Loading

刀剣ブログ

大包平・日本刀の横綱

大包平

大包平(おおかねひら)

  • 指定:国宝
  • 銘:備前國包平作(名物 大包平)
  • 所蔵:東京国立博物館
  • 種別:太刀
  • 流派:古備前

太刀 銘 備前国包平作(名物 大包平)

太刀 銘:備前国包平作(名物大包平)出典:昭和大名刀図譜

大包平

大包平

名物大包平 出典:刀剣春秋

大包平押形

名物大包平 出典光山押形

大包平押形 出典:光山押形

日本刀の横綱と称される大名刀

本太刀は、享保名物帳所載の名物「大包平」です。号の由来は、その堂々たる体配もさることながら、その出来映えの偉大さに因むといわれています。斯界においては、久能山の真恒と共に古備前を代表する太刀であり、江戸期以来古備前のみならず日本刀全体を代表する名刀として広く知られています。本太刀は、備前岡山藩初代藩主池田輝政が手に入れて以降、江戸期から昭和42年に文化庁へ売却するまで池田家が代々所有しており、昭和8年の重要美術品認定、昭和11年の旧国宝指定、昭和26年の新国宝指定は何れも池田宜政侯爵(新国宝指定時は池田宜政氏)の所持で指定及び認定されています。本太刀は、これほどの名刀にも関わらず、不思議なことに輝政が所持する以前の来歴は知られておりません。出自についても、輝政が豊臣秀吉から下賜されたとも、或いは輝政がどこからか引き出してきたともいわれており、これほどの健全さから考えるとどこかの神社仏閣が持っていたとも考えられますが、今となっては何れも推測の域をでません。ともかく、江戸期以来池田家では殊の外大切に本太刀を扱っており、「薫山刀話」で昭和初期に本間薫山先生が当時の岡山県知事の仲介で共に大包平を拝見しに池田邸に伺った際、同家の家令(所謂執事)に「あなたは玄人だからいいが、素人の県知事には触れさせないように」と言われたというエピソードが書かれています。戦前の県知事と言えば地方では大変な権力者でしたが、その県知事にも観せなかったという話からも池田家の重宝っぷりが伝わってきます。

古備前を代表する名工の一人

古備前包平は、古備前信房の子と伝わり、兄弟と伝わるものに信正や信包、高平、助平などがいます。古備前とは、平安末期から鎌倉初期にかけての備前の刀工およびその作刀を総称する言葉で、友成と正恒、信房や包平など名工が多く存在します。包平は、「大包平」の作者として斯界に名高い名工ですが、「大包平」以外の在銘作は銘振りが同太刀と異なり、現在確認されている全てが小振りに銘を切り作例も異なる為、同銘の刀工が複数いたとみられています。その健全さと雄大な姿から、今日では現存する刀の中で第一等の評価を得ている大包平ですが、通常平安期の太刀は細身で優美な姿の物が多い為に、あまりの長大さから平安期ではなく鎌倉中期頃の作ではないかと言う説が根強く残っているほどです。

平安期の大太刀の代表作

この太刀は、姿は鎬造、庵棟、腰反り高く、踏ん張りがあり、鋒はややふくらが枯れカマス鋒風となり、表裏に棒樋を掻き流している。鍛えは、小板目肌に地沸がつき、地景細かく入り、乱れ映り淡く立つ。刃文は、小乱に小丁子交じり、匂口深く、小沸つき、足・葉入る。帽子は、乱れ込んで浅く返り、二重刃となる。茎は生ぶ、鑢目勝手下がり、先栗尻となり、佩表に「備前國包平作」の六字銘を大振りに切る。本太刀は、平安期を代表する大太刀としてだけでなく、前述の通り天下に冠たる大名刀として江戸期以来広く知られており、本太刀の迫力とその優れた出来映えは、観る者の心を捉えて離さない。

大包平の刀剣展示

大包平は「刀剣」にて2018年1月10日から4月8日まで東京国立博物館で大般若長光とともに特別展示されます。
全国の刀剣展示会情報はこちら

大包平押形 太刀 銘 備前国包平作(名物大包平)出典:図説刀剣名物帳

太刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
太刀買取なら鋼月堂へ

不動行光・主君に殉じた忠臣の愛刀

鶯丸・室町以来の名物

関連記事

  1. 山姥切国広・堀川国広の最高傑作

    2017.09.24
  2. 日光助真・天下人家康の愛刀

    2018.09.22
  3. 鬼丸国綱・北条家の守護剣

    2017.06.14
  4. 一期一振藤四郎・豊臣秀吉の愛刀

    2017.11.07
  5. 大典太光世・前田家重宝の霊刀

    2017.06.03
  6. 数珠丸恒次・ 日蓮上人の破邪顕正の太刀

    2017.06.01
PAGE TOP