮 世人若奪之可受神罸也
この太刀は誉田八幡宮とゆかりの深い大橋竜慶が江戸初期、寛永年間に奉納したもので直刃の刃中に働きの多い則国の傑作です。
重文 剣 銘 真守
大原真守あるいは畠田真守の作と伝えられています。
重文 薙刀 無銘 当麻(鉄蛭巻薙刀拵)
源頼朝の奉納と伝える蛭巻柄の薙刀。

石切劔箭神社

〒579-8013 大阪府東大阪市東石切町1丁目1丁目1
石切さん通称で知られる大阪府東大阪市にある神社です。

重美 太刀 銘 有成 (号 石切丸)
太刀 折返銘 宗近(号 小狐丸)
脇指 銘 信濃大掾藤原忠国
短刀 銘 来国俊
小狐丸写し 月山貞勝作

粟田口吉光

長船長義

一文字派

大和五派

また大阪府指定有形文化財では守居神社刀(守居神社所蔵)、佐太天神宮太刀(佐太天神宮所蔵・大阪歴史博物館に寄託)などがあります。

国宝では天野山金剛寺所蔵の剣 無銘 黒漆宝剣(京都国立博物館寄託)や四天王寺所蔵の七星剣、丙子椒林剣(東京国立博物館寄託)があります。

大阪で日本刀買取なら鋼月堂へ
日本刀買取の鋼月堂

日光一文字・名軍師所縁の刀

桑山保昌五郎・保昌派を代表する名短刀

関連記事

  1. 岩手の神社・仏閣所蔵の刀剣・奉納刀

    2019.09.07
  2. 青森の神社・仏閣所蔵の刀剣・奉納刀

    2019.09.07
  3. 宮城の神社・仏閣所蔵の刀剣・奉納刀

    2019.09.09
PAGE TOP