Loading

刀剣ブログ

大倶利伽羅広光・相州広光の代表作の一つ

大倶利伽羅広光

大倶利伽羅広光(おおくりからひろみつ)

  • 指定:重要美術品
  • 無銘:相州広光(名物 大倶利伽羅広光)
  • 所蔵:法人蔵
  • 種別:
  • 流派:相州伝

大倶利伽羅

大倶利伽羅 倶利伽羅龍の彫り物

倶利伽羅龍の彫り物

伊達家に伝来した刀

本刀は、享保名物帳所載の名物「大倶利伽羅広光」です。号の由来は、刀身の差裏にある大きな倶利伽羅龍の彫り物に因みます。本刀は、江戸初期に仙台藩へ徳川将軍家から江戸城の石垣修築の命が下され、元和六年に石垣が完成した際に褒賞として与えられたもので、これほどの名刀でありながらそれ以前の来歴は不明です。当時仙台藩初代藩主伊達政宗が仙台に在国であったため、代わりに嫡子の二代藩主伊達忠宗が二代将軍徳川秀忠から拝領しました。以後、昭和前期まで伊達家に伝わり、昭和九年に伊達興宗伯爵の所有で重要美術品認定されています。その後、伊達家を出た本刀は昭和三十六年の行われた「正宗とその一門」では「新刀大鑑」や「刀剣要覧」の著者として知られる飯村嘉章氏の所持となっており、現在は大阪府の企業が所有しています。

相州広光の代表作の一つ

この刀は大磨上無銘で、相州広光の作と極められています。相州広光は、貞宗、秋広などと共に南北朝期の相州伝の代表工の一人で、他の相州伝の刀工と共に太刀の在銘は少なく、現在確認されている在銘の太刀は一口のみです。姿は、鎬造、三つ棟、重ね厚く、身幅広く、大鋒となる。鍛えは、板目肌詰み、地沸厚くつく。刃文は、互の目に小乱れ、飛焼など交じって皆焼風となり、帽子は一枚帽子となる。彫は、差表に腰樋、差裏に号の由来となった大きな倶利伽羅龍を施している。本刀は、大磨上無銘ではありますが広光の代表作の一つであり、同時に正宗の後を受けた南北朝期の相州伝を代表する作品の一つです。

大俱利伽羅の展示情報

大倶利伽羅広光は2018年8月9日(木)~8月15日(水)「特別展示」北医科薬科大学 小松島キャンパスで特別展示されました。
大倶利伽羅広光は2018年2月24日(土)~25日(日)「特別展示」薬師寺慈恩殿で特別展示されていました。
大倶利伽羅広光の次回の展示は未定ですが、相州広光の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

刀 無銘(大倶利伽羅広光) 刀剣押形大鑑

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

銃砲刀剣類登録証について

小夜左文字・仇討ちに用いられた名短刀

関連記事

  1. 山鳥毛一文字・天下第一とも称される華やかな名刀

    2018.05.09
  2. 髭切・源氏の重宝

    2018.02.06
  3. 鶯丸・室町以来の名物

    2018.01.17
  4. 岡田切吉房・同作中最も華やかな作風を示した作

    2018.09.28
  5. 鳴狐・希少な遺例を今に伝える唯一無二の打刀

    2017.08.02
  6. 物吉貞宗・家康秘蔵の短刀

    2017.09.23
PAGE TOP