Loading

刀剣ブログ

岡田切吉房・同作中最も華やかな作風を示した作

岡田切吉房

岡田切吉房(おかだぎりよしふさ)

太刀 銘 吉房(号 岡田切)

国宝 太刀 銘 吉房(号 岡田切)出典:昭和大名刀図譜

岡田切

岡田切

出典:備前一文字華やかな日本刀

岡田切押形

岡田切押形 出典:刀剣美術名刀鑑賞編合本16

号は織田信雄が岡田重孝を切ったことに因む

本太刀は、名物「岡田切」です。号の由来は、織田信雄が小牧長久手の戦いの際に、家老の岡田助三郎重孝が秀吉に内通したと疑った信雄が、本太刀で同家老を斬ったことに因むと伝わっています。元々織田信長が所蔵していた本太刀は、後に次男の織田信雄へと伝わりました。江戸期に本太刀をどこの誰が所蔵していたのかの詳細は不明です。木屋押形に和田飛騨守の所に有りと書かれていますが、この和田飛騨守は旗本の和田家(和田惟政の子孫と称している)か因幡鳥取藩の家老和田家かのどちらかではないかと思われます。但し、個人的にはこれほどの名刀を一旗本が所持している可能性よりも、大藩の家老が所持していた可能性の方が高いと思いますので、信雄の手を離れた本太刀を池田輝政が求め、輝政から忠雄、光仲(因州池田家初代)へと伝わり、光仲から重用された和田三信(鳥取藩家老)へと与えられたのではないかと推測していますが、あくまでも推測であり、詳細については今後の研究が待たれます。明治期には、和歌山県令などを務めた神山郡廉男爵が所持し、後に茶人としても知られる実業家の益田孝男爵(号の鈍翁でも著名)が東宮(後の大正天皇)へ献上し、帝室博物館を経て現在は東京国立博物館の所蔵です。

同工は同時期の一文字派の中では比較的多作

一文字吉房は、同時期の助真や則房と並び鎌倉中期の一文字派を代表する名工の一人で、その卓越した技量を示すように五口の国宝指定品があります。吉房の作は、同時期の福岡一文字派の刀工の中では比較的現存する作が多く、また作風や銘字の相違があることから、同名の刀工が複数いたのではないかとする説が昔からあります。今日では、上記の説に加えて一人の刀工の作風の変化であると言う説もあり、今後の研究が待たれています。

吉房の作中最も華やかな作風を示した代表作

本太刀は、姿は鎬造、庵棟、磨り上げながら踏ん張りがあり、鋒は猪首風の中鋒となり、表裏に棒樋を掻き流している。地鉄は、小板目肌詰み、地沸つき、乱れ映り立つ。刃文は、丁子乱れに小丁子交じり、小足・葉頻りに入り、匂口深く、小沸つく。帽子は、大きく乱れ込み、表は小丸ごころ、裏は尖りごころに返る。茎は、磨上、鑢目勝手下がり、先は浅い栗尻となり、茎尻に「吉房」の二字銘を切っている。
本太刀は、華やかな重花丁子を焼き同作中で最も華やかな作風を呈した同工の代表作の一口です。

福岡一文字派についてはこちらをお読みください。

岡田切の刀剣展示

岡田切は2017年4月25日(火) ~ 2017年7月17日(月)まで鳴狐も展示されました。次回の展示は未定ですが、福岡一文字、吉房の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。全国の刀剣展示会情報はこちら

岡田切吉房押形 出典:日本刀大鑑

太刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
太刀買取なら鋼月堂へ

刀の生前整理や生前贈与で日本刀を譲り受けたら

関連記事

  1. 燭台切光忠・言語を絶する名刀

    2017.10.25
  2. 岩融・弁慶の薙刀

    2018.02.10
  3. 五虎退吉光・虎をも退けた名短刀

    2018.02.10
  4. 謙信景光・霊験あらたかな上杉謙信の愛刀

    2017.09.18
  5. 日向正宗・鬼日向所縁の名短刀

    2017.12.18
  6. 浦島虎徹・異風な彫で有名な虎徹

    2017.09.02
PAGE TOP