Loading

刀剣ブログ

大典太光世・前田家重宝の霊刀

大典太光世

大典太光世(おおでんたみつよ)

  • 指定:国宝
  • 銘 光世作(号 大典太)
  • 所蔵:前田育徳会
  • 種別:太刀
  • 流派:筑後三池派

大典太光世

太刀 銘:光世作(名物:大典太)出典:昭和大名刀図譜

大典太光世

革包太刀拵

革包太刀拵 出典:国宝8

大典太光世押形

太刀 銘光世作(名物大典太)

出典:光山押形

前田家重宝の霊刀

大典太光世(おおでんたみつよ)は鬼丸国綱、数珠丸恒次、三日月宗近、童子切安綱と共に天下五剣として知られた名刀で、元々は足利将軍家の重宝であったが、その後豊臣秀吉が手に入れ(足利義昭から譲り受けたといわれる)、前田利家の娘豪姫が病になった際に、本太刀を借り受けたところ平癒し、秀吉に戻したらまた病に倒れ、借りては返しを幾度か繰り返す内に、秀吉が「もう貴公がそのまま持っておれ」と言った為、その後前田家の重宝となり、現在でも前田家の文化遺産を管理している公益財団法人前田育徳会が所蔵している。号のいわれについては、「典太」は光世の通称で、「大」は大きいという意味ではなく、同作中出来が傑出していることから「偉大」という意味で名付けられている。この太刀は、姿は、身幅広く、腰反り高く踏ん張りがあり、鋒が猪首風となる豪壮な体配を呈し、表裏に幅広の樋を掻き流している。鍛えは、大板目流れ、大肌交じり、白気映り立つ。刃文は、浅い湾れ調の細直刃で、刃縁はほつれて処々小足入り、物打ち付近が二重刃となり、帽子は小丸に返る。茎は生ぶで、先は切、鑢目は勝手下がりとなり、「光世作」の三字銘を切る。本太刀は、大典太の号の通り同作中の白眉であり、九州物の古作を代表する名刀である。

三池典太光世(みいけでんたみつよ)

三池典太光世は、平安末期の九州を代表する刀工の一人で、古来より樋の名手として知られている。光世は、筑後国三池(現福岡県大牟田市三池)で鍛刀したと伝わり、法名を元真という。
光世の作で最も有名なものは、上記にある名物大典太で、同工の在銘作は本作一振のみである。他には無銘極めであるが、久能山東照宮の神宝で重要文化財に指定されているものが広く知られており、在銘作は稀有である。

三池派(みいけは)

三池派は、平安~南北朝時代。筑後国、平安時代末期の典太光世を初祖とする。筑後国三池に居住し、代々同銘が続く。
板目鍛えの地鉄が練れて白っぽく感じられ、匂口の潤んだ直刃を焼く。幅の広い樋(ひ)を特徴とする。

天下五剣(てんがごけん)

天下五剣とは、古くより天下に知られた五振りの名刀で童子切安綱鬼丸国綱三日月宗近大典太光世数珠丸恒次のこと

豪姫の病をも治癒する霊力を持つ刃長二尺一寸八分(66.1㎝)堂々たる太刀姿を誇る名物大典太。
幕府御様御用の山田浅右衛門吉睦が大典太で試し斬りをした際には、重ねた二ツ胴を切断、三ツ胴の背骨で刀が止まったといいます。凄まじい切れ味です。

大典太の展示情報

2015年に石川県立美術館で大典太や名物 富田郷、名物 太郎作正宗が展示されていたのも記憶に新しいですよね。
大典太光世の次回の展示は未定ですが、三池典太光世の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

大典太光世押形(出典:図説刀剣名物帳

太刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
太刀買取なら鋼月堂へ

数珠丸恒次・ 日蓮上人の破邪顕正の太刀

三日月宗近・天下五剣のなかで最も美しい刀剣

関連記事

  1. ソハヤノツルキ・徳川家康最愛の刀

    2018.07.05
  2. 日光助真・天下人家康の愛刀

    2018.09.22
  3. 髭切・源氏の重宝

    2018.02.06
  4. 次郎太刀・重厚な大太刀

    2018.03.03
  5. 山伏国広・古屋打ちの代表作

    2017.09.28
  6. 岡田切吉房・同作中最も華やかな作風を示した作

    2018.09.28
PAGE TOP