Loading

刀剣ブログ

長船長義・兼光と共に南北朝期の備前の代表工

大坂長義

長船長義(おさふねちょうぎ)

兼光と共に最上作

長船正系である同時代の兼光と並んで、南北朝期の備前を代表する鍛冶の長義は、祖父が長船真長、父がその子の光長であると伝わっていて、兄弟といわれる者に長重がいます。長義は、数ある備前の刀工の中でも異色の鍛冶として知られていて、備前物の中で最も備前らしくないのが長義であるともいわれています。備前物は、その時代の流行をいち早く取り入れて作風に生かしますが、あくまでも父祖以来の伝統に加味する程度ですので、長義のように流行をそのまま取り入れる刀工は非常に稀です。

桜花に喩えられるほど華やかな刃文が特徴的

共に最上作であり、作刀期間も重なる時期があることから、古来より長義は兼光とよく比較され、互いの作風の特色から前者を桜花に、後者を梅花に喩えています。おそらくは、長義の出入りのある乱れ刃と兼光のおっとりとした湾れ刃を捉えて比喩したものと思われます。また、長義の太刀の在銘作は少なく、現時点では重要文化財二口、特別重要刀剣一口、重要刀剣三口の計六口(但し額銘を除く)を数えるのみです。長義の作には名物も多いですが、「大坂長義」など比較的在銘作が現存する短刀を除いた場合、「六股長義」「八文字長義」なども含めて刀の名物のほとんどは無銘極めの作です。また、長義の作風には大別すると匂勝ちなものと地刃の沸が強いものの二種があります。在銘物の大半は前者、後者の大多数は無銘極めですが、在銘物の後者の代表作が名物大坂長義です。

長船長義の展示

長船長義の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

山姥切

刀 銘 本作長義天正十八年庚寅五月三日九州日向住国広銘打・天正十四年七月甘一日小田原参府之時従屋形様被下置也 長尾新五郎平朝臣顕長所持(号 山姥切長義

大坂長義

短刀 銘 備州長船住長義 正平十五年五月日(号 大坂長義)(出典:昭和大名刀図譜

六股長義(六股切)

太刀 銘 (額銘)長義作 (号 六股切・六股長義)(出典:日本刀大鑑)

八文字長義

刀 無銘 長義(号:八文字長義) (出典:日本刀集美

重文 太刀 銘 備州長船住長義

重文 太刀 銘 備州長船住長義

重文 太刀 銘 備前国長船住長義 

重文 太刀 銘 備前国長船住長義

刀無銘長義

刀 無銘 長義(出典:備前刀剣王国

刀 無銘 長義

刀 無銘 長義(出典:佐野美術館図録日本刀

短刀 銘 備州長船長義・応安七年十月日

短刀 銘 備州長船長義・応安七年十月日(出典:佐野美術館図録日本刀)

押形 短刀 銘 備州長船住長義 正平十五年五月日(号 大坂長義)(出典:刀剣押形大鑑

日本刀・刀剣の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
日本刀買取なら鋼月堂へ

山姥切長義・国広に多大な影響を与えた名刀

八文字長義・恐るべき切れ味を秘めた豪刀

関連記事

  1. 最上大業物(さいじょうおおわざもの)

    2017.09.12
  2. 長曾祢興里(入道銘 虎徹)・江戸新刀の横綱

    2017.09.02
  3. 良業物(りょうわざもの)

    2017.09.12
  4. 加州清光・新選組 沖田総司の愛刀

    2017.10.02
  5. 古京物・山城伝の源流

    2018.03.10
  6. 粟田口吉光(藤四郎吉光)

    2017.06.26
PAGE TOP