Loading

刀剣ブログ

長船派・名実ともに日本刀を代表する一大流派

長船派

長船派(おさふねは)

日本刀を代表する一大流派

長船派は、流派の祖である光忠から始まり、掉尾を飾る与三左衛門尉祐定まで日本刀史上最も多くの刀工を輩出した日本刀を代表する一大流派です。とはいえ、長船派は鎌倉中期から室町末期までの長きに亘って続いた上に、各時代で当時の流行の先端を行く作風を柔軟に取り入れていたことから、長船派には各時代に共通する流派独特の作風といえるものはほとんどありません。しかし、それこそが長船派最大の特色であり、天正十八年に吉井川の氾濫により壊滅的な被害を受け、実質的にほぼ全滅するまで時代の寵児であり続けた所以だと思います。洪水後も藤四郎祐定などの数工が生き残り、その子孫が新刀期の備前鍛冶を支え、備前の伝統を今に伝えてはいますので、長船派の最後を新々刀期までもってくる場合もありますが、実質的には室町末期の末備前が最後とみてもいいと思います。なぜなら、新刀期以後の長船鍛冶はそれまでの作風を踏襲するのみで、新しい作風を生み出していません。少し乱暴な言い方にはなりますが、やはり時代の波に乗れなければ長船派とはいえないと私は考えています。

長船鍛冶は、その時代時代で多くの名工を輩出しており、誰か一人を代表工として挙げるのは難しいです。ですので、「長船派を代表する刀工」ではなく「その時代の長船派を代表する刀工」という表現になると思います。それでも、誰か一人を挙げるならば、やはり代表工は長光ということになります。理由としては、長光の現存する作刀が他の刀工に比べてずば抜けて多いことが挙げられます。事実、長光の作刀は国宝六口、重要文化財二十八口、重要美術品四十口の計七十四口と全ての刀工の中で最も多く国の指定・認定品になっています。
下記で数工の長船派の刀工を紹介します。
光忠は、近忠の子と伝わる刀工で、「備前国長船光忠」という銘が切られた作がある事から事実上の長船鍛冶の祖とみられています。現存する作が比較的少ないのですが、これには光忠の作をこよなく愛した織田信長の影響もあると思います(安土城や本能寺で焼けてしまったため)代表作としては、名物生駒光忠が著名です。
長光は、光忠の子で長船鍛冶を事実上確立した名工です。代表作としては名物大般若長光や津田遠江長光、熊野三所権現長光(いずれも国宝指定)などが知られています。
景光は、長光の子で、長船鍛冶有数の短刀の名手としても知られています。代表作としては、名物小竜景光謙信景光などが挙げられます。
兼光は、景光の子で、切れ味に優れた作刀を多く生み出したことでも知られています。代表作としては、名物一国兼光や福島兼光、波游兼光などが著名です。
鎌倉期の長船鍛冶には、この四工の他にも景秀、長元、近景などがいます。
南北朝期の長船鍛冶を代表する刀工としては、上記の兼光の他に長重、長義、元重、倫光などが挙げられます。
また、南北朝期から室町中期ころまで「小反り派」と呼ばれる傍流の刀工群がおり、代表工としては秀光(最上大業物)などがいます。
室町期に入ると俗に応永の三光と呼ばれる師光、盛光、康光の三工に代表される応永備前、与三左衛門尉祐定や右京進勝光、左京亮宗光などに代表される長船鍛冶の掉尾を飾る末備前があります。作例としてはこの期の作が最も多く現存しています。

光忠(みつただ)

国宝 太刀 金象嵌銘 光忠 光徳(花押)

国宝 太刀 金象嵌銘 光忠 光徳(花押)

国宝 太刀 銘 光忠

国宝 太刀 銘 光忠(出典:昭和大名刀図譜

高麗鶴光忠

刀 金象嵌銘 光忠 高麗鶴 小早川隆景文禄之役佩用(号 高麗鶴光忠)

国宝 刀 金象嵌銘 光忠 光徳(花押) 生駒讃岐守所持(号 生駒光忠)

国宝 刀 金象嵌銘 光忠 光徳(花押) 生駒讃岐守所持(号 生駒光忠

燭台切光忠

刀 無銘(名物 燭台切光忠

旧御物(三の丸尚蔵館蔵)

旧御物(三の丸尚蔵館蔵)太刀 銘 備前国長船光忠

実休光忠

刀 銘 光忠(名物 実休光忠)

長光(ながみつ)

国宝 太刀 銘 長光(名物 津田遠江長光)

国宝 太刀 銘 長光(名物 津田遠江長光)

国宝 太刀 銘 熊野三所権現 長光

国宝 太刀 銘 熊野三所権現 長光(出典:昭和大名刀図譜)

大般若長光

国宝 太刀 銘 長光(名物 大般若長光

太刀 銘 長光(号 高木長光)

太刀 銘 長光(号 高木長光)

鉋切長光

小太刀 銘 長光(名物 鉋切長光)

高瀬長光

重美 太刀 銘 長船長光 文永十一年十月廿五日(号 高瀬長光)

小豆長光

太刀 銘 長光 (号 小豆長光)

重文 剣 銘 長光

重文 剣 銘 長光

景光(かげみつ)

小竜景光

国宝 太刀 銘 備前国長船住景光 元亭二年五月日(名物 小竜景光

謙信景光

国宝 短刀 銘 備州長船住景光 元亨三年三月日(号 謙信景光

重文 太刀 銘 備州長船住景光(号 小浜景光)

重文 太刀 銘 備州長船住景光(号 小浜景光)

重文 短刀 銘 景光

重文 短刀 銘 景光

兼光(かねみつ)

重文 太刀 銘 備州長船住兼光 観応□年八月日

重文 太刀 銘 備州長船住兼光 観応□年八月日(名物 福島兼光)(出典:長船町史刀剣編

一国兼光

重文 太刀 銘 備前国長船兼光 文和二二年乙未十二月日(号 一国兼光

太刀 銘 備前国長船兼光/建武三年丙子十二月日(号 今村兼光)

重文 太刀 銘 備前国長船兼光/建武三年丙子十二月日(号 今村兼光)

大兼光

重文 刀 金象嵌銘 備前国兼光 本阿弥(花押)(名物 大兼光)

波游兼光

重美 刀 金象嵌銘 波およき末代劔兼光也 羽柴岡山中納言秀☐所持之(名物 波游兼光)出典:備前刀剣王国

水神切

重美 刀 銘 備州長船住兼光/康永二年十一月日(号 水神切兼光)出典:備前刀剣王国

後家兼光

刀 大磨上無銘 伝長船兼光(号 後家兼光)出典:静嘉堂名刀百選

刀 無銘 名物 城井兼光

刀 無銘(名物 城井兼光・松井兼光)

景秀(かげひで)

くろんぼ切

重文 太刀 銘 景秀(号 くろんぼ切)

近景(ちかかげ)

重文 太刀 銘 備前国長船住近景/建武二年五月日

重文 太刀 銘 備前国長船住近景/建武二年五月日

長重(ながしげ)

国宝 短刀 銘 備州長船住長重 甲戌

国宝 短刀 銘 備州長船住長重 甲戌(出典:昭和大名刀図譜)

元重(もとしげ)

見返り元重

重文 刀 折返銘 備前国長船住元重(金象嵌)見返 昔某氏斬人某人顧而 為二依名之/元禄二已夏熊本侯所贈於養世公今茲 明治元辰秋授 臣菅実秀 忠篤(号 見返り元重)

盛光(もりみつ)

重文 太刀 銘 備州長船盛光 応永廿三年十二月日

重文 太刀 銘 備州長船盛光 応永廿三年十二月日(出典:昭和大名刀図譜)

祐定(すけさだ)

重文 刀 銘 備前国長船与三左衛門尉裕定 為栗山与九郎作之 永正十八年二月吉日

重文 刀 銘 備前国長船与三左衛門尉裕定 為栗山与九郎作之 永正十八年二月吉日(出典:昭和大名刀図譜)

押形 重文 太刀 銘 備州長船住兼光 観応□年八月日(名物 福島兼光)(出典:長船町史刀剣編)

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

太刀と刀の違い

名刀列伝・名物とよばれる名刀

関連記事

  1. 延寿派・南朝方についた刀工集団

    2018.03.17
  2. 粟田口派・綺羅星の様な名工集団

    2019.04.30
  3. 来派・山城伝を代表する工房の一つ

    2018.02.15
  4. 千子村正・千子派・徳川家に祟る刀

    2018.02.13
  5. 一文字派・刀剣史上最も華やかな作風をもつ流派

    2018.03.08
  6. 信国派・山城伝と相州伝を受け継ぐ流派

    2018.04.17
PAGE TOP